MUSUBU | いわき市拠点の地域活性化プロジェクト

ヒト、モノ、コトを結ぶ地域活性化団体MUSUBUのnoteです。 震災後の2011年4月、いわき市小名浜出身者で結成。いわき・渋谷2拠点生活フリーランスの宮本、フェアトレード事業「ethicafe」代表で2児の母・末永の2人でにぎやかに活動中。https://musubu.me/
ショップロゴ

MUSUBU online shop

https://musubuiwaki.thebase.in
福島県いわき市を拠点に活動する、地域活性プロジェクトMUSUBUのオンラインショップです。 オリジナルアイテムを販売します! 【 MUSUBU ( むすぶ ) 】 絆を結ぶ。夢を結ぶ。世界を結ぶ。 福島県いわき市を拠点にヒト、モノ、コトを結ぶクリエイティブプロジェクト。 MUSUBUを通して個々が主体となる地域活性を促進し持続可能なまちづくりを 福島から全国、そして世界へ。わくわく発信中。 2011年東日本大震災後、いわき市小名浜出身者で結成。いわき&東京の2拠点生活フリーランスの宮本、フェアトレード事業を行う「ethicafe」代表で2児の母 末永の2人で、ワクワク創出やってます。 http://musubu.me https://www.facebook.com/MUSUBU/ https://twitter.com/musubu_iwaki
商品の画像

【3枚セット】桜の森 夜の森 ポストカード

*こちらは3枚セット(桜トンネル / 道 / ベンチ)の商品です 福島県双葉郡富岡町の桜の名所「夜の森」 2012年春に夜の森で咲いた、美しい桜のポストカード -「桜の森 夜の森」プロジェクト 東日本大震災の原発事故により立ち入りが難しくなった福島県双葉郡富岡町(現在一部を除く立ち入り可)にある桜の名所「夜の森」の桜をあらゆる表現で届けるプロジェクト。富岡町出身の母親や親戚たちに“桜を見せたい”というMUSUBU代表の宮本英実の思いからスタートし、2012年4月25日、写真家の白井亮氏 (福島県いわき市出身 )と共に、当時警戒区域となっていた夜の森地区に許可を得て入り、無人の同地区にて咲き誇る桜の写真を撮影。当初は親類たちに喜んでもらいたいとう思いだけであったが、人がいなくなってしまった町でも、変わらず咲き続ける桜は希望にも見え、この状況を多くの人に見てもらいたいと、写真展を開催することを決める。 2012年8月、トラックの荷台を展示スペースとして使用した「J-WAVE Heart to Heart 桜の森 夜の森 移動写真展」を、福島県内3地域(郡山市/福島市/いわき市)からはじまり栃木、大阪で開催。2013年には東京・昭島でのトラック展示、豪徳寺のパン屋カフェ"uneclef"でも展示を開催。夏にはアメリカ・ニューヨークでもトークショーを交えたイベントを行った。 その後、富岡町の関連施設・企業への写真パネルの寄贈、グッズの売り上げの一部を利用して「いわき万本桜プロジェクト」で桜の植樹を行うなど、形を変えてプロジェクトを継続している。 ◆表面:桜写真 ◆宛名面:「桜の森 夜の森」プロジェクトロゴ / クレジット -STAFF プロデュース:MUSUBU カメラマン:白井亮(白井亮写真事務所) デザイン:渡辺俊太郎(BLUE BIRD d.) (C) MUSUBU / Ryo Shirai プロジェクトページ http://musubu.me/project/sakuranomoriyonomori/
450円
MUSUBU online shop
商品の画像

桜の森 夜の森 ポストカード (1枚:道)

福島県双葉郡富岡町の桜の名所「夜の森」 2012年春に夜の森で咲いた、美しい桜のポストカード *この商品は【道(1枚)】です。 -「桜の森 夜の森」プロジェクト 東日本大震災の原発事故により立ち入りが難しくなった福島県双葉郡富岡町(現在一部を除く立ち入り可)にある桜の名所「夜の森」の桜をあらゆる表現で届けるプロジェクト。富岡町出身の母親や親戚たちに“桜を見せたい”というMUSUBU代表の宮本英実の思いからスタートし、2012年4月25日、写真家の白井亮氏 (福島県いわき市出身 )と共に、当時警戒区域となっていた夜の森地区に許可を得て入り、無人の同地区にて咲き誇る桜の写真を撮影。当初は親類たちに喜んでもらいたいとう思いだけであったが、人がいなくなってしまった町でも、変わらず咲き続ける桜は希望にも見え、この状況を多くの人に見てもらいたいと、写真展を開催することを決める。 2012年8月、トラックの荷台を展示スペースとして使用した「J-WAVE Heart to Heart 桜の森 夜の森 移動写真展」を、福島県内3地域(郡山市/福島市/いわき市)からはじまり栃木、大阪で開催。2013年には東京・昭島でのトラック展示、豪徳寺のパン屋カフェ"uneclef"でも展示を開催。夏にはアメリカ・ニューヨークでもトークショーを交えたイベントを行った。 その後、富岡町の関連施設・企業への写真パネルの寄贈、グッズの売り上げの一部を利用して「いわき万本桜プロジェクト」で桜の植樹を行うなど、形を変えてプロジェクトを継続している。 ◆表面:桜写真 ◆宛名面:「桜の森 夜の森」プロジェクトロゴ / クレジット -STAFF プロデュース:MUSUBU カメラマン:白井亮(白井亮写真事務所) デザイン:渡辺俊太郎(BLUE BIRD d.) (C) MUSUBU / Ryo Shirai プロジェクトページ http://musubu.me/project/sakuranomoriyonomori/
150円
MUSUBU online shop
商品の画像

桜の森 夜の森 ポストカード (1枚:桜トンネル)

福島県双葉郡富岡町の桜の名所「夜の森」 2012年春に夜の森で咲いた、美しい桜のポストカード *この商品は【サクラトンネル(1枚)】です。 -「桜の森 夜の森」プロジェクト 東日本大震災の原発事故により立ち入りが難しくなった福島県双葉郡富岡町(現在一部を除く立ち入り可)にある桜の名所「夜の森」の桜をあらゆる表現で届けるプロジェクト。富岡町出身の母親や親戚たちに“桜を見せたい”というMUSUBU代表の宮本英実の思いからスタートし、2012年4月25日、写真家の白井亮氏 (福島県いわき市出身 )と共に、当時警戒区域となっていた夜の森地区に許可を得て入り、無人の同地区にて咲き誇る桜の写真を撮影。当初は親類たちに喜んでもらいたいとう思いだけであったが、人がいなくなってしまった町でも、変わらず咲き続ける桜は希望にも見え、この状況を多くの人に見てもらいたいと、写真展を開催することを決める。 2012年8月、トラックの荷台を展示スペースとして使用した「J-WAVE Heart to Heart 桜の森 夜の森 移動写真展」を、福島県内3地域(郡山市/福島市/いわき市)からはじまり栃木、大阪で開催。2013年には東京・昭島でのトラック展示、豪徳寺のパン屋カフェ"uneclef"でも展示を開催。夏にはアメリカ・ニューヨークでもトークショーを交えたイベントを行った。 その後、富岡町の関連施設・企業への写真パネルの寄贈、グッズの売り上げの一部を利用して「いわき万本桜プロジェクト」で桜の植樹を行うなど、形を変えてプロジェクトを継続している。 ◆表面:桜写真 ◆宛名面:「桜の森 夜の森」プロジェクトロゴ / クレジット -STAFF プロデュース:MUSUBU カメラマン:白井亮(白井亮写真事務所) デザイン:渡辺俊太郎(BLUE BIRD d.) (C) MUSUBU / Ryo Shirai プロジェクトページ http://musubu.me/project/sakuranomoriyonomori/
150円
MUSUBU online shop
商品の画像

桜の森 夜の森 ポストカード (1枚:ベンチ)

福島県双葉郡富岡町の桜の名所「夜の森」 2012年春に夜の森で咲いた、美しい桜のポストカード *この商品は【ベンチ(1枚)】です。 -「桜の森 夜の森」プロジェクト 東日本大震災の原発事故により立ち入りが難しくなった福島県双葉郡富岡町(現在一部を除く立ち入り可)にある桜の名所「夜の森」の桜をあらゆる表現で届けるプロジェクト。富岡町出身の母親や親戚たちに“桜を見せたい”というMUSUBU代表の宮本英実の思いからスタートし、2012年4月25日、写真家の白井亮氏 (福島県いわき市出身 )と共に、当時警戒区域となっていた夜の森地区に許可を得て入り、無人の同地区にて咲き誇る桜の写真を撮影。当初は親類たちに喜んでもらいたいとう思いだけであったが、人がいなくなってしまった町でも、変わらず咲き続ける桜は希望にも見え、この状況を多くの人に見てもらいたいと、写真展を開催することを決める。 2012年8月、トラックの荷台を展示スペースとして使用した「J-WAVE Heart to Heart 桜の森 夜の森 移動写真展」を、福島県内3地域(郡山市/福島市/いわき市)からはじまり栃木、大阪で開催。2013年には東京・昭島でのトラック展示、豪徳寺のパン屋カフェ"uneclef"でも展示を開催。夏にはアメリカ・ニューヨークでもトークショーを交えたイベントを行った。 その後、富岡町の関連施設・企業への写真パネルの寄贈、グッズの売り上げの一部を利用して「いわき万本桜プロジェクト」で桜の植樹を行うなど、形を変えてプロジェクトを継続している。 ◆表面:桜写真 ◆宛名面:「桜の森 夜の森」プロジェクトロゴ / クレジット -STAFF プロデュース:MUSUBU カメラマン:白井亮(白井亮写真事務所) デザイン:渡辺俊太郎(BLUE BIRD d.) (C) MUSUBU / Ryo Shirai プロジェクトページ http://musubu.me/project/sakuranomoriyonomori/
150円
MUSUBU online shop
商品の画像

いわき名物「メヒカリ」てぬぐい (イエロー)

MUSUBU×くるり 「メヒカリてぬぐい」(イエロー) ロックバンド・くるり主催の音楽フェス「京都音楽博覧会」のくるりブース出店に際し制作されたコラボてぬぐい。くるりメンバー直筆の"メヒカリ"をデザインした1枚です。 ■ MUSUBU×くるり 「メヒカリ」てぬぐい (イエロー) 価格:650円(税込み) サイズ:縦90cm × 横35cm 1色プリント / 切りっぱなしてぬぐい(日本製)
650円
MUSUBU online shop
商品の画像

MUSUBU × くるり "メヒカリ"ステッカー ( 2枚セット) 【京都音博2013出店記念】

【京都音博2013出店記念】 MUSUBU×くるり 「メヒカリ テッカー」 2枚セット ( ターコイズブルー・オレンジ ) くるり主催の音楽フェス「京都音楽博覧会」へのブース出店を記念して、コラボステッカーを作成しました。くるり・岸田繁さん(Vo.)直筆、いわき市の”市の魚”に認定されている目が光る深海魚”メヒカリ”をドンっとデザインした円形ステッカー。お気に入りの場所に、メヒカリをペタリ。 色:ターコイズブルー / オレンジ ※柄は同じです サイズ:円形 80mm×80mm 価格:500円 ( 2枚1組 )
500円
MUSUBU online shop
商品の画像

MUSUBU × くるり 「いわきマップ トートバック」 (ターコイズブルー / オレンジ)

【 京都音楽博覧会 出店記念コラボグッズ 】 MUSUBU × くるり 「いわきマップ トートバック」 くるりメンバー直筆イラスト入り! いわき市の名所&名物を盛り込んだトートバッグが登場。 あれも、これもいわきがギュっと詰まったいわきマップが デザインされた肩掛けトートバッグ。 お出かけのお供に、そっとiwaki。 ■色:ターコイズブルー / オレンジ ※柄は同じです ■サイズ:370 x 345 mm ■材質:コットン100% ★バックに描かれたいわきの名所&名物 磐越東線 / フタバスズキリュウ / クロマツ / いわきマリンタワー アクアマリンふくしま / スパリゾートハワイアンズ / サーファー じゃんがら念仏踊り / 塩屋崎灯台 / ジンジャーエール Illustrated By ジンジャーエール (くるり・岸田繁) メヒカリ (くるり・佐藤征史) 塩屋崎灯台 (くるり・ファンファン) その他イラスト super-kiki goods designed by : Rika Uzawa
800円
MUSUBU online shop