「受容と適応(多様性)による存続の可能性について」図解してみました。

画像1 d00055

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
本屋が好きで年間300回ほど行きます(映画館、美術館、ミュージック・ショップも同様に)。このような行動が10代後半より始まり25年(四半世紀)、数万コンテンツのインプットを絵に描いて表現しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。