プレゼンテーション2

「ロッキング・オンの時代」新聞書評揃う。

 2017年2月19日の朝日新聞で宮沢章夫さんが書評を書いてくれました。同日、日経新聞にも橘川のインタビュー書評が掲載。これで、1月31日の読売新聞と合わせ、三大紙クリアー(笑)。

日経新聞の書評、丁寧にまとめてもらったが、最後の「新しい挑戦を求め続けるのは楽しいんだ」という箇所は「技術も経験もなくても、ゼロから一を作る喜びを若い世代に感じてもらいたい」というような趣旨。まあ、新聞なので、分かりにくいロジックは嫌なんだろうが、単なる挑戦なんか意味ないと思うし(笑)

追伸

週刊読書人でも、書評が掲載されました。



この続きをみるには

この続き:0文字
記事を購入する

「ロッキング・オンの時代」新聞書評揃う。

橘川幸夫

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

僕のテキストは誰に頼まれて書いたわけでもない、自分の意志でテーマを選び書いています。サポートしてくださる方は「時代からの原稿料」と思っています。いいねえ、すべて、の原稿料や商品代金が、こういうサポートになればよいのに。

幸い多し。
5
参加型社会一筋
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。