【連載クマ先生の労務相談】第9回『在宅勤務を出社にもどしても大丈夫?』(ねっとwork6月号抜粋)

人事担当:
コロナ少しずつ落ち着いてきました。今までは出社率を下げるためにできるだけ在宅勤務を推奨してきましたが、取引先も通常通り訪問可能な状況となってきましたので、会社全体の志気をあげるためにも一度原則出社に戻したいと考えています。
社員の中には在宅に慣れてしまい出社に難色を示しているのものいますが、会社から出社を命じても大丈夫でしょうか。

クマ先生:
問題ありません。就業の場所は雇用契約書の中で労使双方に合意している内容であり、貴社においても雇用契約書上原則は本社のオフィスが就業の場所となっていたかと思います。
また現状は在宅勤務規定もありませんので、緊急時の対応として一時的に在宅勤務を認めていた状況です。
したがって、在宅から本来の勤務場所(本社)へ戻ることを会社から命じることは問題ござません。

人事担当:
よかったです。安心して社内に通達が出せそうです。

クマ先生:
補足ですが、今回の臨時的な在宅勤務の導入によって、労使にとってテレワークの新たな可能性が見えてきた状況かと思います。
一度は、出社に戻されるようですが、今後の感染再拡大への対応や遠隔地の採用、通勤時間の効率的な利用などどのような目的に応じて、
どのような方法(会社の命令、本人の申し出など)で在宅勤務を運用するのか就業規則にまとめていくのがよいかと思います。

人事担当:
そうですね。育児や介護の問題など様々なことへの対応につながる可能性もありますし社内で議論をしながら方針を決定していきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!