外くるぶしが痛い
見出し画像

外くるぶしが痛い

靴を履いた時に、写真のこの部分が痛むことがありませんか?

くるぶしなのですが、当たりやすいのは主に外側です。

なぜ、ここが当たるのでしょう?しかも結構痛い!

くるぶしがいたい、でも履き慣れるのかな?

お客様とのお話の中で、『くるぶしが痛い靴がある』『くるぶしが痛くて血が出てしまった』

こんなお話が出てきます。

これはそんなに珍しくないことです。

皮膚がめくれて、血がにじんだまま痛そうに履いて相談に来られる方もいます。

ひとまず、絆創膏を差し上げて。。。

『履き慣れると思ってたんだけど、どんどん痛くなる』と仰る方も多いです。

ここが当たるのは、実はまったく慣れません(^^;)

おっしゃるとおり、どんどん痛くなります。

それは、靴の特徴と、足の特徴が原因です。

①足の外くるぶしの位置が、靴のふちより低く、くるぶしが乗ってしまう
②靴のかかとの芯が硬い
③靴のかかとのふちに、少しクッションが入っていて厚みがある

↑こんな原因が考えられます。

ここが痛む靴をお持ちの方、ちょっと今その靴を履いてみてください。

くるぶしの位置、靴の形、いかがでしょうか???


外くるぶしが当たる、解決方法はあるの?

解決方法、ありますよ~!!

実は、専門家でなくても、ご自身で簡単に解決できます。

・かかと用の中敷きを用意する(クッションが硬め、沈まない物が良い)
・かかとの部分に乗せる

これだけでOKです!!

簡単に言うと、足のかかとの位置を靴よりも持ち上げて、位置をずらしてあげればいいんです。

①まず、かかと用の中敷きを準備

画像1

画像2

こんなものが市販されています。アマゾンにも似た物がたくさんありました。

あまり厚みがあると、かかとが浅くなってしまうので、厚すぎないようにご注意を。


②必要であれば、靴にあわせてカットします。

画像4

(商品によっては、カット不可もあるので説明書をよく読んでくださいね)

すこしカットしたら、靴のかかとにピタッとフィットしました!

↓こんな感じ

画像4


③ちょっと動いちゃうと思うので、両面テープなどで接着するのもOK

靴の中敷をはがすことに慣れている方は、はがして見えないように接着するのもOKです!

見えないほうが良いですもんね。

でも、慣れてなくて不安な方は乗せるだけでOKですよ!

中敷きが動かないようにだけ、軽く接着をしておけば大丈夫です。


④少しだけ、かかとの芯を揉んでみるのもOK

かかとの芯が硬すぎる時もあるので、その場合は少しだけ揉みほぐしてみましょう。

それだけでも、足への当たりがソフトになります。

ただし、靴のかかとの芯は硬い方が良いものなので、やり過ぎないようにご注意を!!


靴をよく見てみよう

靴を履いて痛む時、『もう履きたくない』という残念な気持ちになりがちですよね。

でも、ほんのひと工夫で履き心地が改善されることも多いです!

この靴痛いなぁ~と思ったら、痛い場所をよーーく見てください。

実は簡単に解決するかも??

せっかく買った靴、もったいないので楽しく履けるように改善していきましょう!


なかなか、改善されない場合は、どうぞご遠慮なくご相談ください(^^)

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました!

今後ともよろしくお願いいたします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!!!
1997年~2020年REGALの販売員。23年間デパートでREGALの販売。コロナ禍で辞め2020年11月から【巡】で活動中。履きづらい靴→履きやすい靴に変えたい!履けない靴なんてもったいない。ちなみに巡のロゴは、横顔なんですよ。靴に関する事と、終活も勉強中。