見出し画像

怒りの誘惑

「ウガアーッ!」

俺の拳が巨漢の下顎をぶっ飛ばす! 血飛沫! 背後に裏拳を叩き込む!

「ギャアーッ!」

首が壁にバウンド! 俺は快哉した!

「アイアム・チャンピオン!」

その時、iPhoneのタイマーが鳴った。

「…もうこんな時間か」

私はリモコンを操作した。立体映像が薄れ、首の取れた人形と多目的カラオケ店の個室が現れる。パック料金の適用中に出なければ。慌てて上着を羽織る。

年下の上司に横文字で詰られた怒りは、店を出た時には概ね治まっていた。夜の街には雨。傘を取り出した、その時。

「ね、おじさん」

振り返ると薄着の少女。

「たっぷり殴って満足?」

…血の気が引いた。

「…何のことかな。私はカラオケの練習をしていただけさ。そろそろ忘年会の…」

「おじさん、嘘つきだね」

「な、何を」

「そーやってペラペラ喋るもん」

少女の唇は不相応な艶やかさを帯びていた。彼女は蠱惑的な笑みを浮かべて言った。

「ね、おじさん。もっとすごいの、あるよ?」

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
餅辺

それは誇りとなり、乾いた大地に穴を穿ち、泉に創作エネルギーとかが湧く……そんな言い伝えがあります。

ヤッター!
10
読んだり書いたりすることが好きな典型的ニンジャヘッズ(ニンジャスレイヤーのファン)です。コラムとかオリジナルも書きます。