見出し画像

『金魚すくい』を彩るプレイリスト

2021年4月4日に配信リリースされたMATSURI 1st digital single 『金魚すくい』。配信デビュー曲にも関わらずテレビ東京系連続ドラマ「私の夫は冷凍庫に眠っている」の主題歌に選ばれたこの楽曲はどのようにして生み出されていったのか。MATSURIプロジェクトを担当しているBeing制作ディレクター及び、
『金魚すくい』制作において共同ディレクションを行ったandrew (TREKKIE TRAX)両名の目線から、『金魚すくい』を彩っていった楽曲たちのプレイリストを語っていきたい。

制作Director 増山龍青
DJ / Music Producer / Director andrew (TREKKIE TRAX)



MATSURI - 金魚すくい

Apple Music / LINE MUSIC / YouTube

MATSURI 1st digital single『金魚すくい』は、祭りの日という馴染みはありつつも特別な場所で出会うというイメージのある金魚を題材に、揺れ動く恋模様を歌った楽曲である。清涼感も感じられつつ、どこか不思議な雰囲気を醸し出すイントロを聴くと、まさに「祭りの日」のような特別な瞬間に誘われているような感覚になる。

Billie Eilish - bury a friend

Apple Music / LINE MUSIC / YouTube

「MATSURIの声の魅力を最大限引き出せるよう、ボーカルのレコーディングでは様々なアイデアを落し込みましたが、その一つにYouTubeなどでも人気なジャンルであるASMR的なボーカルのアプローチも一つの参考になりました。

Billie Eilish - bury a friendでもASMR的な手法が機能的に取り入れられており、左右から声が聞こえると思いきや、突然目の前に現れたりというボーカルの展開によって心地良い緊張感が生み出されています。MATSURI『金魚すくい』ではさらにダブリングや囁き声を忍ばせるといった声を重ねる技法を駆使しつつ、息継ぎの音をあえて強調することによって彼女の歌声を立体的に浮き上がらせることができました。

ぜひ主旋律だけでなく、MATSURIの声全体に耳を澄まして『金魚すくい』を楽しんでいただきたいです。」

Kelela - LMK

Apple Music / YouTube

「ほぼ全て打ち込みで制作された『金魚すくい』ですが、唯一のアコースティックな楽器でもあるMATSURIのボーカルに寄り添うことはアレンジにおいて最も大切にしている点でした。本楽曲ではボーカルのレコーディング後も、伸びやかで芯のある歌声と神秘的な空気観をより引き立たせるためにアレンジを試行錯誤したのですが、Kelela - LMKをProduceしたJam Cityの重心を低く保ちながらも浮遊感のあるアレンジからはNew AgeをR&B、Soulに落とし込むヒントの多くを学ぶことができました。」

IU - Palette (Feat. G-DRAGON)

Apple Music / LINE MUSIC / YouTube

「IU - Palette (Feat. G-DRAGON) は音数は最小限ながらとてもカラフルなアレンジが施されており、MATSURIの華やかさを引き出しつつ大げさにならないバランスの参考となりました。この楽曲を聴いた後にまた『金魚すくい』を聴くと間奏で流れるシンセソロの音色や、ボーカルをオクターブユニゾンさせるという、そういったさりげないアイデアもより楽しんで頂けるかと思います。」

Native Rapper - Magnet

Apple Music / LINE MUSIC / YouTube

「MATSURIの配信デビュー曲となる楽曲を制作する上で、彼女がこれからずっと歌うことのできる楽曲を作るというテーマはチーム全体の共通認識であったと思います。Native Rapperは『金魚すくい』の作詞作曲に携わったアーティストの一人なのですが、彼の作ったボーカルのメロディはもちろん、歌詞のストーリーはMATSURIの世界観を等身大のまま広げる重要な役割を担ってくれました。」

Lone - Lying in the Reeds

Apple MusicYouTube

「「祭り」という世界観を表現する上で、太鼓や盆踊りなどは日本人として身近な楽器、音楽として初めに連想されるかと思いますが、我々は現代のダンスミュージックからその要素を引き出すことにしました。

LoneはUKを拠点としたアーティストですが、耳に残るフレーズと独特なシンセサウンド、ドラムマシーンによるパーカッシヴなビートからは森の奥のような神秘的なイメージに加えてある種のオリエンタリズムも感じられます。
ミニマルに繰り返される展開に「祭り」を感じる方もいるのではないでしょうか。
MATSURIの楽曲にはそうした感覚的、身体的な気づきを落し込み、彼女の持つ歌声の本来的な力強さを引き出しながら制作しています。」

Brian Eno - An Ending (Ascent)

Apple Music / LINE MUSIC / YouTube

「『金魚すくい』の独特な浮遊感と非現実感は印象的なPadやリバーヴによる広い音像によって生み出されています。

MATSURIの制作の初期からアンビエントミュージックというキーワードを意識していたのですが、思えばそれはMATSURIの歌声が広く知られるきっかけとなったYouTubeの動画に端を発するのではと気付かされました。彼女が投稿してきたライブハウスでのエアー録音によって収録されている動画群には、歌声と楽曲に加え、ライブハウスで生まれる空間のリバーヴが含まれています。

「聞き手に向かってくるのではなく、周囲から人を取り囲み、空間と奥行きで聴き手を包み込む音楽」とBrian Enoが定義したアンビエントミュージック。

彼女の優しくも切なく感じる声を、客席で包み込まれるように疑似体験できる動画たちに魅了されたところから、我々はそこに思考が傾いたのかもしれません。」


■MATSURI

画像1


2001年11月26日生まれ、沖縄県在住の女性アーティスト、MATSURI。

歌の中のストーリーを伝えられるのがボーカル。だから言葉とメロディでそのストーリーを伝えられる表現者になりたい。そんな想いから沖縄県内のライブハウスでカバーソングを披露するようになる。
“祭り”の日から感じられる特別な気持ちや不思議な気持ち、ワクワクするような感情を”MATSURI“の音楽からも感じてもらいたい。そんな想いから『祭りの日』をコンセプトに楽曲を制作。同年代で悩んでいる人や居場所が見つけられない人にとってのハレの日になれるようなアーティストとして活動していく。

■MATSURI SNS
公式サイト
Twitter
YouTube
Instagram

■andrew (TREKKIE TRAX) SNS
Twitter
Instagram
■TREKKIE TRAX  SNS
公式サイト
Twitter
YouTube
Facebook

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
MATSURI official note. MATSURI本人は更新しませんが、より深いMATSURIの宇宙へ誘います。公式サイト:https://matsuri.beinggiza.com