見出し画像

ラグビー日本代表のTL,TCL所属チームまとめ ~ 数字で見るRWC日本代表(その4)

ラグビーワールドカップ2019日本大会に登録されている日本代表選手は、全員がトップリーグ(TL)、トップチャレンジリーグ(TCL)のチームに所属しています。

トップリーグ、トップチャレンジリーグ

正式名称は「ジャパンラグビートップリーグ(略称:TL)」「ジャパンラグビートップチャレンジリーグ(略称:TCL)」で、TCLはTLの下位リーグ的なポジションです。
年によってチーム数やルールが変わりますが、2019-2020シーズンはTLが16チーム、TCLが8チームで編成されます。

例年は晩夏または初秋に始まるTL、TCLですが、2019年はラグビーワールドカップイヤーということでスケジュールを変更しての開催です。

ジャパンラグビートップリーグ
■日程
2020/1/18(土) ~ 2019/5/9(土)
■参加チーム
 ・NECグリーンロケッツ
 ・NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
 ・NTTドコモレッドハリケーンズ
 ・キヤノンイーグルス
 ・クボタスピアーズ
 ・神戸製鋼コベルコスティーラーズ
 ・サントリーサンゴリアス
 ・東芝ブレイブルーパス
 ・トヨタ自動車ヴェルブリッツ
 ・パナソニック ワイルドナイツ
 ・日野レッドドルフィンズ
 ・Honda HEAT
 ・三菱重工相模原ダイナボアーズ
 ・宗像サニックスブルース
 ・ヤマハ発動機ジュビロ
 ・リコーブラックラムズ

ジャパンラグビートップチャレンジリーグ
■日程
2019/11/15(金) ~ 2019/1/19(日)
■参加チーム
・釜石シーウェイブスRFC
・栗田工業ウォーターガッシュ
・清水建設ブルーシャークス
・豊田自動織機シャトルズ
・近鉄ライナーズ
・マツダブルーズーマーズ
・コカ・コーラレッドスパークス
・九州電力キューデンヴォルテクス

所属チームで見る日本代表

日本代表メンバは、TLの12チームと、TCLの2チームに所属しています。

TL 最多チームは、パナソニックワイルドナイツの6人。PR稲垣選手・ヴァル選手、HO堀江選手が在籍。日本代表のスクラムの要第一列を支えている、パナソニックワイルドナイツ。

画像1

ジャパンラグビートップチャレンジリーグ

画像2

ジャパンラグビートップリーグ

画像3

画像4

(C)ジャパンラグビートップリーグ

スーパースターに会いに行こう

ラグビーの普及、ファン・観戦者増を目的に、TL、TCLでは様々な取り組みを行っています。その1つが試合後の挨拶。RWC2019で話題になったお辞儀の後に、観客との握手やファンサービスが行われる試合が多いです(観客の安全、会場の形態によります。詳細は試合前に発表されます)。チャンスがあれば、サインをもらったり写真を撮れることも。
(下の写真は、パナソニックワイルドナイツの試合の時に田中選手に撮っていただきました)

画像5

ぜひTL、TCLに応援に行きましょう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Thank you!
11
ラグビーNote、Facebookページ「ラグビーに恋して ~ Beyond 2019」運営。ラグビー専門ライターとしての活動をしました。ラグビー読書会<みん読ラグビー>主宰。2019年ラグビーW杯て沸いたラグビー人気の定着に向けて活動すべく仲間や支援者を募集中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。