見出し画像

MT5向けアノマリーEA「PinPoint MT5」

割引あり

PinPoint MT5とは

PinPoint MT5」は、仲値前など特定の時間にエントリーするMetaTrader 5(以下MT5)向けアノマリーEAで、デフォルトでは仲値向けにドル円買い(ロング)の設定になっています。

ドル円買い(ロング)ですので、日銀やFRBの金融政策変更、為替介入などによって、ドル円が大幅に下落すると予想される状況では止めた方が良いでしょう。

デフォルトはドル円(USDJPY)向けけですが、別の時間やドル円以外の通貨ペアでも良い結果となる可能性があります。MT5のバックテスト機能を使って色々な時間や通貨ペアの組み合わせ調べると面白いと思います。なお、バックテストではサーバータイムがグリニッジ標準時(GMT+0)のExnessを使用し、パラメーター「ServerTime」をtrueにしています。実際の運用では「ServerTime」をfalseにして日本時間にするか、利用するブローカーのサーバータイムに合わせて、パラメーター「ServerTime」「OpenHour」「OpenMinute」を設定してください。

ドル円ロングについて、GMT 0時から23時まで調べたましたが、これまでのイメージを覆す驚きの結果でした。有望な時間は仲値以外にも沢山あります。

メジャーな通貨ペアの買い(ロング)と売り(ショート)をそれぞれ一通り調べれば、裁量トレードやEA開発にも使える有用な情報が得られると思います。

変更履歴

・2024年2月16日をVer1.03にバージョンアップしました。デフォルトパラメーターを変更しました。

・2024年1月4日をVer1.02にバージョンアップしました。ATRStop機能、トレンドフィルター機能を追加しました。

デフォルト設定でのバックテスト
期間は2021年1月から2023年10月まで、Exnessで実施。

MT5のバックテストで最適化機能を使ってドル円ロングエントリーに適した時間を調べてみました。水色の部分が利益が多い時間帯です。バックテストの期間は2021年1月1日から2023年10月31日、ブローカーはExness。

ユーロドルショート、ポンドドルショート、ドルカナダドルロング、豪ドル米ドルショートについてのデータは有料部分に記載しています。

PinPoint MT5 のnoteからMT4版をダウンロードできるようにしました。
また、使用期限を2025年6月30日に延長しました。

インストール方法

MetaTrader 5(MT5)にエキスパートアドバイザ(以下EA)をインストールするには、まず、MT5のメニュー「ファイル」から「データフォルダを開く」をクリックし、開いたフォルダの配下にある「MQL5」-「Experts」にファイル「PinPointMT5.ex5」をコピーします。

MT5の「ナビゲーター」ウィンドウのエキスパートアドバイザを選択し、右クリックで表示されるメニューで「更新」を選択すると、エキスパートアドバイザにコピーしたEAが表示されます。

次に、EAを適用させたいチャートを開き、「ナビゲーター」ウィンドウにあるEAをチャートにドラッグ&ドロップすると、EA設定の画面がポップアップ表示されますので、設定を行いOKボタンをクリックします。

パラメーター説明

TradeType
トレード種別を指定します。0の場合はエントリーは行われません。1(デフォルト)の場合はロング(買い)のみ、2の場合はショート(売り)のみとなります。

Lots
ポジションのロット数を指定します。

TakeProfit
利幅をポイントで指定します。指定した値がそのまま決済指値(T/P)に設定されます。TakeProfitを0と設定した場合、一部の機能が動作しなくなります。

StopLoss
損切り幅をポイントで指定します。指定した値がそのまま決済逆指値(S/L)に設定されます。無限に含み損が膨らむことを防ぐため0以外の値を設定することを推奨します。

Slippage
新規ポジションを注文する際に注文価格と約定価格の差(スリッページ)をどの程度許容するかを設定します。許容範囲を超えた場合、注文は約定されません。

Spreads
新規ポジションを注文する際に売り価格(BID)と買い価格(ASK)の差(スプレッド)をどの程度許容するかを設定します。許容範囲を超えた場合、注文は行われません。

ServerTime
エントリー時刻(時間:OpenHour、分:OpenMinute)にシステムタイムを使用するか、サーバータイムを使用するかを指定します。 false(デフォルト)の場合はシステムタイム、trueの場合はサーバータイムを使用します。バックテスト時はサーバータイムを指定してください。

OpenHour
エントリー時刻の時間を指定します。

OpenMinute
エントリー時刻の分を指定します。OpenHourに9、OpenMinuteに45を指定した場合、9時45分にエントリーします。

Days
新規エントリーする日をカンマ区切りで設定します。例えば、5日、10日、15日だけエントリーしたい場合は5,10,15と設定します。Ver 1.01で追加。

Monday
月曜日に新規エントリーするかどうかを指定します。true(デフォルト)の場合はエントリーし、falseの場合はエントリーしません。

Tuesday
火曜日に新規エントリーするかどうかを指定します。true(デフォルト)の場合はエントリーし、falseの場合はエントリーしません。

Wednesday
水曜日に新規エントリーするかどうかを指定します。true(デフォルト)の場合はエントリーし、falseの場合はエントリーしません。

Thursday
木曜日に新規エントリーするかどうかを指定します。true(デフォルト)の場合はエントリーし、falseの場合はエントリーしません。

Friday
金曜日に新規エントリーするかどうかを指定します。true(デフォルト)の場合はエントリーし、falseの場合はエントリーしません。

Saturday
土曜日に新規エントリーするかどうかを指定します。trueの場合はエントリーし、false(デフォルト)の場合はエントリーしません。

Sunday
日曜日に新規エントリーするかどうかを指定します。trueの場合はエントリーし、false(デフォルト)の場合はエントリーしません。

TrailPoint
トレールの値幅をポイント数で指定します。 レートが建値から指定ポイント数×2を超えた場合に、決済逆指値が建値+(n-1)×指定ポイント数に変更されます。TrailPointを小さくすると、相場状況によってはすぐに逆指値に達してしまい十分な利益を得られないことも考えられますので、 ボラティリティの大きな通貨ペアの場合は大きめの値を設定します。Ver 1.01で追加。

TrailTime
トレールを開始する経過時間を分単位で設定します。0の場合は経過時間に関係なく、1以上の値を設定した場合は指定時間経過後にトレールが行われます。Ver 1.01で追加。

TrailStart
トレールを開始する位置を整数値で指定します。0の場合は、位置指定でのトレール開始は行われません。1以上の値を指定した場合、ロングポジションでは建値+(TrailStart×TrailPoint)を超えた場合に、ショートポジションでは建値-(TrailStart×TrailPoint)を下回った場合にトレールが開始されます。TrailStartの指定がTrailTimeの指定より優先されます。Ver 1.01で追加。

CutTime
指定時間経過後に決済を行うかどうかを分単位で設定します。0の場合は決済は行いません。決済を行う場合には1以上の整数値を設定します。Ver 1.01で追加。

CutPoint
指定時間経過後に決済を行うかどうかの判定で、建値にこのポイント数を加算した値が現行レートを超えている場合に決済が行われます。Ver 1.01で追加。

ExitTime
指定時間経過後に損益に関わらず決済を行うかどうかを分単位で設定します。0の場合は決済は行いません。決済を行う場合には1以上の整数値を設定します。Ver 1.01で追加。

ATRStop
ATR値に応じた損切り幅設定するかどうかを指定します。true(デフォルト)を指定した場合、損切り幅はATR値に応じた値が設定されます。

ATRRatio
ATR値を損切り幅に適用する際の倍率を指定します。

Trend
トレンドフィルターを適用するかどうかを指定します。true(デフォルト)の場合、トレンドに逆行するエントリーが抑制されます。

Bollinger Bands Time Frames
ボリンジャーバンドのタイムフレーム(時間足)を設定します。

Bands Period
ボリンジャーバンドの期間(時間足の本数)を設定します。

Bands Deviations
ボリンジャーバンドの偏差を設定します。

Compound
複利機能を使用するかどうかを指定します。true(デフォルト)の場合は複利機能によって算出されたロット数が使用されます。falseの場合はLotsで指定した値がそのまま使用されます。

Leverage
複利機能でロットを算出する際に使用するレバレッジを指定します。

MaxLot
複利機能のロットの最大値を指定します。

Notify
ポジションのオープンとクローズの際に通知を行うか指定します。0の場合は通知は行われません。1の場合(デフォルト)はアラート画面が表示されます。2の場合はEメールが送信されます。

MagicNumber
マジックナンバーです。他のEAと区別するためにユニークな数値を設定します。

Comments
任意のコメントを設定します。

利用上の注意

このEAは必ずしも利益を保証するものではありません。損失が発生する可能性もあります。このEAを利用して損失が発生したとしても責任は一切負いません。利用する場合は自己責任でお願いします。

PinPoint MT5のダウンロード

EA本体(PinPointMT5.ex5)、セットファイル及びソフトウェア使用許諾契約書が含まれています。また、使用期限は2025年6月30日までとなっております。

ここから先は

485字 / 4画像 / 6ファイル
この記事のみ ¥ 1,000〜
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?