見出し画像

noteからコンテンツをエクスポートする方法がないというリスク

今朝、note のアプリに通知が入っているので確認するためにアプリをタップしたところ、珍しいエラーがでてきました。

処理能力を一時的に超えていたのか、502 Bad Gateway のエラーが表示されたのです。障害猫、かわいいですよね。

しかし少しだけ心配になったのは、note 自体に取り返しのつかないような障害が発生した場合に、ここで書いたコンテンツを避難させておくためのエクスポートの方法がいまのところないという点です。

情報のストックにはエクスポートが必須

 もうこれまで何年もブログを運営し、当初アメリカのサーバーで始めたものを日本のサーバーに移し替え、さらに個人のVPSも含むいくつかのサーバーに移動させてきました。

その経験でつくづく思うのは、逆説的に聞こえるかもしれませんが、ブログであろうと、なんであろうと、情報のストックというものは可搬性があって初めて信頼性が担保されるという点です。

たとえばわたしたちの生み出したコンテンツがサービスと不可分なものならば、情報をエクスポートできなくても仕方ありません。サービスの終了が、そのコンテンツとのお別れです。

しかしわたしたちが書いたもの、撮影したもの、あるいは録音した音声は、note に投稿しているとはいえnote の一部分とはいえません。ここに、可搬性の必要性があり、それを現在のnoteは満たしていないのです。

ユーザーのデータをどのように扱うかという問題では、Evernoteがかつてさまざまな問題に直面しつつ、それを克服するために有名な3原則を提示しました。それは次の3点です。

1. あなたのデータは、あなたのものである

2. われわれはあなたのデータを保護する

3. あなたのデータの可搬性は保証されている

この最初の2つは、ユーザーが作り出したデータはユーザーのものであることという確認、そしてEvernoteはサービス提供者としてそのデータを保護する責務をまっとうするという宣言です。

しかし3つ目はなんでしょうか?

それは、ユーザーが望むならば、できるだけ完全な形でユーザーのデータはEvernoteから取り出すことができること。つまりEvernoteが信頼できなくなったり、Evernote以外のサービスを使うことを選択した場合に、Evernoteはユーザーの選択を尊重し、その邪魔をしないという宣言です。

これはいうなれば、Evernote自体の成功や失敗からすらユーザーを守るという意思表示です。万が一サービスが終了することがあったとしても、いつでもユーザーは自分のデータを引き出せることを保証しているのです。

 データポータビリティはもう常識

かつては、サービスがユーザーのデータをロックインして、他に移動させないという手法もよくみられました。しかし技術的な進歩も、そして法的な整備も進んだことから、いまではデータポータビリティは権利というところまで認識が広まっています。

たとえば 2018 年にカリフォルニア州で発効した Consumer Privacy Act (CCPA)にもデータポータビリティの条項は含まれていますし、欧州のGDPRにもそれは含まれています。

そうしたことから、Google、Facebook、Twitterなどといった巨大ウェブサービスでもユーザーが自分のデータをすべて持ち出すことができるようになっています。

もう2020年ですし、誕生から6年もたって、膨大なユーザーデータが集まっているからこそ、note もそろそろこのあたりの整備をしていただくことで、さらに信頼度をアップしていただけると嬉しいなと思います。

朝起きたら、書き続けた記事が消えてしまったというのならばまだしも、何が消えたかも確認できないというのが、一番避けたいところですので。

(追記:5/10、若干の日本語のエラーを修正)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

これはどうも!
277
堀 正岳(ほりまさたけ)。Blogger / Writer / Scientist。Lifehacking.jp、mehori.com管理人。「リストの魔法」「ライフハック大全」「知的生活の設計」の著書をもつ作家、本業は気候学研究者。テクノロジーと知的生活について書きます

この記事が入っているマガジン

ほりまさたけの Read / Write Diary
ほりまさたけの Read / Write Diary
  • 136本

わたしのブログ投稿、記事寄稿、その他など基本的にすべてのアクティビティのストリームになるように投稿します。あと、その日にみた面白いリンクの話題なども。

コメント (6)
そう、noteはインポートもエクスポート両方とももまだないんですよね。
計画中の次世代エディタが完成すると、そのタイミングあたりで作りやすくなるはずです。たぶん1年以内想定ぐらいかと思われます。
fladdictさん、そういう肝心なことはいつもみたいに公式発表するかTwitterで匂わせるかしてちゃんと自分の場で書いたほうが良いです。
おおつねさん
流石にデカい開発と順序が連動してるので…マスにドカンと記事書く場合は、もうちょっと内部の確認とか諸々で時間がかかるです。速報でコメントお返事はできるけど、記事として出すならもうちょっとお待ち下さいませ
もちろん内部の確認や調整が必要なのは現実として理解できますが、このデータポータビリティの件って御存知の通り10年以上前からベンダーロックインやevilの象徴としてツッコミをされるポイントなのでそんな悠長なことを言ってる場合じゃないんですよ。
「すいません。エクスポートは現時点で間に合ってません」という公式見解をすぐに出さないと炎上しかねない話なんです。
今だと「1年後にexportは言い訳程度に実装するけど、次世代エディタと連動して独特なフォーマットにして、実質的にWordPressとかmarkdown形式だと面倒くさい形にしてユーザーが減るのを妨害するんじゃないの?」と疑いをかけられて炎上する予想をしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。