見出し画像

「私はこの子が嫌いなの!」と自覚できたら楽になる

だいたいの人間関係の悩みって、自分を偽るから起きるんですよね。

子育ても全く同じだと思う。

「私、自分の願い通りに育ってくれないこの子が嫌いなんだ」

とちゃんと自覚するところが、スタートなんだと思う。

「そんなこと思っちゃいけない、そんなひどいこと、私は思ってない」

と自分をごまかし続けるから、いつまでも、子どもに腹が立つし、好きになれない。

そして、なんとか好きになれるように、子どもの方を変えようとして、

いびつなヒトを育ててしまう。

「この子が私の理想の子どもになってくれたら、愛せるのに」とね。

それ嘘だから。

理想の子どもになったらなったで、また別の何かを見つけてきては、

不安になって、自分の不安を解消するために子どもを変えたくなるのよね。

「自分を好きじゃないのに、自分の分身である我が子を好きになれるわけがない」

と知って欲しい。

まあるいおめめで子どもを優しく見守ろうったって、

まあるいおめめで自分を見てなかったら、そんなのできるわけがない。

育つ過程で、自分を受け入れてもらえた経験を持つ人ほど、

自分と全然違う我が子を受け入れるのも早いように見える。

そんなこと言われると、また

「受け入れられない自分がダメなんだ」

と反射的に思っちゃうかもしれないけど

受け入れてもらなかった経験を持つことは、その人のせいではない。

誰も、そんなことで、その人を責めたりしない。

自分ではなんともできなかったことなんだもん。

仕方なかったことを責めてないで

今から自分を受け入れていけばいいだけなのよね。

仲良くしようぜ、まずは、自分と。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
親子の外遊び活動や、感覚統合、ABAといった定型発達のお子さんの子育てにも役に立つ講座をやってます。 https://www.kankakutougou.com/ https://www.facebook.com/sotoaso.biyori/

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。