【連載クマ先生の労務相談】第8回『会社が推奨する資格取得費用を本人負担にできるか?』(ねっとwork5月号抜粋)

人事担当:
会社が取得を推奨している資格があるのですが、この資格取得費用について、現在は会社負担しているものの、幾度となく落ちたりするケースも稀にあって、費用負担を求めていきたいと思っているのですが、こういった場合で、資格取得に関する費用を本人負担とすることができるのでしょうか

クマ先生:
結論から申し上げますと、本人負担とすることが出来ると考えます。
あくまで取得が「推奨」されており、取得しないと業務が遂行できないというレベルのものでないのであれば、1回目は会社負担とするが、2回目以降は本人負担とすることは可能です。
ただし、「推奨」ではなく、実質的に強制になるような場合には注意が必要です。

人事担当:
会社としては「強制」しているつもりはまったくないのですが、結果として入社する社員はほぼ全員が取得しています。この場合には、どうでしょうか。

クマ先生:
資格自体が比較的取得しやすいものであること等の理由があるかと思いますが、取得しないことを理由に評価を下げたり、給与を下げたりすることがなければ強制とは判断されないでしょう。
あくまでも資格は本人に帰属するものですし、今回のご相談の内容では業務に必須ではなく、推奨されているにすぎず、難関資格というものではないことから、2回目以降を本人負担にすることは可能だと考えます。
本来は一発合格が望ましいのだと思いますので、2回目以降の費用負担がペナルティのような位置づけとして利用して、会社としても取得できるようなサポートテキスト共有や勉強会の開催などを行った上で、社員自身も合格に向けて努力してくれるように誘導していくのが一番望ましいと考えます。

人事担当:
費用負担を利用して、資格取得を効率的に行えるように促すということですね。よくわかりました。

クマ先生:
ただ、社員との間でトラブルを回避するためにも、事前に社員の方に資格取得に関する取り扱いを説明しておいてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!