見出し画像

Prologue

(プロローグ)

かすかに  夏の香りを残して
すり抜ける  風の後姿

見送れば 遥か沖
青から降りて   青に融け

銀鱗の如 キラキラと
瞬きの間に変わり行く
いと美しきは   光の魔法

魅入って ひととき
こころ一息

時の揺り籠  ゆらゆらり
行きつ戻りつ 波の間で
廻る季節を綾織にして

静やかに 幕が開き行く
秋 物語

ーーーーーMizu
2001.9.27

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

拙い文章です。サポート頂くことは考えておりませんが お心遣い下さった方へ、心から感謝申し上げます どうかこれからも暖かく見守っていただけますように。

心からの感謝を❣️
7
大切な事は、今日も一生懸命生きる事。 人生の中でフとすれ違う一瞬や 思うままにフラリと立ち寄る場所の事。 気まぐれな風と優しい光の中で 同じ時代を共に生きているご縁の事。 その瞬間を大切にしたいと想う事 ♪ //// top画像【桜の木・紅葉】

こちらでもピックアップされています

想い徒然(言の葉 彩々)/創作 時々リアル
想い徒然(言の葉 彩々)/創作 時々リアル
  • 129本

このひとひらにありったけの想いをこめて、 拙い言葉を綴りました。 小説であったりドラマであったり 時々リアルな、 その時感じたままを.。.:*♡とりどりに。 ★17歳から書き溜めたpoemなど、再掲載多々 ★末尾の日付は、発表など 表面化させた時期

コメント (2)
寂しさもどこか含んでいて美しいです。
tagoさん こんばんは(^^)
コメントありがとうございます。
秋という季節、好きなんです。
物悲しさ、寂しさの中に、燃え尽きるように錦絵の世界が広がる。
人の命にも似て 潔いと、思うのです。
そんな心の端っこを 読み取っていただけて嬉しいです.。.:*♡
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。