100円ショップで買える塩ビ板いろいろ

以前も別ブログ記事で投稿したと思いますが、noteでも書いてみます。

ヒートプレスを行う場合、私はPVCを素材にすることが多いです。PVCとはポリ塩化ビニール樹脂です。通称「塩ビ」。ホームセンター等でもPVCの板、いわゆる塩ビ板を購入することはできます。今回は100均で買える塩ビ板をいくつか紹介します。

ソフト(軟質)かハード(硬質)か?

ざっくり分けると、塩ビは硬質と軟質に分類できます。ヒートプレス向きなPVCは硬質PVCになります。

軟質な塩ビは、保険証や通帳を入れるケースやデスクマットなんかによく使われてますね。

画像1

画像2

柔らかい塩ビは、あまりヒートプレスには向きません。(あえて使用するケースもあるかもしれませんが…。)

厚みが必要なら「下じき」がおすすめ

厚みのある塩ビ板が欲しい場合は、PVC製の下敷きがおすすめです。

画像3

画像4

最近の下敷きは、再生PET製の製品も増えているので注意が必要です。再生PET素材をヒートプレスするのは苦労しますから…。

おすすめはハードタイプの大きめのカードケース

バランスがよいのは、硬質のカードケースでしょうか。できればA3くらいの大きなカードケースがコストパフォーマンスが高いです。

画像5

画像6

軟質なカードケースと間違えて買わないように注意が必要です。

塗装するならプラスチック製トランプも…

透明でなくてもOKならば、プラスチック製のトランプを使うという手もあります。

画像7

画像8

100均のトランプは、ジョーカー2枚込みで計54枚が多いと思います。同じ大きさの薄い塩ビ板が54枚手に入るのは、場合によっては非常に好都合かもしれません。ヒートプレスで使うと、型に印刷が写って汚れてしまいますけど…。

手芸用のバッグの底板などもPVC製が多いですかね。底板用は目盛り(マス目)が付いていたりするので、工作向きかもしれません。

他にもPVCを使った製品は多いので、探してみるのも面白いと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキを押して頂きありがとうございます!
14
フリースケールのミニチュアを作っています。主に食べ物のミニチュアを中心に、いろいろなミニチュアを製作します。作ったミニチュアの紹介やミニチュア作りに役立つ情報を発信予定。