水平生活者


今後、全人口数に対する老人の比率が高まる。いわゆる「寝たきり老人」も増える。病気だけではなく、定年になって、社会との接点がなくなってしまったサラリーマンで、一日、パジャマのままでゴロゴロしている人は、想像だが多そうだ。社会生活は人類が直立したことによって手足を使い、その結果、頭脳が刺激されて知恵が生まれたという説がある。寝たきりになると、退行するのかも。健全な生活を「垂直スタイル」とすると、寝たきりの状態を「水平スタイル」と言えるだろう。垂直から水平へのパラダイムシフトが起きるのか(笑)

この続きをみるには

この続き:412文字
記事を購入する

水平生活者

橘川幸夫

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

僕のテキストは誰に頼まれて書いたわけでもない、自分の意志でテーマを選び書いています。サポートしてくださる方は「時代からの原稿料」と思っています。いいねえ、すべて、の原稿料や商品代金が、こういうサポートになればよいのに。

スキスキスイッチ
2
参加型社会一筋
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。