トップ画像_HP_

本当の目的は?

下吉地区の「グループホームさくら」には、地元の住民が集まる日がある。
毎週木曜日の午前中。
10時を目安に、続々と集まる住民たち。
目的は、いきいき百歳体操だ。

いきいき百歳体操とは

平成14年に、高知県高知市が介護予防事業として開発した体操。
椅子に腰掛けた状態でスタートし、準備体操、筋力運動、整理体操の3部構成となっている。
筋力運動では手足に重りをつけることも想定しており、自分にあった負荷をかけることができる。
30分程度、DVDを見ながら体操し、週2回程度が好ましいとされている。

活動のきっかけ

平成28年に北塩原村主催で開催された「介護予防講演会」で紹介されたことから、地域住民は「いきいき百歳体操」を知ったようだ。
「これなら自分たちでもできる」と思ったという。
住民のひとりが、自宅にあった使っていないテレビとDVDプレーヤーを提供し、活動開始に至った。

一緒に

グループホームさくらには、地域住民が集えるように「多目的ホール」が備え付けられている。
いきいき百歳体操は、その「多目的ホール」で行われる。
しかし、いきいき百歳体操に参加するのは地域住民だけではない。
グループホームに入所されている方も参加する。
時間になると職員に付き添われ、入所者たちが集まってくる。
住民がDVDをセットし、いきいき百歳体操が始まる。
約30分間、真剣な表情で体操に取り組む。

足上げ運動

本当の目的はこれから?

お茶飲みの準備

体操が終わると、住民が一斉にテーブルを出し、椅子を並べ始めた。
別の住民は、給湯室で何やら準備を始めている。

お茶入れ

しばらくすると、地元住民、グループホーム入所者が同じテーブルを囲み、お茶飲みが始まった。
多目的ホールは笑顔で溢れている。

お茶を持つ手

まとめ

いきいき百歳体操をするために始まった集まり。
しかし、いつの間にか地域住民とグループホーム入所者の「交流」という機能も持つようになった。
1年間通して「いきいき百歳体操」に取り組むグループは、村内でここだけである。
「高齢者だから、急激に体力が向上するわけではない。欲張らず、現状維持で十分」と、参加者の1人が言った。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
福島県北塩原村には、みなさんにお伝えしたい魅力がたくさん。ヒト・モノ・バショなど、社会福祉協議会の生活支援コーディネーターが、様々な魅力を発信します!公式HPはコチラ▶︎http://kitashiobara-shakyo.or.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。