長谷川俊人

社会人1年目/早稲田大学出身/サッカーメディアで編集やってました/東京六大学野球を盛り上げる活動をしてました/鹿島アントラーズ/気になったことをnoteに投稿しています。

最近ハマった音楽。音楽って最高だよな。

電車での移動中や、夜のランニング中、そして勉強をしている間と最近は何かと音楽にお世話になっている。Spotifyにしてから自分が普段聞かないような音楽に出会うことがで…

・意識的に外に出て話を聞いたりすることで、自分の世界は広がる
・日常で、ちょっとした不均衡に違和感を持つとか、不条理に対して、向き合う意識を持つとか、 息を吸って吐くようにできる原体験こそ、その人の強さになっていく

【鎌田和樹さんのnoteより】
・ぼくは、人がなぜそんなに悩むのかわからない
・「なんかあります? 悩みごとって」みたいな
・いや、ぼくもありますよ
・でもそれは「解決しなきゃいけない問題」であって、
・「悩み」ではない

悩みを課題と考え、淡々と行動する考えに惹かれました

【前田祐二さんに関して】
・模倣をすることは、あくまで第一段階
・圧倒的な模倣量を経た上で
・最終的には自分をユニークな存在にするような
・”something original”を見出すというのが
・前田流の成功への最短アプローチ方法だ

・スポーツでもなんでも歴史的偉業が突然達成されることはない
・人に見えないところで、果てしない試行錯誤と失敗を繰り返しながら
・「ここで勝負するんだ」という強い気持ちと勇気を持って
・立ち向かう個人や組織が偉大な達成を可能にしていく。
・ラグビーの試合でその「瞬間」を目撃できた。

・情報の整理と活用が得意な「秀才」が仕事のできる男だった時代は終わる
・それらは全てAIが取って代わる。これからは「共感力と発想力」が求められる
・これは相反した才能だ。
・共感力は人と同調していれば磨かれる。
・発想力を磨くには、変わり者になる必要がある。