ひょっとこ

日々のことば 映え/背伸び/友情

ある日突然、この世界からありとあらゆるラーメン屋が姿を消したとしても困らないくらい僕はラーメンという食べものに思い入れのない人間なのだが、以前スタッフから教えてもらった有楽町の交通会館にある「ひょっとこ」の柚子ラーメンだけはちょっと食べてみたいと思っていた。

その後、何度か思い出して行ってはみたのだが、店はいつも満席で、しかもカウンターで食事する人たちの背後には二重、三重に待っている客が張り付いている様子を目の当たりにして

無理!

となったきり、すっかり忘れていた。ところが、先日たまたま数寄屋橋の泰明小学校のちかくに支店があることを知り行ってみたところ、やはりカウンターのみだがとても空いていて、ここは本当に支店なのだろうか、もしかしたら「ぴょっとこ」とか「ひょっこと」とかそんなニセモノなのではないかとつい看板を二度見してしまうほどだった。

なんだろう。みんな支店の存在を知らないのかな? それとも味が本店とぜんぜん違うとか? あるいは、並んでいるうちにじわじわ胃液が分泌されてよりラーメンがおいしくなるので並ばなきゃダメなんだよ! とか、そういう話なのか? いや、さすがにそれはないだろ。

とにかく、出てきた柚子ラーメンはさっぱりして美味しかったし、銀座にもかかわらず値段も良心的だったので、突如ありとあらゆるラーメン屋が姿を消したとしても数寄屋橋の「ひょっとこ」だけはブラックホールに吸い込まれることなく残ってほしいとちょっと思った。あと、むかし渋谷にあった「チャーリーハウス」が甦ってくれたら最高だな。

では、日々のことばの10〜12です。

画像1

10.映え

この続きをみるには

この続き: 3,155文字
記事を購入する

日々のことば 映え/背伸び/友情

岩間 洋介|moicafe.com

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
9
日本で初めてのフィンランドに特化したポータルサイトを2020年秋に公開。また、CSRとして北欧流居場所づくりの試み「喫茶ひとりじかん」をMUJIの協力の下開催しています。2002年から2019年まで東京(荻窪→吉祥寺)にて日本初の北欧カフェ「moi(モイ)」を経営していました。

こちらでもピックアップされています

誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場するため有料とさせていただきました。メニューは以下の通り。 まず、読み物を月3〜4本程度。内容は、「やさしい気持ちになれる話」「日々の暮らしに刺激となる話」「クスッと笑える話」に限定します。読んでよかったと思っていただきたいので。 さらに、活動日誌を随時公開します。 フィンランド関連プロジェクトの最新情報や、現在進行形の企画、アイデア、イベントの情報なども可能な限り現在進行形で公開していきます。コラボなどに関心のある方もチェックしていただけると嬉しいです。そして、たぶん趣味の話なども。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。