SIGGRAPH 2019でOTOYとEpic GamesはUnreal Engine 4用OctaneRenderをリリース

2019年7月29日、OTOYとEpic GamesはUnreal Engine 4用のOctaneRenderの正式リリースを発表しました。

このリリースでは、業界をリードする2つの3Dパイプラインがまとめられ、ゲームやビジュアルエフェクトからアーキテクチャやリアルタイムのプリビジュアライゼーションまで、幅広いアプリケーションで映画のような臨場感を生み出すツールをアーティストに提供します。

Unreal Engine用OctaneRenderはUE4レイトレーシングを補完するもので、最終フレームレンダリングのための公平なプロダクションパストレーシングを初めてUnreal Engineでネイティブにユーザーが利用できるようになります。

OctaneのマテリアルとノードグラフがUEのノードエディタ内で完全にアクセス可能であるため、アーティストはシネマティックレンダラーの機能とゲームエンジンの柔軟性を1つのツールで実現できます。


この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
サイトアクセスキーも付くお得なマガジンです。

motionworks notes

月額1,500円

DaVinci Resolveなどオンライン編集/グレーディング/デジタル シネマ/デジタルビデオなどに関するデジタルマガジン。サイトアク…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よろしければシェアお願いします!
Motionworks.JPです。VFXや合成など。 DaVinci Resolve 16 認定トレーナー https://motionworks.jp Autodesk Flame FCPX AVID After effects Premiere

こちらでもピックアップされています

motionworks notes
motionworks notes
  • ¥1,500 / 月

DaVinci Resolveなどオンライン編集/グレーディング/デジタル シネマ/デジタルビデオなどに関するデジタルマガジン。サイトアクセスキーも付くお得なマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。