見出し画像

言葉の風味を引き出せるようになりたい

さっき初めて知った日本語がある。レシピを見ていたらこう書かれていた。

「すり鉢であたって」

は??と思った。なんとなく「=擂(す)る、ってことかな?」と想像したけれど、あたる、という言葉にそんな使い方があるとは。・・・え。私が常識なさ過ぎ?

「和食用語」というところで、この言葉の説明を発見。

そしてWiki. なるほど、「擂る」を「お金をする」の連想語としての忌み言葉に、と。擂り鉢を当たり鉢とも言うらしい。

知らなかったなぁ。でもなんとなく、そういう経緯というのは理解出来る。日本語って、とにかく言葉遊びというか、そういうのが多い。ある意味言霊を信じているとも言える。

日本語は自分の生活だけ、という環境になって 初めて、言葉の顕す世界に嘆息し絶望し、その一方で言葉ひとつが持つ世界の大きさに感激もした。日常語が英語になってみて初めて、その表現がなぜその範囲の意味となるのか、文化的背景を知りながら心で理解した。

言葉は文化だ、という表現の上っ面しか見えていなかった昔と、沢山の人達の痛みや苦しみや喜びの上にその意味を感じる今と、の差と表現してもいい。

偉そうなことは勉強してから言え、昔の私ならそう思っていた。でも学ぶ上でさえも「文字」では示しきれないものがたくさんある。


言葉の表面では見えないものを知るために人の間をあるいた。書き留めるときに言葉に乗り切らないものは絵にしたり写真にしたりした。音楽が作れたらその表現も加わったのかもしれないけれど、私にはそういう素養がないのが残念だ。

顕しきれないからこそ、言葉遊びが生まれるのだとおもう。顕しきれないものを少しでもそのもどかしさを含めて伝えようとするから ふるい言い回しと言われる言葉や文字を私達は使うのだろう。

あたる、という言葉だけを検索してみる。

画像1

外力などを身(そのもの)が受ける。ここに この言葉を「あてた」理由もありそうだ。そして下の方、「商家で「摺(す)る」「剃(そ)る」を避けて言う。」なんとも文化というか習わしを感じる。願いを感じる。

我が家は商家ではないけれど、いつか子供達がこういう言い回しとその言葉が生まれた背景を知って、なにかのときに使ってくれたら嬉しいなと思った。それは知識をひけらかすのではなく、文化への尊敬の念をこめて、の話。

擂り鉢で擂る、当たり鉢で当たる。

意味もやっていることも同じだが 脳裏に浮かぶ擂り粉木をつかう人達の風景が違う気がする。漂う香りも一緒なのに 会話が違いそうだ。

でも「擂る・当たる」がもつものを「フードプロセッサーで細かくする」では到底得られない。色も香りも食感も、そこでは「擂る」も「当たる」も肩を組んで「細かくすれば良いってモンじゃない」と言ってきそうだ。

言葉も 丁寧に「当たり鉢」であたったら。
いろんな風味や旨味が生まれ混じり合うような気がしてきた。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートのお気持ち、すっごくうれしいです。でもどうぞ、それを今日街角の募金箱にいれたり、お友達に小さなプレゼントをお渡ししたりしてください。もしそれでも、って私に送って下さるなら、私から10円でも20円でも上乗せして募金してきます!

ありがとう!私もあなたがだいすき!
281
未完成な自分を楽しむひと、在米15年。元外科医・病理医、一瞬研究者(全部大分昔のおはなし)。バケーションレンタル経営、猫3匹と二児の母、オット1人。いろんな人に会うこと、いろんな人の生き方、お仕事のお話をきくことがすき。Cakesクリエイターコンテスト2020入賞。

こちらでもピックアップされています

ひとりごと
ひとりごと
  • 356本
コメント (8)
スルメをあたりめって言い換えるのとおんなじやつですね!私も初めて知った時は感動しました!日本語面白い!
書き言葉ではある程度意識しても、話し言葉が雑すぎるなぁと自省しました…息子らにもろ反映してしまうからもっと豊かな言葉を使っていかなきゃな。
面白いお話をありがとうございます!
ふみぐらさん、
あ、確かに!!「書くのにも読むのにも咀嚼するのにも使うのにも時間のかかる言葉は「節約」されてて。」めっちゃ感動しました、ほんとですね!
なんだろ、簡潔・簡便が良しとされるのもまぁアリですが、鈍行列車(なんて言葉最近はないのか?)で時間をかけてそれを言葉に織り込むとか、・・・・しかも嫌らしくない長さに。・・・できたらカッコ良いかなぁ。
かもめさん、
あ、それ分かります。日本語→英語のときに「どうやって足りないものを最小限で表そうかな」とか、英→日なら「多すぎるニュアンスにならないように全く違う言い方にする」とか。

いやーほんとですね。言葉って「配慮」をもてるかどうかですっごく変わっちゃう。例え同じ言葉でも発声にその気持ちが乗っちゃったりね。深い世界です。
たねさん、
それ!!!Twitterでルミさんが仰ってて「あ!なるほど!!!」って初めて気付きましたw 面白いですよねぇ。
いや、子育て中はなかなかそこまで頭、回りませんって。でも子供の語彙が増えてきたときにこんな話は、オモシロイかもしれませんね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。