見出し画像

日々のことば #78-#81

78.気を吹き込まれる

これはよく知られるところだが、「他人からありがたがられない話」第一位といえば自分がみた夢の話である。だが、夢の話のやっかいなところは、そうと分かっていても話さずにはいられないところにある。

何日か前のこと、巫女のかっこうをした女性から首のうしろのツボに「気」を吹き込まれる夢をみた。そのツボの位置にはだるまのシールが貼られていて、巫女さんはそれを剥がしてから僕の両肩に手をかけ、呪文を唱えながらフーーーッと勢いよく「気」を吹き込む。あとになって調べたら、それは「大椎」というれっきとしたツボであった。

夢だなとわかるのは、絶対に見えるはずないのに僕にはだるまのシールがきれいに剥がれていないのが見え、施術されながらもずっとそれが気になっていることだ。ふと、頭をあげると

施術料三千円〜

目線の先にそんな張り紙がみえる。数回「気」を吹き込んだ後(「気」を吹き込まれると、そのたび全身に電気が走り寒気がする)、巫女のかっこうをした女性によって料金システムの説明がある。

一応、最低三千円となっているが、この施術の価値がわかっていればまさか三千円ということはないでしょうね、といったことを遠回しに言いつつ(たぶん三千円〜という張り紙を見ていたことがバレている)、そちらから料金は提案するよう促される。なかなかいやらしいシステムだ。そして、逆に提案しろという意味なのだろうが、その巫女さんのかっこうをした女性は厳かにこう言うのだった。

「では、逆さまにお願いします」

「じゃあ、五千円で」

ぼくがそう答えるとうしろでフッと笑ったような気がし、そこで目が覚めた。

他人の夢の話は退屈というが、これは荒唐無稽でちょっと面白いのではないかと思い、先日会った知人にさっそく話してみたところ

大丈夫ですか? なんかあったんですか?

と真顔で心配されてしまった。

やっぱり夢の話なんてひとにするもんじゃないと思った。

79.インドア酒場

画像3

この続きをみるには

この続き: 1,318文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月1回カフェでコーヒーを頼むより、ちょっとだけ安い価格に設定しています。行きつけのカフェにふらっと顔を出すような気分で購読していただけると嬉しいです。割高にはなってしまいますが、もちろん記事単体での購入も可能です。

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場...

または、記事単体で購入する

日々のことば #78-#81

岩間 洋介(Moi)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
4
北欧フィンランドがコンセプトのカフェ「moi(モイ)」を17年間やってました(荻窪→吉祥寺)。現在はフィンランドに特化したポータルサイトを制作。「喫茶ひとりじかん」という居場所づくりのプロジェクトもMUJIの協力の下、都内にて開催中。http://www.moicafe.com

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。