見出し画像

FileMakerユーザーズグループ北陸でAdoptOpenJDKについて発表しました

こんにちは、エミックの松尾です。2020年5月2日(土)にオンラインで開催されたFileMakerユーザーズグループ北陸(通称:FM-Hokuriku)に参加しました。内容は非公開であるため動画のアーカイブは残っていませんが、スピーカーの1人として登壇し、FileMaker Server 18とJavaに関する内容について発表をしてきました。この記事では、2020年5月に開催されたFM-Hokurikuでの私の発表資料や関連情報について記しています。

FileMakerユーザーズグループ北陸について

FileMakerユーザーズグループ北陸(以下、FM-Hokuriku)は、FileMaker プラットフォームに関する情報交換を行う場として、2011年頃に有志により発足された北陸地区版のユーザーズグループです。約1年5ヶ月ぶりの開催となった今回のFM-Hokurikuはオンラインでの開催になりました。

ユーザーズグループは各地域で形成されており、ユーザーが主体となってFileMakerを学ぶための場として各地で勉強会が開催されています。関東地区版のユーザーズグループとしてFileMaker Pro 東京ユーザーズミーティング(FM-Tokyo)があり、私は2003年頃から一参加者として定期的にFM-Tokyoに参加していますが、FM-Hokurikuには今回初めて参加しました。

FM-Hokuriku(2020年5月)での発表資料

今回のオンラインミーティングでは、「FileMaker Server 18とJava」というタイトルで、FileMaker ServerとJavaおよびOpenJDKに関する内容について発表を行いました。SlideShareに当日の発表資料を掲載しましたのでよろしければご覧ください。

発表内容は、ここ数年におけるFileMaker ServerでのJava関連の変更点を紹介し、FileMaker Server 18にAdoptOpenJDKをインストールする手順について解説しました。

FileMaker ServerとJavaの現状

バージョン17のFileMaker Serverでは、管理画面であるFileMaker Server Admin Consoleが刷新され、ユーザーインターフェースがよりシンプルなものに変更されました。

Admin Consoleが刷新された際に内部的にJavaが使われなくなり、FileMakerネットワーク共有とFileMaker Server Admin Consoleのみ利用する場合であればJavaをインストールする必要はなくなりました。しかしながら、FileMaker WebDirectやカスタムWeb公開機能を利用する場合には依然としてJavaは必要です。

Javaの商用向け公式サポートが昨年2月に終了

2019年2月にオラクル社によるJavaの商用向け公式サポートが終了したことに伴い、FileMaker Serverではバージョン18.0.2以降でJavaの実行環境が同梱されなくなりました。

FileMaker WebDirectおよびカスタムWeb公開機能を利用する場合には引き続きJavaを使う必要がありますが、昨年からJavaのセキュリティアップデートを行うには、有償のOracle Java SE サブスクリプションを購入するか、OpenJDK 8に移行する必要があるという状況になっています。

FileMaker Server 18.0.2以降ではOpenJDKを設定可能

FileMaker Server 18.0.2以降では、Admin ConsoleにおいてJavaの実行環境をOracle JREからOpenJDKに変更し、OpenJDKをインストールできるようになっています。

無償で利用可能なJavaのオープンソース実装であるOpenJDKには複数の実装が存在していますが、Claris社のナレッジベースではAdoptOpenJDKをインストールする方法が案内されています。

なお、バージョン17以前かつバージョン13以降のFileMaker ServerでもOpenJDKを利用することは技術的に可能ですが、Admin Console経由でインストールすることはできません。手動でインストールする必要が出てくるので、可能であればFileMaker Server 18にバージョンアップすることを推奨します。

FM-Hokuriku開催情報の確認方法

次回のFM-Hokurikuが開催される予定は現在のところ未定となっていますが、FM-Hokurikuの開催情報についてはFacebookやTwitterで確認することができます。

FileMakerプラットフォームに興味があるという方は、この機会にFM-HokurikuのFacebookページやTwitterアカウントもフォローしてみてはいかがでしょうか。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
2
株式会社エミック代表取締役。FileMaker 18 認定デベロッパ、kintone認定 アプリデザインスペシャリスト(2020年2月)、kintone認定 カスタマイズスペシャリスト(2020年3月)。 https://www.emic.co.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。