なかがみ 美帆(アトリエみんほあん)
「答えのある問いばかりを教わってきた」私たちが、大切にしたい1つのこと
見出し画像

「答えのある問いばかりを教わってきた」私たちが、大切にしたい1つのこと

なかがみ 美帆(アトリエみんほあん)

水曜日の午後3時。
私は、テレビの前でうるうると瞳を濡らしていた。

悲しいニュースを見たわけでも、
感動のドラマを見ていたわけでもない。

YouTubeでたまたま出会った歌を聴いて、なんだかわからないけど、喉のあたりがキュッとした。

動画は、こちら。

1000人の18歳と、RADWIMPSが一緒に歌ってる。

すごい迫力。熱さが伝わってくる。
18歳、いいな。眩しい。2018年の動画らしい。

RADWIMPSのボーカル、野田洋次郎さんの声も歌も、歌詞もとても好き。

この動画の何がいいって、歌から伝わってくるエネルギーがすごい。18歳の真っ直ぐさに、目が離せない。
画面に映る子たちの表情が、心からのものであることが伝わって来て、めっちゃ眩しい。

好き。

「正解」というこの曲を、18歳の子達が歌うというのが、たまらない。

なんでこんなに響くんだろう

RADWIMPSの動画を見てウルウルしてしまった時、最初は、「コロナ以前の世界が眩しく見えて泣けてきちゃったのかな」なんて思った。
「人が集まる」「顔を出して話す」「みんなで歌を歌う」「触れ合う距離にいる」ってことが、極端に減ったからだ。

でも、たぶん違う。それだけじゃない。

18歳の子達の表情やエネルギーから、「熱中している」人たちのパワーを感じ取って、「いいな」「すごい」って気持ちが体に現れたんだと思う。

誰かを羨ましく思うような、自分にないものを渇望するような、そんな気持ちにも近い気がする。

自分は、まだまだやれる

私は今、36歳。この動画の子達の2倍生きています。
優しい夫に、イタズラ心の芽生えてきた4歳児と一緒に暮らしていて、日々の暮らしは穏やかです。仕事も、自分のしたいことをしています。幸せです。

でも、今回RADWIMPSの動画を見て「震えちゃった」理由を考えたときに、「ああ、自分はまだまだやれるって感じてるんだな」って思いました。

私が中学生だった頃、どこか「本気になるなんてカッコ悪い」みたいな風潮がありました。今となっては、「そんな価値観、自分がもったいないだけ」と思いますが、当時はお年頃。周りの目を気にすることが多かったです。

たとえば合唱コンクールでは、「男子がちゃんと歌わない!」「クラスがまとまらない!」なんてことは「あるある」でした。(もちろん、そうじゃないクラスもある)

私は、上手くはないけど歌うのは好きだったし、どうせやるなら、みんなと一生懸命やりたかった。でも、ああいうのって、「歌おうよ!!」って押し付けたってうまくいかない。
だから、みんなで一丸となって何かに取り組むことができるって、いいなって思ってました。いまだに、羨ましさを感じちゃう。

この動画で歌っている彼らは、応募して、選ばれて歌ってる。
「誰にも強制されずに」「自分がやりたいから」歌ってる。そして、喜びを感じながら、人の輪の中にいる。
その姿が、私には、めちゃくちゃ眩しい。かっこいい。

私は一人で過ごすのが大好きなんだけど、同時に、「人が集まった時のエネルギーみたいなもの」に憧れがあるのだ。

真っ直ぐに、本気でやりたいことをやる

私の中にある価値観として、
「やりたいことなら、本気でやりたい」

っていうのがあります。

でも、口で言うのは簡単だけど、「本気でやる」って難しい。

周りの目を気にしたり、うまくできずに落ち込んだりするかもしれないし、
途中で息切れしちゃうことだって、あると思う。

たとえば中学生だった私は、本当はもっと一生懸命に歌いたかったのに、周りの目を気にして、何か言われるのが怖くて、どこかブレーキをかけてしまってた。

そんな自分だからこそ、
私は、「がむしゃらになって取り組む」ことそのものに価値を感じる。
そういう人たちが集まることができたなら、奇跡に近いんじゃないか、なんて感じてしまう。

自分に嘘をつきたくない

「18祭」の動画に出てきた1000人の18歳の子達と、RADWIMPSは、私にはものすごく魅力的だ。
その瞬間を、本気で生きてる感じがする。喜びを感じながら。

ここまで書いてきて思うんだけど、「本気で生きる」って、どういうことなんだろう?

私自身は、「自分に嘘をつかない」ってこと
だと思ってる。
だから、起業3年目の今も、自分のその瞬間、瞬間の「自分」に、嘘をつかずに、正直に行動するように、心掛けている。

「制限時間は、あなたのこれからの人生」
野田さんの声が、頭の中で再生される。


気づけば、そろそろ、夫と息子が帰ってくる時間だ。

『正解』を聴きながら、ご飯を作ろう。

終わりに

RADWIMPS、元々「いいんですか?」を自分の結婚式の最後に流すくらいに「好きだなぁ」と思ってたんですが、今回の動画を見て、さらに好き度が増しました。

他の曲にはあまり詳しくないので、もしお好きな方がいたら、よかったらコメント欄からお声をかけてください。

オススメの曲、教えてほしいです!

(『万歳千唱』の「おーい、どーすんだよ!」って言ってるところも一緒に歌いたくなる感じで好きです)


「描けば、実現する」グラフィックレコーダー なかがみ美帆Websサイトはこちら

なかがみの無料メルマガはこちら
サービスの案内、SNSで書きにくいこと、ひとり起業に関する真面目な話、現在学んでいることについてなど、その時々で書きたいことを書いてます!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!嬉しいです。
なかがみ 美帆(アトリエみんほあん)
思い描いたことを、形にする。 チャレンジし続けたい人が、迷わず行動できる頭の中の見える化セッション、絵画・イラスト制作。 「一人ひとりの幸せが波紋のように広がって、世の中全体が豊かになる」と信じています。 コーチングプレイス認定コーチ、日本画制作歴17年、第39回日展入選。