見出し画像

不快な気持ちにさせた人へ

「自分の町がなくなることへの話」ってので炎上してるらしい。

僕の生まれは福井県のおおい町。のどかで自然が多いのんびりした町。おおい町には原発がある。原発があるのが子供の頃から当たり前だった町。原発で働けたら将来、安定の最高の人生だと、学生時代まわりから言われた。そんな町。そうおれも思ってた。たまたま僕は芸人が夢だった、芸人を目指して大阪に出て、東京にでた。ある日、東日本大地震という大きな事故が起きた。そのニュースで目にしてのが福島。福島の原発が地震で事故を起こし放射能が漏れ、双葉郡の町から人が住めない町になった。それから7年、まもなく8年。僕は原発について、考えたこともなかった、原発は電気を生むところというより仕事を生むところ、町が豊かになるもの、だと思い込んでた。原発のことを考え出したのは、牛だ。僕はステーキが好きで牛を当たり前に食べる、牛が殺される、牛の悲鳴については想像すらしなかった、牛をかわりに屠殺してくれる人のことも考えたことがなかった。だからこの前の休みに屠殺を見に行こうと思った。だけど、同じおおい町出身の後輩が、原発事故の町をみたい、と言ってきた。たしかに、おれの地元も原発の町、自分の町がなくなったことを考えた、ゾッとした。浪江町を調べた、地震と原発事故で2万人いた人たちが800人になったらしい。未来の自分の町を見てる気がした。居ても立っても居られなくなって、僕は浪江町に行った、浪江町には、イフ、という小さな居酒屋が駅の近くにあり、そこで地元の人が語り合ってると聞き、イフに行った。地元の人たちと地元の酒を飲んで語り合った。いままで、知らなかった自分の無知さが恥ずかしくなった。そんなことしか考えてなかった、おれが地元の人を集める時にツイッターで「自分の町がなくなる気持ちを知りたい」と素直に書いた一言が最低な一言だったなんで。自分が人としていかに欠けてるか、を思い知らされた。おれは思いやりが欠けてた。いや、欠けている。大反省しないと。でも、いやでもという言葉は言い訳だけど、自分の町の未来を見てる気がして。まあ、またゆっくり書いていきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
241
村本大輔 漫才や独演会をしてます。頭の中でしゃべってそれをメモするように書いてます。なので誤字脱字は気にしないでください。