見出し画像

「人生はグルーブ感がすべて」ノロマのリズムに合わせるとあなたがダサくなる理由。

人にはそれぞれ自分のリズムやテンポがあります。

たとえば、仕事でもそれは顕著に現れるでしょうし、プライベートのときであってもそりが合わない人とは、リズム感がそもそも合っていない可能性が高いです。

リズムが合わないということは、一緒にいると少しずつ「ズレて」きますよね。

微差が大差を生むと言うように、少しのズレから人間関係でいざこざが起きたり、トラブルに発展する可能性があります。


人生はグルーブ感がすべて

グルーブ感というものは、曖昧な言葉に聞こえるかもしれませんが、音楽が好きな方やライブに行くのが好きな方ならわかりますよね。

人生においてのグルーブ感とは、他人と過ごす時間のなかで自分が気持ち良いと感じるかどうかだと思います。

あなたには、あなたのリズムやビートがあるように、私にも私独自のリズムやビートがあります。

このリズムが噛み合わない同士であっても、リズム感が早い方が遅い方に合わせることはできます。

が、それをやるとあなたの人生は即刻アウトです。

少しオーバーな表現かもしれませんが、それが現実です。

人生って、時間が限られていて、その中で自分が誰と何をし、何を成し遂げ、何を掴むかだと思うんですね。

もちろん、それが全てではありませんが。

人によっては現状のライフスタイルをキープすることが幸せだと言う人もいるでしょうし、それはそれで他人がケチをつけることではなく、本人が幸せならそれで良いと私は思います。


月刊ワル知恵noteでは、最新月の全ての記事(特集マガジンを除く)が月額1500円で読めます。毎月500円以上の記事を3記事以上読んでいただける方にはこちらの方がお得です。

ここから先は

1,296字 / 1画像
この記事のみ ¥ 400

頂いたサポートは、皆さんに還元できるようなカタチで使わせてもらいます♪