プレゼンテーション2

「ロッキング・オンの時代」新聞書評揃う。

 2017年2月19日の朝日新聞で宮沢章夫さんが書評を書いてくれました。同日、日経新聞にも橘川のインタビュー書評が掲載。これで、1月31日の読売新聞と合わせ、三大紙クリアー(笑)。

日経新聞の書評、丁寧にまとめてもらったが、最後の「新しい挑戦を求め続けるのは楽しいんだ」という箇所は「技術も経験もなくても、ゼロから一を作る喜びを若い世代に感じてもらいたい」というような趣旨。まあ、新聞なので、分かりにくいロジックは嫌なんだろうが、単なる挑戦なんか意味ないと思うし(笑)

追伸

週刊読書人でも、書評が掲載されました。



この続きをみるには

この続き: 0文字
記事を購入する

「ロッキング・オンの時代」新聞書評揃う。

橘川幸夫

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

橘川幸夫の無料・毎日配信メルマガやってます。https://note.com/metakit/n/n2678a57161c4

あんがと。
6
参加型社会一筋

こちらでもピックアップされています

橘川幸夫(思考note)+YAMI大学・深呼吸学部
橘川幸夫(思考note)+YAMI大学・深呼吸学部
  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

参加型メディア一筋。メディアの活動家、橘川幸夫が体験した中で感じたこと、考えてきたことをベースに、時代のシーンに対して考察します。月額1000円。★since 2016/04 ●2020年8月から、YAMI大学・深呼吸学部のZoom講義を行います。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。