見出し画像

一流のアスリートには、最高のタオルを届けたい

IKEUCHI ORGANICでは、タオルを通してスポーツ選手へのサポートをしています。タオルでサポートするといっても、シューズやラケット等と異なり、競技そのものには影響はしないので、直接のパフォーマンスを上げることはできないかもしれません。

ですが、どんなタオルを使っているか、ヒアリングすると、けっこう驚かさせることが多く、スポーツ選手って意外とタオルに不満を持っているんじゃないか?と感じ、タオルを通してスポーツ環境を改善をしたいと思うようになりました。

例えば、アイスホッケー日本男子代表の簑島圭吾選手には2017年からタオルスポンサーとして、弊社のタオルを使っていただいています。そのときのインタビューはこちら。

今まで使っていた普通のタオルは、毛羽が残ってしまったので。あと、普通のタオルで試合終わったあとにふくと、顔が赤くなっちゃってかぶれてしまうことがあって、スケートリンクの氷や、照明が反射して顔が焼けるのでけっこうかぶれるんですが、それがなくなりました。

え・・・タオルで拭くと、毛羽が出るの?そしてかぶれてしまう??簑島選手の例は極端かもしれませんが、他の競技の選手に聞いても、メインスポンサーから支給されるブランドのロゴ入りのペラペラのタオルを使っていることが多く、タオルにこだわりを持つ選手もそれなりに多いこともわかりました。スポーツ選手こそ、良いタオルを使って欲しい!そんな思いからここ最近は様々なスポーツ競技や選手に会いにいくようにしています。

次からは最近のスポーツ競技・選手への取り組みについても紹介したいと思います。

2018年男子テニスデビスカップ

テニスのワールドカップともいえる、国別対抗戦のデビスカップ。2018年に開催した、日本×ボスニア・ヘルツェゴビナ戦でスポンサーをして、期間中に練習や試合で使うタオルはすべて、IKEUCHI ORGANICのタオルになりました。バスタオルは、テニスのガットをイメージしてデザインしましたが、選手にも肌触り、吸水性も大変好評で、日本が勝利を決めた瞬間も西岡選手が肌身離さずタオルを持ってくれていました。

期間中は、選手が使用したバスタオルを売店でも販売しましたが、日本代表で期待の綿貫選手(写真下)のお父様が来てくれて、たくさん買ってくれたのです。聞けば、息子さんがとても使い心地が良かったから何枚か買って欲しいと頼まれたと。綿貫選手のお父さんはテニススクールも運営されていて、良いタオルは広まると良いですね、とお土産用にもたくさん買ってくれました。

期間中はご家族の皆様がタオルを見に来てくれて僕も男子テニスにめちゃくちゃ興味を持つようになりました。こうして押しの選手が増えることも、何よりも嬉しいです。

FC今治へのタオルメンテナンス

次の例は、タオルのスポンサーから一歩進んだ例です。IKEUCHI ORGANICでは、昨年からスポーツ選手へのタオルメンテナスを手がけていますが、第一弾として、 元日本代表監督の岡田オーナー率いる、FC 今治の選手が使用するタオルを、いつまでも気持ち良く使えるように、タオルメンテナンスのとり組みを開始しています。

タオルメンテナンスの取り組みを始めて約一年。三ヶ月~半年に1度、選手が使用したタオルをお預かりして、洗濯・乾燥をして買った時の状態にできるだけ近づくようにしていますが、ちょうど先日メンテナンスしたタオルを選手にお渡しをする機会がありました。

選手からもとても好評で、キャプテンの太田選手や、昨年までFC今治でプレーして今期別のチームに移籍した選手まで、コメントをいただきました。実はホームページの問い合わせフォームからも、選手から御礼のメールが届いたり、引退した選手も東京ストアに来てくれて御礼を伝えにきてくれたり、こんなに喜んでいただけるとは思っておらず、感激してしまいました。

昨シーズン使用し風合いが変わってしまったタオルをメンテナンスしていただきました!本当に新品のようなふわふわな仕上がりで
今治から届きました🚢このタオルを使い頑張りたいと思います💪

原則、選手には同じタオルを使ってもらっていますが、同じタオルを繰り返し使ってもらうことで、タオルへの愛着が湧いてきて、モノを大切に扱う気持ちが生まれると嬉しいなと思っていましたが、想像以上に選手から反響がありました。

一流のアスリートに最高のタオルを届けたい!

従来のスポンサー制度ですと、多額の協賛金・契約金が発生しまいます。現状の仕組みですと、弊社のような地方の中小企業では、人気スポーツであればあるほど、協賛するのは難しくなってしまいます。でも選手には良いタオルを使ってもらいたい。

というか、ロゴ入りで今治のタグがついてるからと言って、満足していてはダメなのです。世の中には、良いタオルを知らないアスリートが多すぎるのでは?そんな仮説も持っています。

選手一人一人が、気持ち良いと感じるタオルは違います。だから僕らは選手一人一人に合うタオルを、タオルソムリエとして提供していきたいのです。

私たちは多額の協賛金で競技をサポートはできないけど、その代わりにタオルで選手をサポートして、競技中はもちろん、競技から離れてシャワーを浴びる時など、快適な環境をつくることで、競技に集中してもらいたいのです。

タオルをサポートすることで目指す世界

私たちは、単に物品を提供して、ロゴが入ったタオルを露出されるという取り組みではなく、商品を使う選手自身が、本当に気に入ったものを使ってほしいし、一流のアスリートに、広がっていくことを目指しています。

今、少しずつですがスポーツ選手がIKEUCHI ORGANICのタオルを選んでくれている現状があります。例えば、サッカーのJリーグではジュビロ磐田の山田選手が、イケウチな人たちのFC今治中島さんの記事を読まれて、わざわざお店まで来てくれました。

リオパラリンピック男子400mリレー銅メダリストの芦田創選手にもお使いいただいています。つい先日もお店に来ていただき、奥様のギフトまでご購入いただきました!

山田選手にも芦田選手にも共通するのは、お二人とも、とても礼儀正しく、ビジネスパーソンとしても通用しそうなスマートな方で、少しお話しただけでファンになってしまいました。改めて一流のアスリートは、人間性も素晴らしい方が多いなと。

最後になりますが、この記事を読んでIKEUCHI ORGANICのタオルサポートに興味を持っていただいた選手は、いつでもご連絡いただきたいです。

そして、ミズノやPUMAといったスポーツメーカーの皆さん、せめてタオルは選手が心から満足できるものを提供したいです。僕らは妥協なくモノづくりをして、タオルや道具が選手に大切に使われることが何よりも嬉しいですし、IKEUCHI ORGANICのタオルがいつか、一流のアスリートやスポーツメーカーに選ばれる日が来ることを夢見ています。

※高木新平さんのnoteの記事を読んで、スポーツ選手の世界観を共有できるようなブランドになりたいと心から思いました。素敵な記事をありがとうございます。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

31
2073年までに赤ちゃんが食べられるタオルを創ることを目指す会社、IKEUCHI ORGANICの広報/マーケティングディレクター。タオルソムリエ。大学卒業後、映画製作会社→CCC→Amazon→縁もゆかりもなかった愛媛県今治市のIKEUCHI ORGANICへ入社。

コメント3件

インスパイアできたみたいで良かったです!タオル卓球男子日本代表どうですか?やり方次第では可能かもです。タオルを多用するスポーツなので、相性いいかなぁと
コメントありがとうございます!記事を拝見させていただき、インスパイアされました!卓球はそうなんですよね!この前Tリーグの試合を見てすごく可能性を感じました。ツテを探しているところです・・と思ったら、ユニフォームデザインされてるんですね!タオルでも色々デザインできますのでご提案したいです!
はじめまして。現在、モンゴルでプロサッカー選手として活動している者です。
私はとても汗っかきで必ずタオルを持参しています。もし良かったらサポートしてもらえませんか?
プロフィールにfacebookのアカウントが載っているので連絡してもらえると嬉しいです。
連絡お待ちしております。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。