coeur / クール michiko ueda

ハットブランドcoeur /クールのデザイナー・帽子職人。帽子のことばかり考えている私の… もっとみる

coeur / クール michiko ueda

ハットブランドcoeur /クールのデザイナー・帽子職人。帽子のことばかり考えている私の帽子にまつわる「コバナシ」を不定期に書いています。  今年でブランド設立30周年です。 https://coeur-chapeau.jp/

ストア

  • 商品の画像

    がん患者向けケア帽子 coeur mon coeur 2023 A/W ウールガーゼハット 予約販売10/5スタート

    【特徴】帽子のシルエットにボリューム感=ふくらみを保つので、脱毛による頭のボリュームの減少を感じさせません。帽子の内側には、洗いをかけた柔らかなリボンを使用することで、地肌への負担を軽減。サイズを調整出来るように、内側に紐が入っています。グレージュ、カーキ、ブラックの3色。【サイズ】1(56-59cm)/ 2(59.5-61cm)【素材】表地:ウール100% 裏地:綿100%【品番】MO23201【原産国】日本■10月発売予定/予約販売がん患者向けケア帽子<coeur mon coeur(モンクール) >を今秋発売予定。お悩みのある皆様へ、一人でも多くのかたに届きますように。■ブランドコンセプト一つの経験を通し、今と未来の為に出来ることを。coeur=心mon coeur=私の心これは私の闘いです。自身の癌の発見、そして闘病生活を経験し、自分と同じく癌と闘う人にとって、自分の出来ることを考えました。闘病生活の中、闘わなければいけない髪が抜けるということ。必ず対峙しなければいけない。その辛さは、体験して初めて感じます。闘病用のケア帽子もありますが、それはあまりにも選択肢が少ない現状。帽子職人として、そして一つの経験をした人間として、出来ることを探しました。人生は続く。過去を経て今を生き、未来を生きていくもの。お洒落を楽しむということは、誰にもに与えられた平等。諦めないで欲しい、どんな時も楽しむということを。私が出した答えは、今を楽しみ、未来をも楽しむ為の帽子を生み出すこと。経験したからこそ気付けることがあります。肌に直に当たるからこその素材への配慮、通常の帽子ではフォローすることが出来ない後頭部への配慮など。そして、闘病を終えても違和感なく日常で楽しめる帽子を作りました。あくまでもcoeur の血を受け継ぐ帽子たち。全ての人たちに手に取っていただけるようにしました。自分と同じように闘う方々にたくさん出会いました。主治医の先生からも、自分と同じ経験をしている人たちに、お洒落を楽しむということを諦めないでいい帽子を是非作って欲しいと背中を押していただきました。自分と同じ境遇の方に似合うものはと考え抜いた帽子たちを届けます。自分自身に必要なもの。それがより多くの人たちが、笑顔になるきっかけであって欲しい。mon coeur は、「私の心」に灯した炎。決して消えることのない私の願いです。Michiko Ueda※納期は前後する場合がございます。
    ¥19,800
    coeur
  • 商品の画像

    がん患者向けケア帽子 coeur mon coeur 2023 A/W ウールガーゼハット 予約販売10/5スタート

    【特徴】帽子のシルエットにボリューム感=ふくらみを保つので、脱毛による頭のボリュームの減少を感じさせません。帽子の内側には、洗いをかけた柔らかなリボンを使用することで、地肌への負担を軽減。サイズを調整出来るように、内側に紐が入っています。ベージュチェック、グリーンチェック、ネイビーチェックの3色。【サイズ】1(56-59cm)/ 2(59.5-61cm)【素材】表地:ウール100% 裏地:綿100%【品番】MO23201【原産国】日本■10月発売予定/予約販売がん患者向けケア帽子<coeur mon coeur(モンクール) >を今秋発売予定。お悩みのある皆様へ、一人でも多くのかたに届きますように。■ブランドコンセプト一つの経験を通し、今と未来の為に出来ることを。coeur=心mon coeur=私の心これは私の闘いです。自身の癌の発見、そして闘病生活を経験し、自分と同じく癌と闘う人にとって、自分の出来ることを考えました。闘病生活の中、闘わなければいけない髪が抜けるということ。必ず対峙しなければいけない。その辛さは、体験して初めて感じます。闘病用のケア帽子もありますが、それはあまりにも選択肢が少ない現状。帽子職人として、そして一つの経験をした人間として、出来ることを探しました。人生は続く。過去を経て今を生き、未来を生きていくもの。お洒落を楽しむということは、誰にもに与えられた平等。諦めないで欲しい、どんな時も楽しむということを。私が出した答えは、今を楽しみ、未来をも楽しむ為の帽子を生み出すこと。経験したからこそ気付けることがあります。肌に直に当たるからこその素材への配慮、通常の帽子ではフォローすることが出来ない後頭部への配慮など。そして、闘病を終えても違和感なく日常で楽しめる帽子を作りました。あくまでもcoeur の血を受け継ぐ帽子たち。全ての人たちに手に取っていただけるようにしました。自分と同じように闘う方々にたくさん出会いました。主治医の先生からも、自分と同じ経験をしている人たちに、お洒落を楽しむということを諦めないでいい帽子を是非作って欲しいと背中を押していただきました。自分と同じ境遇の方に似合うものはと考え抜いた帽子たちを届けます。自分自身に必要なもの。それがより多くの人たちが、笑顔になるきっかけであって欲しい。mon coeur は、「私の心」に灯した炎。決して消えることのない私の願いです。Michiko Ueda※納期は前後する場合がございます。
    ¥19,800
    coeur
  • 商品の画像

    がん患者向けケア帽子 coeur mon coeur 2023 A/W ウールバケットハット&ニット 予約販売10/5スタート

    【特徴】ウール素材のバケットハットを着けることで、フィット感を増した新しい提案の帽子です。ニット部分が生え際の脱毛部分を隠し、つばの後ろを少し広くすることで、気になる部分をあらゆる角度でカバー。質感は起毛した中肉厚のウール生地で、寒い冬の野外でも温かく、保温性を維持します。ニット部分の素材には、アクリルコットンを使用することで、ニット特有のチクチクすることを最小限に抑えました。グレー×ブラック、ブラック×ブラックの2色。【サイズ】1(56-59cm)/ 2(59.5-61cm)【素材】本体生地:毛70% ポリエステル18% ナイロン7% アクリル5%本体裏地:綿100%ニット部分:アクリル50% 綿50%【品番】MO23202【原産国】日本■10月発売予定/予約販売がん患者向けケア帽子<coeur mon coeur(モンクール) >を今秋発売予定。お悩みのある皆様へ、一人でも多くのかたに届きますように。■ブランドコンセプト一つの経験を通し、今と未来の為に出来ることを。coeur=心mon coeur=私の心これは私の闘いです。自身の癌の発見、そして闘病生活を経験し、自分と同じく癌と闘う人にとって、自分の出来ることを考えました。闘病生活の中、闘わなければいけない髪が抜けるということ。必ず対峙しなければいけない。その辛さは、体験して初めて感じます。闘病用のケア帽子もありますが、それはあまりにも選択肢が少ない現状。帽子職人として、そして一つの経験をした人間として、出来ることを探しました。人生は続く。過去を経て今を生き、未来を生きていくもの。お洒落を楽しむということは、誰にもに与えられた平等。諦めないで欲しい、どんな時も楽しむということを。私が出した答えは、今を楽しみ、未来をも楽しむ為の帽子を生み出すこと。経験したからこそ気付けることがあります。肌に直に当たるからこその素材への配慮、通常の帽子ではフォローすることが出来ない後頭部への配慮など。そして、闘病を終えても違和感なく日常で楽しめる帽子を作りました。あくまでもcoeur の血を受け継ぐ帽子たち。全ての人たちに手に取っていただけるようにしました。自分と同じように闘う方々にたくさん出会いました。主治医の先生からも、自分と同じ経験をしている人たちに、お洒落を楽しむということを諦めないでいい帽子を是非作って欲しいと背中を押していただきました。自分と同じ境遇の方に似合うものはと考え抜いた帽子たちを届けます。自分自身に必要なもの。それがより多くの人たちが、笑顔になるきっかけであって欲しい。mon coeur は、「私の心」に灯した炎。決して消えることのない私の願いです。Michiko Ueda
    ¥22,000
    coeur
  • 商品の画像

    がん患者向けケア帽子 coeur mon coeur 2023 A/W ウールガーゼハット 予約販売10/5スタート

    【特徴】帽子のシルエットにボリューム感=ふくらみを保つので、脱毛による頭のボリュームの減少を感じさせません。帽子の内側には、洗いをかけた柔らかなリボンを使用することで、地肌への負担を軽減。サイズを調整出来るように、内側に紐が入っています。グレージュ、カーキ、ブラックの3色。【サイズ】1(56-59cm)/ 2(59.5-61cm)【素材】表地:ウール100% 裏地:綿100%【品番】MO23201【原産国】日本■10月発売予定/予約販売がん患者向けケア帽子<coeur mon coeur(モンクール) >を今秋発売予定。お悩みのある皆様へ、一人でも多くのかたに届きますように。■ブランドコンセプト一つの経験を通し、今と未来の為に出来ることを。coeur=心mon coeur=私の心これは私の闘いです。自身の癌の発見、そして闘病生活を経験し、自分と同じく癌と闘う人にとって、自分の出来ることを考えました。闘病生活の中、闘わなければいけない髪が抜けるということ。必ず対峙しなければいけない。その辛さは、体験して初めて感じます。闘病用のケア帽子もありますが、それはあまりにも選択肢が少ない現状。帽子職人として、そして一つの経験をした人間として、出来ることを探しました。人生は続く。過去を経て今を生き、未来を生きていくもの。お洒落を楽しむということは、誰にもに与えられた平等。諦めないで欲しい、どんな時も楽しむということを。私が出した答えは、今を楽しみ、未来をも楽しむ為の帽子を生み出すこと。経験したからこそ気付けることがあります。肌に直に当たるからこその素材への配慮、通常の帽子ではフォローすることが出来ない後頭部への配慮など。そして、闘病を終えても違和感なく日常で楽しめる帽子を作りました。あくまでもcoeur の血を受け継ぐ帽子たち。全ての人たちに手に取っていただけるようにしました。自分と同じように闘う方々にたくさん出会いました。主治医の先生からも、自分と同じ経験をしている人たちに、お洒落を楽しむということを諦めないでいい帽子を是非作って欲しいと背中を押していただきました。自分と同じ境遇の方に似合うものはと考え抜いた帽子たちを届けます。自分自身に必要なもの。それがより多くの人たちが、笑顔になるきっかけであって欲しい。mon coeur は、「私の心」に灯した炎。決して消えることのない私の願いです。Michiko Ueda※納期は前後する場合がございます。
    ¥19,800
    coeur
  • 商品の画像

    がん患者向けケア帽子 coeur mon coeur 2023 A/W ウールガーゼハット 予約販売10/5スタート

    【特徴】帽子のシルエットにボリューム感=ふくらみを保つので、脱毛による頭のボリュームの減少を感じさせません。帽子の内側には、洗いをかけた柔らかなリボンを使用することで、地肌への負担を軽減。サイズを調整出来るように、内側に紐が入っています。ベージュチェック、グリーンチェック、ネイビーチェックの3色。【サイズ】1(56-59cm)/ 2(59.5-61cm)【素材】表地:ウール100% 裏地:綿100%【品番】MO23201【原産国】日本■10月発売予定/予約販売がん患者向けケア帽子<coeur mon coeur(モンクール) >を今秋発売予定。お悩みのある皆様へ、一人でも多くのかたに届きますように。■ブランドコンセプト一つの経験を通し、今と未来の為に出来ることを。coeur=心mon coeur=私の心これは私の闘いです。自身の癌の発見、そして闘病生活を経験し、自分と同じく癌と闘う人にとって、自分の出来ることを考えました。闘病生活の中、闘わなければいけない髪が抜けるということ。必ず対峙しなければいけない。その辛さは、体験して初めて感じます。闘病用のケア帽子もありますが、それはあまりにも選択肢が少ない現状。帽子職人として、そして一つの経験をした人間として、出来ることを探しました。人生は続く。過去を経て今を生き、未来を生きていくもの。お洒落を楽しむということは、誰にもに与えられた平等。諦めないで欲しい、どんな時も楽しむということを。私が出した答えは、今を楽しみ、未来をも楽しむ為の帽子を生み出すこと。経験したからこそ気付けることがあります。肌に直に当たるからこその素材への配慮、通常の帽子ではフォローすることが出来ない後頭部への配慮など。そして、闘病を終えても違和感なく日常で楽しめる帽子を作りました。あくまでもcoeur の血を受け継ぐ帽子たち。全ての人たちに手に取っていただけるようにしました。自分と同じように闘う方々にたくさん出会いました。主治医の先生からも、自分と同じ経験をしている人たちに、お洒落を楽しむということを諦めないでいい帽子を是非作って欲しいと背中を押していただきました。自分と同じ境遇の方に似合うものはと考え抜いた帽子たちを届けます。自分自身に必要なもの。それがより多くの人たちが、笑顔になるきっかけであって欲しい。mon coeur は、「私の心」に灯した炎。決して消えることのない私の願いです。Michiko Ueda※納期は前後する場合がございます。
    ¥19,800
    coeur
  • 商品の画像

    がん患者向けケア帽子 coeur mon coeur 2023 A/W ウールバケットハット&ニット 予約販売10/5スタート

    【特徴】ウール素材のバケットハットを着けることで、フィット感を増した新しい提案の帽子です。ニット部分が生え際の脱毛部分を隠し、つばの後ろを少し広くすることで、気になる部分をあらゆる角度でカバー。質感は起毛した中肉厚のウール生地で、寒い冬の野外でも温かく、保温性を維持します。ニット部分の素材には、アクリルコットンを使用することで、ニット特有のチクチクすることを最小限に抑えました。グレー×ブラック、ブラック×ブラックの2色。【サイズ】1(56-59cm)/ 2(59.5-61cm)【素材】本体生地:毛70% ポリエステル18% ナイロン7% アクリル5%本体裏地:綿100%ニット部分:アクリル50% 綿50%【品番】MO23202【原産国】日本■10月発売予定/予約販売がん患者向けケア帽子<coeur mon coeur(モンクール) >を今秋発売予定。お悩みのある皆様へ、一人でも多くのかたに届きますように。■ブランドコンセプト一つの経験を通し、今と未来の為に出来ることを。coeur=心mon coeur=私の心これは私の闘いです。自身の癌の発見、そして闘病生活を経験し、自分と同じく癌と闘う人にとって、自分の出来ることを考えました。闘病生活の中、闘わなければいけない髪が抜けるということ。必ず対峙しなければいけない。その辛さは、体験して初めて感じます。闘病用のケア帽子もありますが、それはあまりにも選択肢が少ない現状。帽子職人として、そして一つの経験をした人間として、出来ることを探しました。人生は続く。過去を経て今を生き、未来を生きていくもの。お洒落を楽しむということは、誰にもに与えられた平等。諦めないで欲しい、どんな時も楽しむということを。私が出した答えは、今を楽しみ、未来をも楽しむ為の帽子を生み出すこと。経験したからこそ気付けることがあります。肌に直に当たるからこその素材への配慮、通常の帽子ではフォローすることが出来ない後頭部への配慮など。そして、闘病を終えても違和感なく日常で楽しめる帽子を作りました。あくまでもcoeur の血を受け継ぐ帽子たち。全ての人たちに手に取っていただけるようにしました。自分と同じように闘う方々にたくさん出会いました。主治医の先生からも、自分と同じ経験をしている人たちに、お洒落を楽しむということを諦めないでいい帽子を是非作って欲しいと背中を押していただきました。自分と同じ境遇の方に似合うものはと考え抜いた帽子たちを届けます。自分自身に必要なもの。それがより多くの人たちが、笑顔になるきっかけであって欲しい。mon coeur は、「私の心」に灯した炎。決して消えることのない私の願いです。Michiko Ueda
    ¥22,000
    coeur
  • もっとみる

最近の記事

「抗がん剤治療の脱毛の悩みをファッションで和らげること。」そして私の闘病日記(1) アトリエ移転と自分へのヘアドネーション

帽子を作り続けて今年で30年になります。 そんな私も毎日向き合ってきた帽子から、離れた期間がありました。それは乳がんの手術とその後でした。 自らの癌を、入浴時に気づいたときから 病気と向き合う事が始まりました。 主治医から告げられる詳細な説明。 家族の落胆の様子はまるで夢でも見ている感覚でした。今までとは違う世界に足を踏み入れたかのようなフワフワとした緊張感が私を包んでいました。 冷静になるには数日かかりました。 そして私はまず、仕事場である芝川ビル(大阪船場にある歴史的

    • 最初に帽子をかぶった人は誰?

      帽子はいつ生まれたのだろう? あたまの上にかぶるものはいろいろある 時代を遡れば紀元前まで行ってしまうが、ここではいわゆる帽子と認識できるものとして 誰が1番最初に作ったのだろう? 初めての素材で、はじめて作った人が きっと1番最初にかぶってみたはず。 それはとても勇気がいっただろうなあ どんなにドキドキしたことか! はじめてって、どんなことにもあるけれど 今まで、こんなに長く帽子を作ってきたけど 初めてフェルトで帽子を作ってかぶった人や、初めて麦わら帽子をかぶった

      • 帽子にまつわるコバナシ vol.2 「つながりを感じる時」

        秋は帽子のお洒落を楽しめる大好きな季節でもあります。 先日まで開催していた梅田阪神本店のイベントで、私は久しぶりに店頭に立ち接客をさせていただきました。 体調不良から芝川ビルのお店を閉めて、もうずいぶんと接客から離れていましたから本当に久しぶりでした。今日しみじみと感じたのは「帽子とお客様の繋がり」です。 帽子は服と違って、絶対になくてはならないものではありません。 昔はね、そんな時代もありました。その頃に帽子屋だったら良かったのに、、とは良く思いますが、今はその話では

        • 帽子にまつわるコバナシのはじまり

          はじめまして、帽子デザイナーのMichikoです。 帽子を作り続けて気が付くと来年で30年になるなんて! 本当にあっという間で、まだまだ作り足りないと思ってしまう。 あまり今まで、帽子のことや製作にまつわることなどお話してこなかったのですが、オンラインショップのブログをきっかけに コバナシ(お話)としてnoteでも書いていくことになりました。 coeurの帽子持ってる!という方も、お父さんが持ってるという方も、ご存じない方もいらっしゃるかと思います。ブランドを長くやってい

        「抗がん剤治療の脱毛の悩みをファッションで和らげること。」そして私の闘病日記(1) アトリエ移転と自分へのヘアドネーション