見出し画像

フリーランスのための"自分の値段"をつける方法

こんにちはー!むちょこです。

このnoteは、駆け出しフリーランスあるあるの「どうやって自分の単価を決めたらいいの?」という疑問を解決するお手伝いができたらいいなーと思って書きました。

もしかしたら正攻法とは違うかもしれませんが、一例としてヒントになれば幸いです:)

【留意点】

・Web 制作、 Web 開発における単価設定を想定しています。

・私は他人と比べたりそれに合わせたりすることに幸福感をおぼえないので、\相場はこれくらいです!/とかそういう話はしません。

・一人ひとりが自分に合った価格を見つけてほしいな、と思っています。

・本当に興味のある方だけに読んでほしいので有料化しました。 commew のメンバーさんには無料でプレゼントさせていただきますので、 Slack の DM でメールアドレス送ってください。

・文字数は全部で3000文字くらいです。

【いただいた感想】

※ ネタバレ部分は黒塗りさせていただいております。

スクリーンショット 2021-07-10 161429

スクリーンショット 2021-07-10 161710

スクリーンショット 2021-07-10 162033

この続きをみるには

この続き: 2,699文字

フリーランスのための"自分の値段"をつける方法

むちょこ / webエンジニア

480円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
むちょこ / webエンジニア

サポートいただいたお金はカフェインに変わります。ご馳走様です!🙌

めるしーめるしー
とことん自由に働く在宅webエンジニア。開発や保守案件に10年以上携わりつつ、Web系フリーランス向けオンラインサロンcommew(https://commew.net)で現役フリーランスや独立したい方の支援をしています。