MIHOCの読むトライアスロンレッスン
【後編】Heat adaptability…トライアスリートに暑熱順化のススメ
見出し画像

【後編】Heat adaptability…トライアスリートに暑熱順化のススメ

MIHOCの読むトライアスロンレッスン

※まずはMihoCのひとりごと(言い訳)にお付き合いくださいますか🥺💦

なんとなんとなんとぉーー!
MihoCの凡ミスにのり、【暑熱順化(後編)】をアップ済みと思っていたのに、アップできていなかった!という事件が起こっている現場でございます焦。焦りました…。しかし焦っても戻らない時間…季節は冬に。(笑)
ほんっとすみませせせせん!反省して以後気を付けますpekori

※ひとりごと謝罪、お付き合いありがとうございます。



今日は暑熱順化についてお話を。
文頭でも述べた通り、季節は冬になってしまったので、来年の初夏!に役立つように残しておきます!

では!後編をどうぞご覧ください!!

後編は、すぐに始められる暑熱順化トレーニングの方法をいくつかピックアップしてみようと思います。

まずは入浴

発汗を促して、汗腺を目覚めさせ、入浴時間は「発汗」に個人差があるため明確には言えませんが、じんわりと汗をかく時間が良いです。効果的な入浴はそれぞれありますが、ストレス解消や安眠を考慮すると40℃以下のお湯が良いです。寝る前だと温度は暑過ぎない方が良いですよね!炭酸ガスタイプの入浴剤は、温浴効果を高めます。10分で血流量が約4倍にもなり、40℃のお風呂に5分入ると、湯上り後10分で皮膚の表面温度が2℃上がります。

このように、温浴やサウナによって毎日汗を出すことでも効果がありますが、運動による発汗を促した方が効率的に早く達成します。

運動であれば、有酸素運動が有効的です。

ウォーキングやジョギングなどは衣服を調整することで、例えばこの時期の少しひんやりする朝夕の時間帯でも、汗をかく環境を計画的に作ることができ、より効果的に暑熱順化を促すことができます。

ポイントは、30分以上であるということと、毎日汗腺を目覚め続けるということです。2週間続けることで「暑熱順化」することができますので、あまりにも長い時間の運動を行って、翌日動けない…というよりかは、続けられる運動をまずは2週間継続させましょう!
消防士さんや剣道家の方々も、暑熱順化のトレーニングは行うそうですよ!

暑熱順化は2週間ほどで充分に効果を発揮するので、本当に暑くなってきて夏本番!という時期から逆算して取り組み始めましょうね!

脱水の予防も同時に行ってくださいね!
通常は喉が渇いた時点で軽度の脱水になっていることが多いので、炎天下ではもちろんのこと高気温や高湿度の時には、喉が渇く前に少量ずつの水分補給が大切です。私は、口の中が乾いたら一口飲みます。


今日は『暑熱順化』についてお話ししました。
一度暑さに順化しても、やめてしばらくすると、その効果は元に戻ってしまいます。そのため、一時期だけでなく、一年を通して、普段から汗をかく環境を作ることが大切です。暑さに負けず、高いパフォーマンスを発揮するために、今から暑さに強い体を作っておきましょう。


TRIMING代表
トライアスロンコーチ
MihoC


※『MihoCの読むトライアスロンレッスン』コツコツ配信します♩


#TRIATHLON  #TRIATHLONCOACH #IRONMAN #TRIMINGFAMILY #MihoC #SPECIALIZED #REEBOK #HiRIDGE #SWANS #WAHOO #KODA #SAYSKY #DOCTORAIR #aggressivedesign #和光ケミカル #KODA #NOMON

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よろしければシェアをお願いいたします。
MIHOCの読むトライアスロンレッスン
完全紹介制トライアスロンコミュニティ『TRIMING(トライミング)』代表。トライアスロンコーチ。競泳競技歴20年から会社員を経てトライアスロンへ転向。スイム・バイク・ランのコーチング、バイクフィッター。競技者、コーチとしてトライアスロンを安全に楽しむ普及活動を行なっています。