ウイスキーとの出会い

こんばんは、むらんたむです。
気づいたら初投稿してからだいぶ経ってしまっていました。
今回はただの自分語りです。

〇ウイスキーと出会うまで

昔から、バーでゆっくりと飲む大人に憧れていました。ロックグラスでしずかに嗜んでいる姿ってかっこよくないですか?
そんな自分もお酒を飲める年齢になったものの、バーに行くのは敷居が高く、居酒屋ばかり。居酒屋では、それっぽく見える梅酒のロックを愛飲していました。それ以外だとジン系やサワー系、その中でもジンバックはよく飲んでいました。ハイボールは独特の味がして苦手でした。

〇ジンジャーハイボールとの出会い

お酒を飲むようになって2年くらい経ったころ、付き合いでからあげとハイボールのお店に行きました。合わせるべきだと思いましたが、苦手だったのでジンジャーハイボールを注文。そして、その美味しさに気づきました。それ以来、居酒屋でもジンジャーハイボール、更には普通のハイボールも飲むように。味覚って変わるものですね。

〇ウイスキーへの道

ハイボールを飲むようになってからしばらく経ったある日、一人のYouTuberの動画と出会いました。その動画がこれ。

美味しそうに飲む姿、そして魅力を語る姿に惹かれ、ストレートやロックでもウイスキーを飲んでみたいと思うようになりました。飲みに行く機会がなかったため、コンビニで少量で安いあのウイスキーを購入しました。

〇初めてのウイスキー

その初めてのウイスキーはブラックニッカクリア。一番安いですから。
そんなブラックニッカクリアをロックグラスに注ぎ、ストレートで(今考えるとありえない)。まず飲んで思ったのは、こんなに甘いのか!ということ。ハイボールで飲むときと全然違う。アルコールのピリピリ感もそこまで嫌ではない。これは美味しい。

〇それから

それからというものウイスキーにはまりました。ウイスキーを紹介している動画から知ったバランタインファイネストを飲み、クリアとの差に驚きました。その後はどんどん他のブランドに手を出し、沼にはまっていきました。念願のバーにも行き、山崎12年の美味しさにめちゃくちゃ感動しました。

〇ウイスキーと私

自分にとって、ウイスキーはひとつの趣味となりました。まだ飲み始めてそこまで経っていないので、そこまで味がわかるわけではありませんが、飲むたびに味わいが異なったり、新たな発見があったりと、とても面白いです。今後もっと多くの種類を飲んでみたいですし、コロナが落ち着いたら蒸留所見学も行ってみたいです。

ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。
特に得るものはなかったと思いますが、最後にひとつだけ。苦手だと思っているものも好きなものと合わせると、案外いけるかもしれません。私がウイスキーにはまったように。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
著作権教育について研究している大学院生です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。