見出し画像

よみもの3つ

158.マネー資本主義と里山資本主義

この世の中には、お金で買えるものとお金で買えないものとがある。まちがってはいないが、いかんせん考え方としては古い。マネー依存という古い体質に囚われているからである。

マネー依存のひとは、お金で買えないという状況それじたいを不自由とみなす。当然、そうした人たちにとって豊かさとは、なんでもお金をもって買うことのできる世界を意味する。これを「マネー資本主義」と言う。

それに対して、べつの考え方をしてみよう。この世の中には、お金で買うものと買わないものとがある。お金で買わないという中には、たとえばもらったり、拾ったり、あるいはまた交換したりが含まれる。お金を介在させるかさせないか、その裁量はこちら側にある。これは、「里山資本主義」という考え方である。

里山資本主義のことを知ったとき、まっさきにぼくが思い浮かべたのはフィンランドの人たちのことである。

画像1

この続きをみるには

この続き: 3,242文字
記事を購入する

よみもの3つ

岩間 洋介(Moi)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
5
北欧フィンランドがコンセプトのカフェ「moi(モイ)」を東京で17年間やってました。現在はフィンランドに特化したポータルサイトを制作中。「喫茶ひとりじかん」という居場所づくりのプロジェクトもMUJIの協力の下、開催しています。 https://linktr.ee/moicafe

こちらでもピックアップされています

誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場するため有料とさせていただきました。メニューは以下の通り。 まず、読み物を月3〜4本程度。内容は、「やさしい気持ちになれる話」「日々の暮らしに刺激となる話」「クスッと笑える話」に限定します。読んでよかったと思っていただきたいので。 さらに、活動日誌を随時公開します。 フィンランド関連プロジェクトの最新情報や、現在進行形の企画、アイデア、イベントの情報なども可能な限り現在進行形で公開していきます。コラボなどに関心のある方もチェックしていただけると嬉しいです。そして、たぶん趣味の話なども。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。