まなこ
自作マーダーミステリーシナリオ「興行師の号火」説明書
見出し画像

自作マーダーミステリーシナリオ「興行師の号火」説明書

まなこ

※導入およびゲームシステム概要(このページに記載されている内容)は無料で読めます。

・プレイヤー5人
・GM不要(進行役を担うキャラクターがいます)
・所要時間は1時間〜1時間半
・オンラインプレイ可能

このページに記載されているゲーム概要は無料でお読み頂けます。プレイしたい場合には、ページ下部にある「マガジンの購入」を選択してください。※印刷して遊ぶことも出来ます。

プレイ動画のネタバレ配信可。商用利用(有償公演)をご希望の方はTwitterにてご一報ください。(@melanchoco)

ただし、ツイートや、動画の概要欄・動画タイトルでの公開情報以外の記載(ネタバレ)を禁止します。


《ストーリー》

ここは、とあるサーカス一座の控室。
本日の公演中に、倉庫より火の手が上がる。
消火後に発見されたのは、死体となった団長の姿であった。
刑事は事件性があると言い、容疑者の団員たちに事情聴取を行う。

《ゲームの流れ》

①準備

まずはこの設定書を全て読み、公開情報を頭に入れてください。進行役を決めるなどして、誰かが音読すると良いでしょう。
その後各プレイヤーの演じるキャラクターを決め、各自キャラクターシートの内容を読み込みます。(10分間)

なお、キャラクターシートは2回は読み、ルールおよび公開情報も各々再確認するようにしましょう。

②事情聴取

・このシナリオでは、事件の調査はプレイヤーNo.5『刑事』に一任されます。刑事は事件の部外者で、容疑者ではありません。カードなどでの追加情報の入手はありません。

・刑事は、「取り調べ」として、1名を選択して「密談」を行うことが出来ます。※順番は任意。他のPLは、自分から望んで誰かと密談することはできません。

・刑事が誰かを取り調べしている間、控室に残された3名は、事件について会話を交わしてしまうことでしょう。密談中のプレイヤー以外の3人で、議論を進めることが出来ます。(7分×4回)
刑事は時間を計って、7分経つ毎に控室(全体会議室)に戻ってください。

③全体議論

4人の容疑者全員を1回ずつ取り調べた後、刑事は控室に戻り、彼らの前で自分の推理をまとめ、最後の弁明を聞きます。刑事を含めた5人のプレイヤー全員で議論を行ってください。(20分)

④自分の推理を披露する

刑事以外のプレイヤーは、1人1分ずつ誰が犯人だと思うか、自分の推理を披露してください。(1分×4回)※順番は任意

⑤投票

全体議論が終了したら、投票に移ります。
投票では、刑事を含めた5人全員で「今回の事件の犯人」と「次期団長にしたい人物」を決めます。
犯人・団長の両方をいっぺんに回答してください。最多得票者が複数いた場合、1名になるまで任意の方法で絞ってください。「次期団長にしたい人物」の投票では、自分に票を入れることも出来ます。

事情調査7分×4回

全体議論20分

推理披露1分×4回

投票

⑥刑事が調査結果を話す

刑事のプレイヤーは調査結果をこのタイミングで話します。詳しくはキャラクターシートの勝利条件を確認してください。

⑦エンディング

進行役がエンディングを読み上げます。

→エンディングシート


以上が簡単な流れです。

《注意事項》

このシナリオでは、犯人以外のプレイヤーも自由に嘘をついて構いません。

《公開情報》

〇被害者:団長
 本サーカス団の団長を務める壮年の男性。サーカス団は10年前から展開しており、この町を拠点として、町民にも広く親しまれている。
 品行方正、誰にでも優しく、誰かから恨まれるという話も聞かない。皆から好かれていたように思われる。
 サーカステントから離れた倉庫で焼死体で発見された。発火装置で燃えたようす。

〇サーカス敷地内
・倉庫・・・遺体発見現場。サーカステントからは離れた場所にある。
・テント内・・・舞台、楽屋、控室がある。テントのすぐ外側をサーカス裏手と呼ぶ。

サーカスと旗入りクリーム色のホースショーポスター

《キャラクターシート》

①頼れる副団長

10年ほど前に団長と2人で、このサーカス団を始めた壮年の男性。
団長とは信頼しあっており、お互いのためならなんでもするような親友関係だが、最近激しい口論をしたようだ。

⇒①頼れる副団長のキャラクターシート

②古株曲芸師

副団長に次いで、この団では3番目に古株の男。
キャリアは長いがあまりやる気は感じられない。
綱渡りや空中ブランコなど、高所で行うバランス曲芸を担当している。

⇒②曲芸師のキャラクターシート

③美人猛獣使い

美人で客受けも良い、最近のサーカス団の人気者。
数年前にサーカス団に飛び込んできた若い女性である。
はたから見ても分かりやすいほど、団長に好意を寄せている。

⇒③猛獣使いのキャラクターシート

④新入りピエロ

数週間まえに飛び込んできた新入りの青年。サーカスではピエロを担当しており、ジャグリングが得意。
まだまだ技術は拙いがやる気に満ちており、ぐんぐん腕をあげている。
彼の出自は、面接を担当した団長しか知らない。

⇒④新入りピエロのキャラクターシート

⑤胡散臭い刑事

今回の事件を担当することとなった刑事。※進行役

⇒⑤胡散臭い刑事のキャラクターシート

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
説明書(無料公開部分)を読んでプレイしたいと思ったら、このマガジンの購入を選択してください。ゲームをプレイする為に必要なページ全てが読めるようになります。

GM不要(進行役のキャラクター有)、PL5人、所要時間1時間半。サーカスが舞台のマーダーミステリーシナリオです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです😍
まなこ
夫婦でマーダーミステリーを制作しています。夫原案「興行師の号火」「三匹の子ぶた」「双者の一願」/妻原案「one for all,all for one」「山椒大夫の水瓶」/原案から共作「Jury sistem」「盲目のマヨイガ」愛娘は1歳4か月。