見出し画像

アイドルに戻って欲しいとは思わない

でんぱ組.incを1月に卒業し、3月末に芸能活動も引退したねむさん。
彼女が次の目標の一つに掲げていた「夢眠書店」が、7月14日、下北沢の一角に開店した。この日は彼女の誕生日でもある。

記事にした日刊スポーツさんありがとう(でも、もっと可愛い写真が他にあったんじゃないか……??)

Twitterの#夢眠書店タグを辿ると、幸せそうなツイートが続々と出てくる。小さなお子さんとママさんパパさんが一緒に出かけられる、居心地の良い書店兼喫茶店。これからの本好きを育てる書店。コンセプト通りの空間が生まれていそうな感じが伝わってくる。

今のところ予約制で、しかも男性おひとり様はご遠慮願われているから、僕は残念ながら実際の店舗の雰囲気を味わえない。けど、それで良いのだと思う(そう思う具体的な理由は、機会があれば書きます)。穏やかな空間がいつまでも守られていて欲しい。

初めてねむさんと直接話をしたのは、おととしの夏(たぬぬいのユメミストTシャツ名入れ会)だった。ほんの1分弱の持ち時間の間に、Webデザインの勉強をしている、と伝えたのを覚えている。大好きな人に宣言したからには、結果を出すまで辞められないな! と決意を新たにしたんだった。

念願叶って、僕は今年の春からWeb関連の勤め仕事ができている。ニートだった頃から、ねむきゅんがいたでんぱ組.incに励まされていた。引退発表の時は本当にショックだったけど、ねむさんと同じタイミングで、自分も新しい挑戦(人生初の就活!)ができることは心強く思えた。

アイドルやでんぱ組.incに戻って欲しいという意見を今でもたまに目にするけど、個人的には、それを願う気持ちは全くない。
なぜなら、ねむさんが自分で選んだ道を歩けていることが、僕にとっては何よりも心強いし、嬉しく思えるから。

ねむさん、夢眠書店開店おめでとう! お誕生日もおめでとう!
道は違えども、同じ時間を生きる仲間みたいに勝手に思ってます!
これからも応援してますよ〜!

あふれるよろこび🍖
3
興味の対象が色々あって収拾ついてない人。レンタル日記やはてなハイク(お題系ミニブログ)の全盛期を経験し、書く楽しさを忘れられずにマガジンを始めました……が、休眠中。ここは読む専用のアカウントと思っていただいて差し支えないです。