最後のエレクトゥス
「Hiroshima dayに関する二つの覚書」が、ルーマニアの文芸誌に三カ国で掲載されました

「Hiroshima dayに関する二つの覚書」が、ルーマニアの文芸誌に三カ国で掲載されました

最後のエレクトゥス
画像1 ルーマニアの文芸誌『Kibo Titan』No.4に、私のエッセイと詩歌の「hiroshima dayに関する二つの覚書」が、日本語、英語、ルーマニア語の三カ国で掲載された。 詩人・原民喜と、いわゆる「黒い雨」についての二つの覚書である。 英語に訳してくださったのは、みどりクリステンセンさん、ルーマニア語に訳してくださったのは、クレリア・イフリムさん(Clelia・Ifrim)。私の詩歌に関しては、自分自身で英訳した。
画像2
画像3
画像4
画像5
画像6
画像7
画像8
画像9
画像10
画像11
画像12
画像13
画像14
画像15
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
最後のエレクトゥス
#日本語詩歌人#短歌#俳句#詩