【Windows11対応】Intel ASUSマザーボードでTPMを有効にする
見出し画像

【Windows11対応】Intel ASUSマザーボードでTPMを有効にする

長谷川満@制作業

Windows11の動作に必要な要件がMicrosoftから公開されました。
だいたいOKのはずだけれど、「このPCではWindows 11を実行できません」と出た、TPMってなんだという私のような方に役立てば幸いです。

TPMとは

以下のサイトにも記載がありますが TPM(Trusted Platform Module)は、デバイス上で様々なセキュリティ機能を提供するためのモジュール、とのこと。

ビジネスモデルではディスクリートTPMモジュールという物理的な半導体装置がマザーボード上に設置されている場合も多いらしい。

最近では、チップセットやCPU内のSoCに搭載されたTPM機能をマザーボード上のファームウェアと組み合わせて利用するファームウェアTPM(fTPM)が一般化しており、古いCPUやファームウェアが非対応のマザーボードを使っている場合を除き、ほとんどのケースでTPM 2.0を利用可能になっている。

ただそのような装置が物理的に設置されていなくても、上記のようにマザーボードの設定でファームウェアとして利用できるとのこと。

Windowsキー&Rの「ファイル名を指定して実行」で、「tpm.msc」を指定すすとTPMの有無やバージョンを確認できます。

画像1

ASUSマザーボードでの設定

上記確認でTPMの存在を確認できない場合、ASUSマザーボードでは以下の設定で変更可能です。

起動後F2でBIOS画面へ
Advanced Setting >
Advanced PCH-FW Configuration >
Intel Platform Trust Technology > Enabled  

チェックアプリで確認

Windows 11に対応しているかどうかは、公式チェックアプリもで確認可能です。

画像2

以上、お役に立てば幸いです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!フォローも是非!
長谷川満@制作業
Webや印刷物などを作って生きてます。 【デザイン/プログラミング/ガジェット/アート/ゲーム/語学】 フォロー&Twitterもぜひ!