見出し画像

和菓子屋を再建した結果、婚約破棄になった話


『何かを生贄に何かを得る』
私は悪魔か何かと契約でもしたのだろうか。


最近メディアに取り上げていただけるようになり、
自分の名前でエゴサーチすると
榊萌美の大学は?年収は?と書かれた
まとめ記事が出るようになった。

その記事の中で必ず話題に上がるのが結婚の話だ。

その通り。
私は結婚していない。

でも実は婚約していた。

私の事を知ってる方はこのタイトルを見て
きっと驚いているだろう。
でもその驚き方は人によって違うはず。

SNS上の方は
「彼氏いたの!?」
「恋愛に興味あったの!?」

リアルの方は
「別れたの!?」
「まだ結婚してなかったの!?」

どうしてこんなにギャップがあるのか。
前者は私がSNS上で恋愛の話をして来なかったからだろう。

そして後者は私が20歳の頃からその彼と
7年間という小学校よりも長い月日を共にしていたからだろう。


成人を越え、大人になってから初めて
お付き合いした人が『彼』だった。
今の私がいるのは彼のおかげだと思う。

(私は説明する時『彼』と呼ぶのが何故かむず痒く
絶対に『彼氏』と呼んでいたのだけど
今の関係上『彼』と呼ぶしかない事に気づいて
また少し切ない気持ちになった)

私のように拗らせてるあなた。
仕事に熱中しすぎているあなた。
長く付き合ってる方がいるあなた。
そして、私のくだらない話をお金を出してまで
読もうと思ってくれてるあなたへ向けて、

私の嫌いな『彼』という呼び方で
私の好きだった『彼』の話をしていこうと思う。


そして、メディアでは話せない。
こうなってしまった原因のひとつである
家業再建の話を少しだけお話させてください。


ここまで読んでくれた方。
この先も読んでくださる方。

今まで仕事の話しかしなかった
私のプライベートな話を読んでいただき
ありがとうございます。

お店に来て親にチクるの厳禁です🦦←


続きをみるには

残り 6,220字 / 1画像

¥ 1,500

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?