見出し画像

毎年恒例!2020年に買ってよかったもの、全16品のご紹介

こんにちは、ミテモの小林です。
いよいよ年末が近づいてきました。もはや定型句になっている感もありますが、2020年は激動の年。振返るとこの1年はずいぶんといろいろなことが変わりました。

さて毎年この時期になると社内で

「今年は買ってよかったものの記事書かないの?」
「あの記事スキだったんだよねー」
「もう紹介したいもの決まってるんだけど!」

という声が聞こえてくる、社内ファンの多い年末企画「2020年に買ってよかったもの」をご紹介する記事を今回も書いていきます!

初回の2018年は10品、2019年には12品ご紹介してきたのですが、今回はさらに増えて全16品!徐々に増えていく投稿数、列挙するだけでそこそこの長さになってきました。みんな実は自分が買ったものを紹介したいだけなのでは……?と思ったりもしますが、張り切って紹介していきます。

(1) 運動不足の強い味方「Smiletop ドアジム 懸垂バー」

今年中途入社でコーポレート・コミュニケーションユニットで広報を担当している待井さんが、入社してすぐに設置したのは懸垂バー。

オフィスの出入り口に設置されていて、コロナ前は出入りの度に数回懸垂をして出ていくシュールな光景が見られました。4月からはフルリモートに移行してしまったので、使う人が一気に減ってしまった懸垂バーの今後に注目です。

ミテモのオフィスに待井が勝手に設置してしまった懸垂バー。デスクワークで肩や背中が固まってしまったとき、ぶらさがるだけでリフレッシュになる優れもの。懸垂の回数アップを目指して毎日ぶら下がる人が出るほど好評。数千円でストレッチや筋力トレーニングもできて、しかもお手入れいらず。間違いなく今年買って一番よかったと思えた一品でした。

画像1

オフィスにある懸垂バーの様子

待井さんが入社して半年たって感じたことをつづったnoteと、ミテモ社内での鼎談企画「ぱらりと#1」も公開中です。

(2)スマートホームはここから「Chromecast with Google TV」

待井さんと同じくコーポレート・コミュニケーションユニットで広報業務を担当している井上さん。今年のオススメはChromecast!家で過ごす時間が圧倒的に増えた2020年。テレビでYouTubeを見たいという欲求を叶えてくれるガジェット、なんとキャンペーン情報付。これは買いです!(いつからいつまでのキャンペーンかは把握しておりませんのでご了承ください!)

UIも良くて、動作もヌメヌメ。Google homeとも繋げられるから、「テレビでYouTube流して」で再生もされる。(らしい。まだやったことはない。)
今はキャンペーン中でNetflix6ヶ月分と本体料金で¥11,200で購入できるとのこと。買いです。

(3)値段で甘く見るなかれ「Xiaomi Mi Band5 グローバル版 スマートウォッチ」

ガジェットに強いイメージのある高橋昌紀さんの今年のチョイスはスマートウォッチ!スマートウォッチというとお高いんでしょう?という印象ですが、なんと今回は4,000円以下!これなら手も出やすいですね。

Apple Watch Series 6の発売を知って、Apple Watchは高いし大きいけど、なんか安くて小さいスマートウォッチはないのかと思って色々調べた結果、これが良さそうと思って購入。お値段驚きの4,000円以下。まずなにより軽いことに感動(12g)。そしてコンパクトなのでつけていても邪魔にならない。パソコン仕事でも気にならない。人生の中でほとんど腕時計をつけてこなかった人間が、まさか24時間つけ続けることになるなんて。Mi Band 5では、心拍数、歩数の測定、そしてスマホと通信によって天気のチェックもできる。地味に便利なのがタイマー。調理中にスマホを出すのが面倒なときでもこれで時間を測れて大変便利。あとは電池もちがすごい。2週間以上充電しないでも使える。いやはや、スマートウォッチをなめてました、というかシャオミを甘くみていました。

高橋さんは今年からミテモの小田川さんと「ダイの大冒険」について毎週語るPodcastを始めています。

(4)トルティーヤは作れる!「とうもろこし粉1kg北海道産」

2018年は低温調理器、2019年はスケボーからサッカーのコーチへ、そして今年はFortnineにハマっていた乾さん。そんな中で今年のおすすめ商品は「とうもろこし粉」。かなり衝撃なチョイスですが、タコスを1から作るために購入したそうです。「トルティーヤ作る?どこから?」と某アイドルグループのようなサバイバル精神あふれるチョイスは乾さんらしくて最高でした。

本格的なタコスをいちから作って味わいたかったため、トルティーヤを作るために。よく売ってる小麦粉のトルティーヤよりトウモロコシ粉で作ったトルティーヤは断然おいしい。なぜタコスを作りたくなったかというと、Netflixの「タコスのすべて」を見て無性に食べたくなったため。

(5)おしゃれは部屋着から「ワコール 睡眠科学 シルクサテン 男性用 シャツパジャマ」

ミテモでインプロワークショップを展開する傍ら、今年は映像制作のプロマネや営業まで担当する何でも屋っぷりを発揮する堀さんのおすすめパジャマ。時々寝坊した堀さんがパジャマのうえに服を着て会議に出てくるのですが、何人の社員が気づいているのか!?

もともと肌が敏感で、季節の変わり目などでかゆくて寝苦しい日々を過ごしてきました。なので思い切ってシルクのパジャマを買おうと意気込み、半ば気合いで購入しました。袖を通してみて、驚愕の心地よさ!!自分の身体をあたたかな膜が包み込んでくれている、気分は繭の中です。肌への刺激も皆無で、非常に寝心地のいい日々を過ごせています。毎晩袖を通すたびにその心地よさにニヤけています。

(6)持ち歩ける頼れる相棒「MTG 骨盤サポートチェア Body Make Seat Style」

ミテモストアのセールスを担当する浅原さんのオススメは骨盤サポートチェア。3月末から早々にリモートワークに切り替わり、今年はほとんどを在宅勤務で過ごした結果、各自が家に作業環境を作る必要に迫られました。私も腰痛に悩まされているので、ぜひ購入を検討します!

リモートワークになって腰痛が慢性化しそうになり、かといって家具は増やしたくなかったので、いろいろ検討した結果こちらを購入しました。仕事の時は、木製の椅子に載せて使っています。腰をサポートしてくれるので姿勢がよくなるせいか、仕事終わりの腰痛は随分と楽になりました。オフタイムのオンライン勉強会では、ソファに移動して利用でき、重宝しています。

(7)ウィズコロナ時代のコミュニケーションツールに「クトゥルフ神話TRPGルールブック」

大学時代からインターン生としてミテモにジョインして、今年から新入社員として入社した大井さん。しっかり者として日々の業務を支えてくれる中、コンテンツへの強い愛情を見込んでeラーニングの教材制作を担当してもらっています。大井さん執筆のコンテンツ紹介もぜひご覧ください。

今年に入ってTRPGにドはまりしまして、ルールブックがあれば遊べると聞き購入しました。コロナ渦になって人とあってなかなか遊べない中でもLINEやdiscord、Zoomを使って通話して遊んでました。計算したら今年だけでのべ45人、50時間TRPGで遊んでました。人と対話しながらゲームができるので、このご時世だからこそおすすめの遊び道具です(笑)

(8)YouTubeデビューにオススメ?「KONOVA電動スライダー」

カメラマンのMさんのオススメは電動スライダー!今回のオススメ商品の中ではぴかいちで高めなこの商品。ちょっと本格的すぎるかもしれませんが、インタビュー映像を1人で作りたい人におすすめ?です

1オペでインタビュー2カメがとりたかったので、パララックスできる電動スライダーが欲しかった。一般的なものだと30万位するので、ものはためしに韓国メーカー買ったら値段のわりに静かでよかった。

(9)188件の注文からの至高の一品「Plugableドッキングステーション」

今年はリモートワークの導入から、自宅のデスク環境の整備が一つのトレンドになりました。特にケーブル周りの煩雑さはストレスのもと。そんなお悩みには飯田さんオススメのドッキングステーションをどうぞ!

在宅仕様でノートPCに外付けモニター2台の接続をするときに、この子が間に入ってくれてから色々安定しました。他にも有線LAN接続やらプリンタやらのケーブル類がスッキリまとまって、とても快適です。

(10)健康な朝はスムージーから「バーミックス ハンドブレンダー」

今年入社のおすぎさんのオススメはスムージーが作れる「バーミックス」!おすぎさんのロジカルな仕事っぷりを支えるのは毎朝のスムージー。横文字多めな投稿を支えるのもスムージー?

ウチはコストコ近いので、フローズンフルーツをよく買うのですが、フローズンのイチゴ、マンゴー、ブルーベリーとヨーグルト、ミルクを入れて、ハンドブレンダーでシェークして、毎朝スムージー飲んでます。氷とかを砕くパワーを持ってる(というかそれをOKしてる)メーカーはバーミックスくらいしかないので、重宝しています(以前違うメーカーのを使ってて、モーターが悲鳴あげて壊れた)

(11)年末自分を振返るための一冊「NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 新版」

ミテモのメンバーが自由に働くための制度つくりをしてくれている人事ユニットのリーダー、小藪さんのオススメは今年の一冊。読書会をきっかけに購入したものから、自分の価値観が変わるような体験となったそうです。年末年始の読書にぜひ!

ひとことでいうと自分の考え方や日常のとらえ方が変わる1冊だと思います。2019年の12月〜2月まで、飯田さんに誘われて、ティール組織×NVCの講座に参加。そこで講師をされていた今井さんが読書会をされるとのことで2020年5月から3か月の読書会に参加。この読書会に参加したことで、12月〜2月の学びも深まったうえに、自分自身の価値観や考え方にも影響がありました。なにより参加した方々と仲良くコミュニティが現在も続いていること、いろいろ相談しあえる仲間になったことが、本と読書会の値段以上の価値を私にもたらしてくれています。

(12)リモートワークから離れてスポーツ用品へ「NIKE ペガサス トレイル 2 GORE-TEX」

懸垂バーの写真で登場してもらった小田川さん。リモートワークでオフィス周りへの投資をしたらしいのですが、「リモートワークに関係ないものを出したい」ということで悩み抜いた末の一品。運動不足の解消のためにドラクエウォークを片手に、この靴を履いてウォーキングをしているそうです。

関西の人材開発仲間の皆さんと六甲山に登ることになって買いました。山登りが趣味なわけではないので、ガチの登山シューズを買うのは気が引けてしまい、ウォーキングやランニングに使えるタイプにしようと探した結果、この靴に辿り着きました。GORE-TEXなので小雨でも濡れにくいのが機能的な特徴です。標準の靴紐がオレンジ色で派手なので、普段も履きやすいように紐は黒に変更しました。今年は在宅ワークや自宅で過ごす時間を快適にするための買い物が多かった(他のメンバもそう言うものを挙げている人が多かった)のですが、そんな中で外に出るために買ったこのシューズが一番印象的な買い物でした。印象的と言えば、サイズとフィット感を試してみたいと思って表参道にあるNIKEショップに行ってみたところ、NIKEのスマホアプリを使って店内に展示されている商品のタグからバーコードを読み取って在庫を確認し、試着したいサイズを選んで、店員さんに持ってきてもらう密になりにくい新しい接客スタイルを体験することができました。

(13)農家ラバーおすすめの一品「川村養蜂場のはちみつ」

ミテモの農家ラバー平井さんからははちみつのオススメ!ミテモではいろいろな事業があるので、人によって業種が全然違うんですが私が家で教材を作っている中、平井さんは農家さんを回って話を聞いているらしい……?平井さんオススメの農家さんの商品は、社内でも人気で仲介して販売してもらってます。

ハチミツのクドさがない!すっきりとした甘さ!そして、個性豊かな花の香り!ここ、川村養蜂場のオーナーである川村さんは「みつばちたちは、同じ夢を持つ仲間」と言います。花々から蜜を採取し、巣でじっくりと熟成させて美味しいはちみつをつくってくれる1番の働きものであるみつばちたちが「みつばち社長」であり、快適に働ける環境づくりに勤めているのが人間であると。なんて素敵な職場や。きっと、こんな素敵な職場で働いているみつばちがつくるからこそ、美味しいはちみつなんだと思います。私のオススメは、バケットを焼いてはちみつをつけるシンプルな食べ方!

(14)おしゃれは足元から、どえれぇ歩きやすさをあなたに「オーダーインソール」

デザイナーのジミーさんからのおすすめは「オーダーインソール」。今年はリモートワークになった結果、整骨院に通い始め身体について考えることが多くなったそうです。そんな中で購入したオーダーインソール、「どえれえ」歩きやすいとのこと!メンテナンスにお金をかけようと思っている人はまずはここからどうでしょう?

最近通ってる整骨院の繋がりで、足の計測をしてオーダーインソールを注文。昨日物が上がってきて実際に装着して帰ったところ、どえれぇ歩きやすい。長年O脚で回内・歩き方が変な私ですが、本当にまっすぐ足が出て足首もよく動き、指もしっかり広げて地面をつかむ感覚がある。ビビる。コロナで体のメンテナンスにお金をかけるようになったけど、これは一番正解な気がする。同じブランドの同じサイズの靴なら使い回せるとのこと。

(15)やっぱり健康も足元から「極暖 足が出せるロングカバー」

デザイナーのSさんからは「極暖 足が出せるロングカバー」。今年の冬は例年と比べても寒さが厳しく、しかも在宅ワークで足元が冷えやすい。。。そんなあなたに生活のお供として、おすすめです!この投稿をみて早速社内で購入した人も。。

とにかく足元が冷えるから(重度の末端冷え性)なんかないかなと思い発見、即購入。足がだせるため日中はほこりがつくこともない。まじであったかい。ちなみにおだじんさんにもすすめたら買ってました!!!!!!

(16)かわいい、安い、使いやすい!3拍子揃ったメカニカルキーボード「Keychron K8 Wireless Mechanical Keyboard」

長くなりましたが、最後は私、小林の買ってよかったもの。今年はリモートワークになってデスクまわりに投資した1年でしたが、その中でもお気に入りの一品がメカニカルキーボード。音が大きめなので社内から多少のクレームをいただきましたが、ノイズキャンセルで対応しました笑

リモートワークになってMacbookProをクラムシェルモードで使うことが増えたので、外付けキーボードが必要になり購入しました。Macに対応したメカニカルキーボードが少ない中、ワイヤレス、Windowsにも対応、1万円を切る価格帯、と全ての条件にあった夢のキーボード。RGBモードで光るとまたかわいく、音も気持ちいい、ついつい打ちたくなるキーボードです。

以上、想像以上の長編となってしまいましたが、2020年買ってよかったもののご紹介でした!ミテモの個性豊かな面々の今年の一品。ぜひ年末のお買い物のご参考になれば幸いです。

来年も引き続きよろしくお願いいたします!

この記事が参加している募集

買ってよかったもの

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
「学びを3歩、未来にすすめる」 ミテモは、新しい「学び」を創造し続けるクリエイター・チームです。そんなミテモがみなさんに知ってほしい、面白がってほしい、議論してほしい、と思うことを発信していきます。 https://www.mitemo.co.jp/