見出し画像

YouTubeのアカウント作成(チャンネル開設)方法をまとめてみました!

こんにちは!メディアエクシードです。

ここ数年、全世界にて影響力のあるYouTube、その中でも様々な企画を考え世界に発信するYouTubeのクリエイター、通称"YouTuber"が大注目されていますね。
そんな活躍を目の当たりにし、YouTubeを始めている企業も増えてきていますよね。そのくらい今YouTubeがアツく、影響力が大きくなってきています。
本日はYouTubeを始めたいけどわからない、面倒くさそうだなと感じている企業のWeb担当者の方へ向けて、YouTubeのアカウント作成(チャンネル開設)の方法(少しだけ企業のYouTube広告運用について)をご紹介していきます!

1.まずはGoogleアカウントの作成方法から

YouTubeは現在、Googleが提供しているサービスとなっているので、動画投稿だけでなく、コメントやチャンネル登録の際にもGoogleアカウントの作成が必要となります。
アカウントを作成するとYouTubeの機能を利用することができるので、「見るだけで十分」という方にもアカウントの作成をオススメします!

1-1.YouTubeからログインを選択
まずはインターネットブラウザでYouTubeにアクセスしてください。
アクセスした後、画面右上のログインを選択してください。

画像1


1-2.アカウントを作成を選択
すでにGoogleアカウントをお持ちの方はメールアドレス、パスワードを入力しログインしてください。
その場合はGoogleアカウント作成の手順は必要ございません、
アカウントをお持ちでない方は左下の「アカウントを作成」を選択してください。
今回は作成として進めていきます。

画像2

1-3.作成に必要な情報を入力していきます。
ここからは画面の指示に従い、作成に必要な情報を入力してください。

画像3

1-4.プライバシーポリシーと利用規約を読んで同意できるようであれば同意するを押します。
入力が進むと最後に利用規約に関する表示があるので、同意できるようであれば「同意する」を押すと完了です。

画像4

Googleアカウントの作成が完了致しました!
先ほどのYouTubeの画面右上が「ログイン」からGoogleアカウントのアイコンに変更されていればログインしている状態となります。

画像5

これでGoogleアカウントからYouTubeへのログインが可能になりました。
Googleアカウントを作りYouTubeと連携させるとどのようなメリットがあるか少しご紹介させてください。

・チャンネルが作成できる
こちらは次のセクションで詳しく方法をご紹介しますが、YouTubeで動画を投稿するにはチャンネルが必須です。
Googleアカウントにログインすることでそのチャンネルを作成することができます。

・視聴した動画の履歴が残る
デメリットともとられるかもしれませんが、繰り返し見たい動画を探したりする際にはとても便利ですし、次にご紹介するメリットともつながりがあります。

・あなたにおすすめの動画が表示される
視聴した動画からYouTubeが関心があると思われる動画を検出し表示してくれます。お笑いの動画を見たのであれば、お笑いの動画が多く表示されるといったように、視聴した動画の本数が多いほどおすすめの精度が高くなってきます。

・評価、コメントができるようになる
好きな動画を高評価したり、動画にコメントを残したりすることが可能になります。人気なYouTuberですとコメントに返答する動画があり、コメントを残してみたいと思った方もいるのではないでしょうか。

以上がアカウントにログインした際に可能になることです。
次はそのメリットでもご紹介させて頂いた、チャンネル開設の方法を説明していきたいと思います!

2.YouTubeチャンネルの開設方法

ここからは、実際に動画を投稿するために必要な
YouTubeチャンネルの開設方法をご紹介していきます。

2-1.チャンネルを作成を選択
Googleアカウントにログインした状態で、アイコンをクリックするとメニューが表示されますので、そこからチャンネル作成を選択してください。

画像7


2-2.自分のGoogleアカウントを用いてチャンネルとするか、
新しくチャンネル名を作って開設するか選択

自分のGoogleアカウントを用いてそのままチャンネルとするか、
新しくチャンネルを作成するかを選択します。
企業のチャンネルとするので、ここではカスタム名の方を選択して進めていきます。

画像12

2-3.チャンネル名を入力
ここでチャンネル名を入力しましょう。
こちらで入力した名前が世界に広まっていきます。
チャンネル名は後で変更可能です。

画像7

2-4.プロフィール写真、チャンネル概要等設定する
チャンネルのプロフィール画像、チャンネルに対する説明を入力します。
こちらはスキップすることも、後で変更することも可能です。

画像8

画像9

情報を入力するか、スキップすればチャンネルの完成です!

画像10

3.YouTubeチャンネル開設のメリット

これでYouTubeチャンネルの開設ができたわけですが、
「企業でYouTubeチャンネルを開設することにメリットってあるの?」
と、疑問に思っている方に、企業のYouTubeチャンネルで動画を投稿した際のメリットをいくつがご紹介していきます。

・宣伝効果が期待できる
現在、幅広い世代に利用されているYouTube、
これを利用すれば、幅広い世代、世界中のユーザーに企業の宣伝ができます。
動画コンテンツは一度作って投稿してしまえばそれが資産となります。
YouTubeでみた商品などをネットで検索されたり、YouTubeでの検索流入を狙うことができます。

・動画なので情報量が多く詰め込める
動画での宣伝を行うと、バナーやチラシ、テキストだけでの説明よりもはるかにわかりやすく、伝えられる情報を多くすることが可能です。

・YouTubeの広告運用でブランド認知も狙える
ここでは詳しく説明しませんが、YouTubeに「TrueView」という広告があります。ターゲットを絞って広告動画を配信することが可能かつ、費用対効果も高いので、チャンネルを作成し広告動画を配信する企業も多くなってきました。

以上が企業のYouTubeチャンネル作成のメリットとなります。

合わせて、YouTube広告について知りたいという方はこちらをご覧ください。

4.YouTubeのアカウントの作成方法|まとめ

いかがでしょうか。
今回はYouTubeアカウントの作成、YouTubeチャンネルの開設方法についてまとめてみました。
しかし、チャンネルは作れても動画を作る技術も知識も時間もない、企業では動画を運営するリソースがない、そんな方にオススメなのが、
弊社のYouTubeチャンネル運用代行サービスです。
チャンネル開設はもちろんのこと動画撮影、編集、アップロードまでを一括してプロデュースいたします。

📍 YouTubeチャンネル運用代行サービスについて

弊社のYouTubeチャンネル運営代行サービスは、事前にクライアント様が抱える課題や要望等のヒアリングを行い、

「どのような動画をいつまでに何本制作して投稿すれば良いのか。」

など細かな市場調査と合わせて分析し、持続的な戦略をご提案いたします。

YouTubeチャンネル開設・動画制作に必要な戦略や流れをもとに、 コンセプトや目標を明確化し、予算に合わせた運営を開始します。

また、動画制作のみを弊社にご依頼いただいているクライアント様も多く、タイトルや説明文、 サムネイルの最適化などチャンネルの立ち上げにおいて必要な設定も、 YouTubeマーケティングの知見を活かしサポートいたします。

・YouTubeで情報発信したい
・YouTube SEOを行いたい
・自社サービスの集客につなげたい
・ワンストップで依頼したい

このような方は、 YouTubeチャンネル運用代行サービスをお勧めします。

気になる料金プランですが、クライアント様のご予算とサービス規模に応じて、最適かつ効果的な動画制作プランをご提案させていただきます。

WEBメディアで培った知見をフルに活用した弊社の「動画マーケティング戦略」によって徹底的にサポートいたします。

ご参考までに各サービスの料金プランをご覧ください。

画像13

詳しい料金の見積や、YouTubeチャンネル運用をお考えのWeb担当者様はぜひ弊社にお問い合わせください。

note_無料相談はこちら_ボタン_ロゴ文字黒


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
他にもたくさんの記事がありますので、ぜひご覧くださいね💁
24
デジタルマーケティング事業を営む「株式会社メディアエクシード」の公式マガジンです! WEB集客サービス・IT業界の採用情報・社内行事を中心に発信していきます。 弊社のサービスページはこちらからご覧ください。https://mediaexceed.co.jp/service/

こちらでもピックアップされています

YouTube,SNS マーケティング|メディアエクシード
YouTube,SNS マーケティング|メディアエクシード
  • 14本

弊社のYouTube,SNS マーケティングに関する記事をまとめるマガジン。集客サービスについては、こちらをご覧ください。https://mediaexceed.co.jp/service/

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。