見出し画像

iMacの死と再生、そしてmacOSの設定

ここ数日、iMac 4K(2017年モデル)の調子がおかしかった。いつの間にか再起動していたり、ファイルの転送がうまくいかなかったり。

その不調がピークに達したのが、Rakuten Miniで撮影したデータをiMovieで編集しようとした時だった。

ついにFusion Driveがダメになった。空き容量は1TB分の300GB以上あるのにそこにファイルを追加で入れられない。iMovieの新規プロジェクトが作れなかったり、ファイル転送に失敗したりしていたのはこのためだった。ディスクユーティリティを使っての修復も失敗。いや、一度はうまくいったかのように見えて、OS再インストールしようとすると、空き容量が足りないと言われる。

これはもうダメかも。そう思って、Mac miniの適当なコンフィギュレーションを試算してみると、18万2000円。ドリキンも同じ構成を提案してきたので、そんなものなんだろう。これは痛い。「だったらfp買えるのに」とドリキン。

結局、Time Machineに使っているSeagate 8TB HDDから立ち上げて、Catalinaを再インストールした。

年末にはApple Siliconに切り替わるであろうMac miniを無駄買いすることもなく、iMac 4Kは完全にクリーンな状態になった。今回はTime Machineからのデータ移行もせずに、一からやり直そうと考えた。

そこで、Catalinaを改めて使ってみて、UIであると便利なのに使えないものがあるのに気づいた。

まず、キーボードショートカットだ。

僕は基本、全画面でアプリを使い、Magic Trackpadの4本指左右スワイプでアプリを切り替える。これは便利なのだが、いくつもスワイプするのは流石にかったるい。そこで、キーボードショートカットのcontrol + ←→でアプリの切り替えをするのが便利だということを知った。

さらに便利になるのは、Finder画面に一発で戻るキーボードショートカット。control + 1で、一番左の画面、つまり、Finder画面に戻ることができる。デュアルディスプレイの場合は、もう片方のFinderにcontrol + 2で戻ることができる。これとcontrol + 左右矢印で自由自在にアプリを切り替えられるのだ。

だが、このcontrol + 1はデフォルトではオンになっていない。

スクリーンショット 2020-06-30 7.57.13

この一番下の、「デスクトップ1への切り替え」をチェックするのだ。

この続きをみるには

この続き: 482文字 / 画像2枚
記事を購入する

iMacの死と再生、そしてmacOSの設定

Koya Matsuo

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
コメントしてくれてもいいのよ?
39
妻と永遠に歌い続ける人です。

こちらでもピックアップされています

BS Magazine
BS Magazine
  • ¥1,980 / 月
  • 初月無料

テクノロジー系ポッドキャスト番組として人気の「backspace.fm」主催者の3人(ドリキン、松尾、ジャーマネ)を中心にお届けする雑誌。 ポッドキャストやYouTubeでは取り上げきれない話題をピックアップして語り合います。 ガジェット系YouTuberでインフルエンサーのドリキン、ベテランIT雑誌編集者の松尾、ガジェットとカメラ好き若者のジャーマネという3人の特性を生かし、既存のメディアでは出てこない(出せない)コアで本音の情報を出していきます。

コメント (2)
ちなみにチャットでも言いましたがHDD自体が損傷してると結局また不具合が再発するので気を付けたほうがいいっすよ。不良セクターチェックとか今時Macでどうやるのがいいのかわからないけど、ディスクユーティリティとかではドライブは問題ない感じですかね?

iMacいま調子悪くなるのはタイミング悪いですね。
3本指ドラックの設定、確かに分かりにくいところにありますよね。自分も設定するときに色々探し回ってしまいました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。