不動産鑑定士試験/鑑定理論/継続賃料暗記レジュメ(H26改正を中心に)

はじめに

不動産鑑定士試験の受験生のみんなさん、こんにちは。税理士の井上幹康と申します。

私自身は、令和元年不動産鑑定士試験論文試験に合格しました。

ちなみに、TAC全国模試の成績は以下の通りです。

✔令和元年TAC全国模試(第1回) 全国3位(うち、演習は全国1位)

✔令和元年TAC全国模試(第2回) 全国7位(うち、演習は全国3位)

そこで、私が受験生の時に暗記用に自作したオリジナルレジュメのうち、継続賃料のレジュメを販売しております。継続賃料はH26改正項目の1つであり、令和元年の論文試験でも出題される可能性が高いとされていたのですが、結局出題はされませんでした。よって、令和2年以降の論文試験は引き続き出題される可能性が高い要注意項目だと思います。

レジュメ内容

継続賃料の暗記レジュメ(H26改正を中心に):PDF形式で2ページ

レジュメの出典元は基準、留意事項、実務指針です。特に総合的勘案事項の内容等H26改正の項目について、地代家賃別になぜその項目を勘案する必要があるかを実務指針から引用して作りました。

この続きをみるには

この続き:60文字

不動産鑑定士試験/鑑定理論/継続賃料暗記レジュメ(H26改正を中心に)

天気予報のできる理系税理士/不動産鑑定士試験合格者/井上幹康

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

はじめまして。ご訪問ありがとうございます。開業税理士の井上幹康と申します。

どうもありがとうございます。
1
群馬出身の理系税理士です。一匹狼、ひとり税理士(浦和支部)として活動してます。 事務所のホームページは以下になります。 URL:http://mikiyasuzeirishi.com 税理士試験や不動産鑑定士試験の受験相談サービスもを運営しております。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。