massinaの企業分析小ネタ

企業業績・経営・株価の評価を生業にして20年余、専門は通信・IT・ネット・ゲーム業界など。

massinaの企業分析小ネタ

企業業績・経営・株価の評価を生業にして20年余、専門は通信・IT・ネット・ゲーム業界など。

    最近の記事

    佐渡汽船のその後~上場廃止株を買ってスクイーズアウトされてみた

    佐渡汽船の経営難と救済に伴う上場廃止については以前、このような記事にいたしました。経緯とスキームの詳細は記事内からダウンロード出来るPDFで見ていただきたく思います。 しかしそれにしても短時間で結構ちゃんと書いたつもりではあったんですが、「結局のところ保有してる個人株主には何が起こるの?」という視点でもう1ページ書き加えるべきだったかなと今になって思ったりも、そこまで親切にする必要もないかなとも思ったりもしています。 ともあれ、レポート中に再建スキームまとめたように、事業の

    スキ
    12
      • 【ゴールデンカムイ30巻発売記念】養狐業について蛇足

         ゴールデンカムイ30巻発売記念の記事です。  というのはコジツケで、牽強付会、我田引水も良いところなのですけども。樺太の養狐業のレポート同人誌はあれはあれで一旦切りの良いところで綺麗にまとまったと思ってはいたものの、やはり説明が足りてない分というか、さらに付加的な情報で興味深いものがいくつかあるのでそれは紹介しておきたいというか、もし万一ガチで書籍化するようなことになるならここを掘り下げたいという箇所がいくつかあるというか、そういう感じがしますので少しだけ補足していきます。

        スキ
        2
        • 【ゴールデンカムイ完結記念】樺太の養狐業(あるいは大正期のベンチャービジネスの姿)についての薄い本を書きました

           去る4月28日にゴールデンカムイが連載最終話を迎えたわけですけども、旭川の第七師団のすぐ近くで育った私も最終話まで大変楽しませていただきました。ゴールデンカムイにおける歴史や文化に関する考証については色々話題になりましたから皆様もご存じの通りかと思いますが、そういった点で特に個人的に興味を持ったところが148話「ルーツ」(15巻収録)で出てくる狐の飼育場(養狐場)の場面です。この養狐場の場面もアイヌ搾取云々の文脈で議論になってた中に出てきたりしてましたが、私が気になったのは

          スキ
          36
          • 上野動物園のモノレールの復活の仕方

            2ヶ月ほど前の話ですが、休止していた上野動物園のモノレール線について、新たな方式を含めて検討する、という報道がありました。  → 日本経済新聞「東京都、上野動物園で新モノレール検討へ」(2022/2/24)  → 乗りものニュース「上野動物園モノレール 「代わりの乗りもの」東京都が検討中 車体デザイン・運行範囲etc.」(2022/2/27) 何が行われているかというと、東京都建設局の方で事業手法・事業計画を募集するよって話があって、  → 東京都建設局「恩賜上野動物園におけ

            スキ
            11

            サハリンの石油・天然ガス関連備忘録

            昨日、『サハリン1のサハリン石油ガス開発が面白い、という話(あと北樺太石油とか)』と第する記事を投稿しましたが、関連して、色々出てきたけど文脈的に取り上げなかった会社群について備忘録として、あるいは後々調べたくなった時のために少しメモっておきます。 ※こういうのは普段はNotionでスクラップブックみたいにしていますが、ついでなので…… 日本サハリンパイプライン JAPEXの有価証券報告書眺めていると2006年3月期に日本サハリンパイプラインなる会社を清算して持分連結から

            スキ
            7

            サハリン1のサハリン石油ガス開発が面白い、という話(あと北樺太石油とか)

            ロシアとウクライナの戦争によってUSがロシア産原油の輸入禁止したりなんだりしている中、原油価格高騰など我が国もエネルギー調達で色々と問題が出てきておりますが、特に直接的に日本とロシア間の関係のあるものとしてサハリンの石油天然ガスプロジェクトがあるのは皆様もご存じの通りかと思います。 このうちサハリン1については30%の権益を有するエクソンモービルが2022/3/1に撤退を発表(→日本語での報道)、これに対し30%の権益を有する日本がどう対応するかというのが話題になっており、ま

            スキ
            22

            佐渡汽船のこと

            佐渡汽船という佐渡ヶ島への航路を独占している会社が上場していて、先日の佐渡ヶ島の世界遺産への登録ネタからの突然の上場廃止発表が一部で話題になっておりました。代表的なところでは以下のようなところかと思いますが、スキームがアクロバティックな感じに見えるのか、面白おかしくというかセンセーショナルな感じの扱いになっています。 これらを見た私としては、えっ佐渡汽船ってそんなに状況まずかったの?とか、そんな面白いスキームなの?と思って興味を持ちまして、べっ別に交通ネタばかりやってるわけ

            スキ
            27

            ケリングの時計事業のMBO、あるいはユリス・ナルダンとジラール・ペルゴの売上高の概算について

            昨日(2022/1/24)、ラグジュアリーブランドコングロマリットのケリング (Kering SA; Reuters: PRTP.PA, Bloomberg: KER FP) が傘下の時計ブランド、ユリス・ナルダン(Ulysse Nardin; 以下UN)とジラール・ペルゴ(Girard- Perregaux; 以下GP)、というかUNとGPとさらにDaniel Jeanrichardを保有していると思われる持株会社のSowind Group SAのMBOを発表しています。

            スキ
            13

            北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線のこと(初めての同人誌)

            仕事では現在、テック系のぴっかぴかな会社さんたちを担当させていただいておりまして、それはそれは色々と学ばせていただいておりますが、赤字ながら高成長で資本市場に対するアクセスが良好な会社を多く見ている関係で、テクノロジーとビジネスモデルとポジショニングとTAMと、というような収益の期待値の話題に、ファイナンスはEV/SalesとかEV/ARRとか5年後のサステイナブル営業利益率あたりを使ってバリュエーションして、とかそんな話題にどっぷり浸かっております。で、一息つこうと思ってt

            スキ
            26

            ガルパンと鹿島臨海鉄道のその後

            (本記事は2019年2月5日にMediumにポストしましたがこちらに転載いたします)  こんにちは。やる気に大変ムラのあることでお馴染みのmassinaです。 今日は久々に鹿島臨海鉄道の数値をアップデートしつつガルパン効果がその後どうなってるかというのを見てみたいと思います。 ■おさらい 最初は2013年の話になりますが、のと鉄道の業績と花咲くいろは、鹿島臨海鉄道の業績とガールズ&パンツァーそれぞれの聖地巡礼効果、みたいなことを書きました。なんとなく論文風にしてみたかった

            スキ
            5

            パイオニアのGC注記に思うこと

            (本記事は2018年8月10日にtumblrに投稿しましたがこちらに転載いたします) ■パイオニアのGC注記 今週もたくさん4−6月期決算が出たわけですが、その中でもちょっと注目しておきたい決算がいくつかある中で、今回はパイオニアの話をしたいと思います。今回のパイオニアの決算と関連するニュースのポイントは ・4−6月期は営業赤字16億円、特別損失42億円で最終赤字67億円 ・今期中に返済期限のくる借入金を借り換えられなければ資金ショートするのでGC注記 ・マスメディアはカ

            スキ
            3

            ソフトバンクの株価評価について思うこと

            (本記事は2018年8月9日にtumblrにポストしましたがこちらに転載いたします) ■企業価値とバリュエーション まずそもそもの話として、企業価値とは何か、というか株価評価はどうあるべきか、となると様々なバリュエーションがあるわけですけど、例えば誰でも知っているPERとPBR、両方見ているとどちらのバリュエーションに株価が引きずられやすいか、がなんとなく見えてくることがあります。 つまり乱暴に言ってしまえば「その企業は資産を評価すべきなのか収益力を評価すべきなのか」という

            スキ
            11

            艦これとヒロタのコラボシューアイスと21LADY(3346)の業績について

            ども、ヒラコーショック前から提督業も営んでいるmassinaです。 今日は艦これが洋菓子のヒロタとコラボして艦これシューアイスを売り出したところ、大変良く売れているようなので、ちょっと業績インパクトでも計算してみようかという話題です。 (※私自身は外食産業や食品産業を担当したことがないのでこの分析は素人の分析だと思って下さい。) ■21LADY(3346)の艦これ銘柄化 全力2階建でもまとめられている通り、というか前段階として2階建の記事を読んでおいていただくといいかと思う

            スキ
            4

            ソニーの決算でFGOの売上が悪かったっぽいという話について

            こんにちは。入った会社でファイナンスができてなくて大変胃が痛いmassinaです。誰か投資してくださいませんか。 そんなわけで今回は少し現実逃避気味に休憩と称してソニーの2019年3月期第3四半期決算からFate/Grand Orderの最近の状況をまとめておきたいと思います。 過去に Fate/Grand Orderの収益とアニプレックス、ソニーの業績 といった記事などでソニーの業績などからFGOの売上高、アニプレックスの業績、ディライトワークスの業績など予測してまいりま

            スキ
            30

            ソニー・ミュージックという会社

            官報ブログさんがソニー・ミュージックの決算についてすごいPLだと書いておられるのはなぜかという質問をask.fmの方で頂戴したので、少し思うところを書いてみたいと思います。 ソニー・ミュージック(以下SMEJ)は昔上場していて(コード番号7930、1991年11月上場、1999年12月ソニーとの株式交換で上場廃止)、東証2部で最大の調達額だったとか、東証2部で最大の時価総額だったとか、SCE(現SIE)を持分連結していたことでほぼプレステ株だったとか、私のバイサイド時代にし

            スキ
            15

            ドワンゴのバーチャルキャスト関連の発表とカドカワの業績への影響

            ■本日のドワンゴの発表 本日、ドワンゴが4月からはじめたバーチャルキャストの追加発表を行い、ついに今後の収益の柱として位置付けられる「投げ銭」についても発表しました。発表内容は簡単にまとめると Vギフト(投げ銭)の実装、8月1日から 無料ツールの提供(S-courtのカスタムキャスト、IVRのVカツ) ドワンゴとインフィニットループのJV、バーチャルキャスト社の設立、2桁億円の投資をする というものです。これを受けてビジネスモデルとカドカワの2019年3月期収益へのインプ

            スキ
            1