motionworks
DaVinci Resolve 16 BETA新機能ガイド カラーページの改善
見出し画像

DaVinci Resolve 16 BETA新機能ガイド カラーページの改善

motionworks

DaVinci Resolve 16では、カラーページの操作性をさらに改善。新しいGPUプロセスのスコープでは様々な形式で画像を評価できます。

DaVinci ニューラル エンジンを使用した自動色補正とショットマッチでは素早くグレーディングの開始点を見つける場合に最適。

カスタムカーブとHSLカーブにヒストグラムが追加。対象の範囲を視覚的に操作できます。

メタデータのリストビューを備えたギャラリーでスチルの管理がさらに簡単に。分割画面やワイプでも新しいショットの比較機能で、目的のLUTやグレードを素早く見つけることができます。

さらに、キーフレームエディタにResolveFXとOFXのキーフレーム調整機能が付きました。

カットページの詳細はこちら。

ビデオスコープの改善

DaVinci Resolve 16では、優れたパフォーマンスと多くのオプションを備えた最新のビデオスコープを搭載。

この続きをみるには

この続き: 5,257文字 / 画像19枚

記事が追加される毎に販売価格がアップします❗️早めの購読がお得です。

DaVinci Resolve 16 BETAのほとんどの新機能を日本語で解説。新しいツールの使い方なども書いています。 カットページが別…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よろしければシェアお願いします!
motionworks
Motionworks.JPです。VFXや合成など。 DaVinci Resolve 16 認定トレーナー https://motionworks.jp Autodesk Flame FCPX AVID After effects Premiere