見出し画像

会う、会う、そしてまた会う。

今週は「ひとと会う」ウィーク。お客様やスタッフから誘ってもらい、あちらこちら繰り出しています。

まず、店ではない場所で誰かと会うという経験からして新鮮。

もちろん、これまでもカフェの仕事を通じて毎日誰かしらと会ってはいたわけですが、お店という場所である限り、そこにはお店の人間とお客様(あるいはスタッフ)という「役割」が前提として揺るぎなく存在していますし、時には、そこを見誤ったばかりに失敗したり……。

けれども、いったん店から離れたならそうした「役割」はできれば忘れてしまいたい。一人っ子は、なによりタテ社会の窮屈さが苦手なのです?! そういうわけで、たとえ元々はお客様でもスタッフでも、お店を離れたいまは気持ち的には対等な関係として接させてもらっています。その方が自然だし、むしろ失礼じゃないと思うので。

実際、人と人との関係もまた、シチュー鍋の中でグツグツ煮込まれるように時間を経ることで少しずつ少しずつ柔らかくほぐれてゆくもの。窮屈な「役割」から離れて、こうしてお客様や元スタッフが気軽に誘ってくれるのもいってみればモイを長く続けてきたゆえの「ごほうび」かもしれません。そんなことを考えては、勝手にうれしくなっている今日この頃です。

さて、以下ではそんなここ最近の日記を駆け足で綴ります。

この記事は単品100円で購入可能ですが、マガジン(月額400円)でご購入いただくと大変割安でお得です。イベント情報などフィンランドに関するお話しもしています。なお、noteの購入の仕組みのわからないひと向けにかんたんな解説をしてみましたのでご参考下さい→◎

この続きをみるには

この続き: 1,498文字 / 画像5枚
記事を購入する

会う、会う、そしてまた会う。

岩間 洋介|moicafe.com

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
8
日本で初めてのフィンランドに特化したポータルサイトを2020年秋に公開。また、CSRとして北欧流居場所づくりの試み「喫茶ひとりじかん」をMUJIの協力の下開催しています。2002年から2019年まで東京(荻窪→吉祥寺)にて日本初の北欧カフェ「moi(モイ)」を経営していました。

こちらでもピックアップされています

誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場するため有料とさせていただきました。メニューは以下の通り。 まず、読み物を月3〜4本程度。内容は、「やさしい気持ちになれる話」「日々の暮らしに刺激となる話」「クスッと笑える話」に限定します。読んでよかったと思っていただきたいので。 さらに、活動日誌を随時公開します。 フィンランド関連プロジェクトの最新情報や、現在進行形の企画、アイデア、イベントの情報なども可能な限り現在進行形で公開していきます。コラボなどに関心のある方もチェックしていただけると嬉しいです。そして、たぶん趣味の話なども。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。