見出し画像

雨の月曜日。雨の銀座。

ここ最近、誰かひとと会うためにレストランやカフェを利用することが多いのだけれど、週末だったりランチタイムだったり、ふつうなら当然混雑していそうなタイミングにもかかわらず思いのほかすんなり入れてしまう、そんなことが何度か続いた。以前は、平日でも待たされたりした記憶があるのだけれど。客の立場からすれば、これは、まあ、ありがたいことには違いないのだけれど、ついこの間まで店を経営していた人間としてはなんとも気がかりである。

実際、消費税が引き上げられた10月以降、売り上げがいまひとつ思わしくないといった声もちょくちょく耳にする。軽減税率のあおりを完全に食らったかたちだ。キュウキュウ締め付けられながらも文句も言わずはたらいている人たちから、そのささやかな楽しみである外食の機会を奪う軽減税率とは、どう考えても悪政以外のなにものでもない。贅沢? いやいや、こうした「ゆとり」こそむしろいまの日本人の生活にとっては欠かせないものじゃない?

チェーン店ならいざ知らず、特に個人店の場合、日に4、5人の客の増減はけっこう死活問題だったりする。単純計算だが、たとえば日に4人お客さんが減ったとすると年間の売り上げはマイナス120万円にもなる。小さなお店ほど、実はこんな具合にひとりひとりのお客様によって支えられている部分が大きいのだ。

そういうわけだから、もしお気に入りの飲食店、とりわけ個人経営のお店があるひとは、できるだけ顔を出して欲しいと思う。べつに自分がいかなくても…… ではなく、自分が行くことであなたの居場所が守られる、そう考えてみてもらえたら。

さて、今週の出没予定です。

◎12月4日(水)「サーミのうた ヨイクが響く」@神谷町・光明寺
*観客として遊びに行きます。

◎12月8日(日)「Moiのクリスマス屋台」@根津・ギャラリーTEN
*開催中の「ランミンヨウル2019」展さんに出張させていただきます。

画像1

どこかでお目にかかれたら嬉しいです。お気軽にお声掛けください!ランミンヨウルの出張Moiおしゃべり会(コーヒー、お菓子つき)はまだ予約受付中です。

この記事は単品100円で購入可能ですが、月額400円のマガジン「誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい」を購読していただくと毎月15本以上の読み物や情報をお楽しみいただけます。

この続きをみるには

この続き:1,812文字/画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月1回カフェでコーヒーを頼むより、ちょっとだけ安い価格に設定しています。行きつけのカフェにふらっと顔を出すような気分で購読していただけると嬉しいです。割高にはなってしまいますが、もちろん記事単体での購入も可能です。

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場...

または、記事単体で購入する

雨の月曜日。雨の銀座。

岩間 洋介(Moi)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
6
2002年より2019年まで北欧フィンランドをコンセプトとするカフェ「moi」を経営していました。渋谷のBunkamura→荻窪、吉祥寺でのカフェ経営を経て、日本とフィンランドとをつなぎつつ自由な発想による〝居場所づくり〟を構想中。http://www.moicafe.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。