見出し画像

私のYouTubeチャンネルで広告費を稼いでいるのは、ほぼ、この一本の職務質問動画。

YouTubeを運営しているGoogleにやっと銀行口座を登録することができて、広告費が振り込まれるようになりました。

バックヤードの情報を読み解く能力がなくて、まだよくわからないのですが、どうやらほとんどの広告費を稼いでいるのは、この職務質問動画らしい。

この動画の説明文を以下に再掲載します。


だしぬけに「組合員」てなんですか? またもや職務質問ですか!

私だけ職務質問されました 渋谷を二人歩いていたら

撮影は佐々木あらら氏 撮影につかったスマホは私のiPhone

ピー音をいれてくださるプロがいて 動画公開できる運びに

※以上、歌人なので短歌にしてみました。

経緯→ https://note.com/masuno/n/nc0d5fd43cf9f
ツイート→ https://twitter.com/toiimasunomo/status/1197675761752141825



コメント欄が活発で、わりと頻繁にコメントが増えます。ひとつひとつに返信するのはやめて、まとめて以下のような長めの文を書きました。それも転載しておきます(必要に応じて時々加筆修正します)。



この動画の投稿者です。被写体も私自身です。

盗難、空き巣などの被害の相談を警察にして、解決したことがありません。警察のかたによい印象を持つことは無理。見るたびにいやな思い出がよみがえり、顔がゆがんでしまいます。

警察関係者でもないのに、必要以上に警察側に立ちたがるかたがたのお気持ちはわかりかねます。

ご自身はちゃんとしているから職務質問にはあわない、落ち度がなければ理不尽な目にはあわないと考え、安心したいだけなのかもしれませんが。

かつて薬物の運び人だった知人は、職務質問をされたことが人生で一度もないそうです。警察のかたの洞察力のなさには驚くばかり。

仕事仲間の息子さんが警察官で、職務質問はノルマがあると明言していました。ノルマで数を稼ぐためにする職務質問! 新人警察官の研修のためにする職務質問! 仕事帰りの忙しい昼間に、そんなものに協力する筋合いはありません。

警察のあれこれを記事にし続けているジャーナリストの友人がいます。警察の不祥事が報道された場合、取材してみると、実際は報道の何倍もひどいものだとわかるそうです。

以下はその友人の書いた記事ではありませんが、ご参考まで。
https://bunshun.jp/articles/-/6355?page=1

たくさんのコメントありがとうございます。ひとつひとつへのお返事が間に合わず恐縮ですが、私への「誹謗中傷」と思われるコメントに関しては、今後の対応をゆっくり検討いたします。

私はテレビにわりと出る歌人で、自分の見た目や話し方がどんな印象であるかは、あなたがたよりは比較的自覚しているほうだと思います。ご自身を映像に撮って見てみては? ファッションセンスにも自信を持ちすぎでは? 人は職務質問にあわないために服を着るのではありません。

なお職務質問を動画撮影したのは今回で三回目でした。ほかの動画を公開するかどうかは考え中ですが、「 #本と雑談ラジオ 」では職務質問の顛末を話したりしています。チャンネル登録をどうぞ。

たとえ医師免許を持っているかたであっても、インターネットを通じて他人を勝手に「診断」することは、人として恥ずべき行為であるという話も「#本と雑談ラジオ」で話しています。

あれから髪は伸び、ZOZOの社長だった前澤さんヘアになりました。ほかの動画には長髪で出演中です。

歌人 枡野浩一(マスノマスノ)



以下には、広告費が実際いくらであるかとか、おもてで言いたくないことを追記します。有料部分の情報を、おもてで拡散するのはご遠慮ください。おまけとして、昔々に吉田豪さんが撮ってくださった、「新宿二丁目で警官たちに囲まれながら自著の宣伝をする枡野浩一の写真を含むツイート」も貼ってあります(吉田豪さんの許可はとっていません、すみません!)。

この続きをみるには

この続き: 163文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
▼テレビやライブの「お笑い」に言及したときの私の日記も、随時このマガジンにいれてますので、更新頻度は高いです。興味ある方はぜひ。

▼https://note.com/masuno/n/n5cf43898d0d5 というわけで執筆を再開します。長く休止してすみませんでし…

月2回のペースで放送してきました。今後もそれが継続できるかどうかは、友の会の盛り上がり次第です。この番組のために古泉さんは新潟から新幹線で上京する必要があり、その旅費がまかなえるようになるのが第一目標。古泉さんが上京できない場合はSkype収録になります。どうぞよろしくお願いします。

本と雑談ラジオの、友の会=ファンクラブです。会員限定トークを月に二回くらい公開しています。 本と雑談ラジオに言及した枡野浩一の日記を、期…

教科書に短歌が載っている歌人の枡野浩一が、2011年4月から2018年9月まで毎日ちゃんと配信してきた世にも珍しい有料メルマガ「毎日のように手紙は来るけれど」、noteに引っ越しました。表現についてずっと考えています。

短歌、言葉、その周辺の仕事。興味のあることだけやって二十数年生活してきた歌人の、あやまちだらけの毎日を知ることで気持ちがきっと楽になります…

noteサークル「#枡野書店を利用する会」(https://note.com/masuno/circle)をよろしくお願いします。「アサガオ」という名前のコースで、ここより安い金額でやっています。

活動拠点をnoteサークル「#枡野書店を利用する会」(https://note.com/masuno/circle)へ移行するため、ここは…

または、記事単体で購入する

私のYouTubeチャンネルで広告費を稼いでいるのは、ほぼ、この一本の職務質問動画。

歌人 枡野浩一

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

もしお役に立ちそうな記事があれば、よろしくお願いします。

深謝! 私もです。
6
『ドラえもん短歌』(小学館文庫)重版出来! 短歌の青春小説『ショートソング』(集英社文庫)は約10万部のヒット、小手川ゆあさん作の漫画版がアジア各国で翻訳されています。電子版あり枡。南阿佐ヶ谷「枡野書店」店主。『44歳、僕は自殺をやめて地下芸人になった』をnoteマガジンで連載。

こちらでもピックアップされています

『44歳、僕は自殺をやめて地下芸人になった』
『44歳、僕は自殺をやめて地下芸人になった』
  • 205本
  • ¥1,000

▼https://note.com/masuno/n/n5cf43898d0d5 というわけで執筆を再開します。長く休止してすみませんでした。▼小説かもしれないし自伝かもしれません。▼書き下ろしは読者の反応がなくて不安です。書いている期間の収入を得ることができません。そこでクラウドファンディング的な試みとして、noteで「連載」することにしました。▼強気の1000円。執筆中の試行錯誤を、ライブとして面白がれる方のみご購入ください。無事に本として刊行されることになったら、購入者のお名前を本にクレジットしたいです。▼中身は随時、加筆修正を繰り返します。文章が少しずつ増えたり、突然ごっそり減ったりするかも。執筆中の文章を別の場で「引用」したりするのは、ご遠慮いただけると助かります。事実誤認などのご指摘がありましたら、それを反映していきます。コメント欄へのご意見ご感想ご質問リクエスト、歓迎します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。