見出し画像

不要不急のむずかしさ。

82.不要不急

不要不急を伝えるのはむずかしい。

なぜなら、多くのひとは不要不急なものから日々の生活に「うるおい」を得ていることを知っており、その意味で不要不急なものほど自分にとっては必要と考えがちだからである。NO MUSIC NO LIFE!

ぼくの場合、持病のある高齢者が身近にいるので極力「不要不急」の外出は控えるようにしているのだが、家で過ごす時間が増えたぶん「不要不急の食事」が増えてしまい困っている。間食、ひらたく言えば「おやつ」である。おやつを禁じられたら、100日目に死ぬヒトなのである。

そんなことを考えていたら、精神科医のユーチューバー(ユーチューバーの精神科医?)が「間食をやめる方法」という動画をUPしていた。タイムリーすぎる。

どうやったら間食をやめられるかという相談に対し、ついつい間食をしてしまうというのは意志の弱さに原因があるので

1)意志を使わないよう、家に一切おやつを置かない

2)買いに行くのもめんどくさいという自分の意志の弱さを逆利用

という解決策を挙げていた。なるほどね。さまざまな不要不急にある程度の実効性をもたらすためには、そこに「めんどうくさい」要素をプラスするのが最適ということか。

たとえば、不要不急の外出に対しては、駅の改札で筆ペンで「写経」してからじゃないと電車に乗れないようにする。般若心経を正確に写すのに、ひとによっては30分くらいはかかるかもしれない。間違った場合は当然やり直しだ。

ああ、めんどくせぇ〜。家で寝てた方がいいや。

きっと多くのひとがそう考えるにちがいない。ぼくも、家におやつを置くのはやめようと思うが、とりあえずいまは目の前にあるスナック菓子(お徳用パック)に集中したい。

画像1

83.全肯定

この続きをみるには

この続き: 1,837文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月1回カフェでコーヒーを頼むより、ちょっとだけ安い価格に設定しています。行きつけのカフェにふらっと顔を出すような気分で購読していただけると嬉しいです。割高にはなってしまいますが、もちろん記事単体での購入も可能です。

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場...

または、記事単体で購入する

不要不急のむずかしさ。

岩間 洋介(Moi)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
6
北欧フィンランドがコンセプトのカフェ「moi(モイ)」を17年間やってました(荻窪→吉祥寺)。現在はフィンランドに特化したポータルサイトを制作。「喫茶ひとりじかん」という居場所づくりのプロジェクトもMUJIの協力の下、都内にて開催中。http://www.moicafe.com

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。