男性の育児休業(ねっとwork6月号抜粋)

改正育児・介護休業法が段階的に始まっています。
「雇用環境整備、個別の周知・意向確認の措置の義務化」や「有期雇用労働者の育児休業取得要件の緩和」に関する部分は今年4月1日から運用が開始されています。
それに伴い、新聞やテレビで各企業の男性の育休の取り組みについて報道されるのを目にする機会が増えたように思います。

先日紹介されていたのは独身の男性社員が夕方子育て中の先輩社員の自宅に訪問して3時間から4時間育児を体験する取り組みをしている企業でした。
「名もなき家事がこんなにあるのかと驚いた」と話をされていました。
思わず心の中で拍手をしました。
「知らない」が「知る」という状態になるだけで意識行動は変わると思います。社会全体で子育てする世の中に変わっていけるといいですね。

10月1日から「産後パパ育休(出生時育児休業)の創設」や「育児休業の分割取得(2回)」、「社会保険料免除要件の見直し」などの運用も開始される予定です。規程の改定等でご不明な点がございましたら、MRにご相談ください。

編集後記

紫陽花をあちこちで見かける季節となりました。
少し前に紫陽花の花の種類が多いという番組を観たのを思い出し、
「この色いいな」「この形好きだな」と思いながら散歩を楽しんでいます。
ご相談やご質問があればMRパートナーズまでお気軽にお問合せください。

発行:社会保険労務士法人
MRパートナーズむさしの労政
武蔵野市吉祥寺本町1-10-31
NMF吉祥寺本町ビル4F
★バックナンバーはHPでも見ることができます
http://www.rousei.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!