見出し画像

むこうスタイルLABO むこうキャンパス

むこうスタイルLABO

向日市で進めている「むこうスタイルLABO」は、一人ひとりの暮らし方、生き方から「まち」を考え、仲間と学び合いながら向日市で楽しく生きていくための新しい価値観「むこうスタイル」を見つけ出していくための場所です。
「Table Talk」は、「むこうスタイルLABO」を通して生まれたアイデアや活動について話したり、新しい仲間を見つけたり、コラボレーションの輪を広げていくための場所です。
さまざまな活動主体が集まってくる、向日市の市民活動の窓口のような役割を担えるような場づくりを、市役所と市民が一緒につくりあげていくことを目指しています。

1月13日(日)向日市女性活躍センター あすもあにて、「むこうキャンパス」を開催しました。「Table Talk」を通じて生まれた企画の一つです。
「むこうキャンパス」は、むこうスタイルLABOメンバーの「学校型の向日市民発表会をやりたい」という提案がきっかけで生まれた企画です。市民であるみなさんが、自分が好きなこと・伝えたいことを授業というかたちで発表をし、学びや興味を得るだけでなく、互いを分かち合えたらという思いが込められています。

今回も「持ち寄り図書館」を実施。「むこうキャンパス」に参加する先生のみなさんより、授業に関する本やアイテムを持ち寄ってきていただきました。なんだかいつもより華やか!
あとは「むこうキャンパス」が始まるのを待つのみです。

ついに、谷田学園長のあいさつにより、「むこうキャンパス」が始まりました。
「むこうキャンパス」への思い、当日の注意点などを参加者のみなさんにお伝えしたのち、LABOメンバーによる先生の紹介を行いました。

【授業プログラム】
■1時間目
クラス1 メディアに取り上げてもらえる広報テクニック
クラス2 昭和9年生まれの中路さんが語る乙訓の歴史講座
■2時間目
クラス3 乗って楽しむ鉄道の世界
クラス4 新しいお花の楽しみ方 ~ハーバリウムがある日常~
■3時間目
クラス5 簡単なのに楽になるリンパケア的エクササイズ
クラス6 あなたの知らないノイズミュージック
■4時間目
クラス7 お母さんが始めるNPO
クラス8 ~月世界旅行へのいざない~ アメリカ合衆国NASAのアポロ計画
■5時間目
クラス9 認知症の今と脳がよろこぶエクササイズ
クラス10 ~買い物道楽が紹介するいろいろないいモノ~ 古今東西オススメカタログ
■6時間目
クラス11 乙訓を盛り上げよう!地域活性化のお話
クラス12 高校生が見た東日本大震災被災地の今とこれから

いよいよ授業が始まります!
参加者のみなさんは、お目当ての授業へ向けて、教室へ移動。
1時間目から、各クラスには大勢の人が集まりました。

3時間目と4時間目の間に休憩時間を設けました。
授業が終わっても、まだまだ聞きたい参加者のみなさんは、先生を捕まえて質問攻めに。
「授業どうやった?」「次何受ける?」と、情報交換をしている姿も。

後半の先生を紹介し、4時間目スタート!

どの授業も、10名以上の参加者がいて、立ち見が出るものもありました。
どの授業も面白く、向日市には魅力的な方がたくさんいることに改めて気付きました。
学びを得るだけでなく、自分の身近に魅力的な人がいると気付くことで、より自分のまちが好きになりますね。

全授業終了後、参加者のみなさん、先生、スタッフのみんなで、「むこうキャンパス」のクロージングを行いました。
参加者のみなさんに感想を書いていただき、それを共有しました。

最後に、4つ以上授業を受けた方には、修了証を授与。
LABOメンバーで企画をし、みんなで協力して準備・運営をした「むこうキャンパス」が終了しました。

当日を迎えるまで、LABOメンバーでFacebookを使って情報発信したり、ラジオ番組に出演して告知したりと、自分たちでできる広報活動を一生懸命行ってきました。
LABOメンバーの力と、先生たちのご協力もあり、約80名の方に参加いただきました。
複数の授業に参加する方がいたり、休憩してからまた会場へ戻って来る方がいたりと、ゆっくり楽しむ方が予想以上に多く、修了証を手にした方は、10名を超えました。

後日、「むこうキャンパス」に参加いただいた先生とLABOメンバーでふりかえり会を行いました。反省はあるけれど、できた点・楽しかった点もあり、これからの活動へ向けて、良いステップとなりました。
3月17日(日)には、今年度の活動報告会を実施する予定です。
詳細が決まりましたら、また「むこうスタイルLABO」Facebookページなどでご案内しますので、お楽しみに!
https://www.facebook.com/pg/むこうスタイルlabo-551143548660207/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!