見出し画像

PHPerKaigi 2020 Day1 Report

ついに始まったPHPerKaigi2020です。

今回はその初日ということでレポートなどをまとめてみることにしました。

Day0?なんですかその子は。
(昨日疲れ果てて完全にアップロードすることを忘れた人)

ロングセッション初登壇

今回の、というよりも人生初めてのロングセッションでの登壇をする運びとなりました。
ぶっちゃけビビりながらやってました。みんなあれをやりきる精神すごすぎない?

そんなビビりながら話したセッションはAWS Lambda にCustom RuntimeでPHPを導入したシステムに改修を加えてUT導入まで行った話でございます。

まず最初に、タイトル名長すぎじゃね?っていう反省でした。
(スタッフの方が言いにくそうにしていてめっちゃ申し訳ないなって気持ちでいました。。)

そして色々とお話したわけですが、まあPHP Conference2019で立った登壇よりもしっかりと話せていて、結構よかったなと思いました。
30分もあるからというのもそうですが、何よりもゆったりとした空気の中でお話が出来たのがとてもありがたかったなと思いました。
実行委員長の長谷川さん(@tomzoh)さんが最初にお願いしている事項が反映されていて、とてもやりやすかったです。
もちろん、聞いてくださった方々のおかげで楽しく話せることができました。ありがとうございます。

反省

1. 開催直前で風邪引くなよ
2. 資料完成がほぼ前日
3. デモ失敗

まず1についてですが、これはもう体調管理もっとしっかりしてよって感じですね!!
実はPHPConferenceの時も喉を痛めていまして、今回はしないようにするぞと気持ち十分に、結果やらかしました。
最近流行り病とか花粉とか新型とか、病気周りの話は結構センシティブな部類になっているわけです。そのなかでやっちゃうのほんとすごいよ君。才能の塊。
自虐ですが本当に咳き込みまくったりくしゃみしたりですみません。そろそろ前日で風邪引かないようにします。

つぎに2ですが、CfP通ってから2ヶ月なにやってたんだろうね?
え? 騎士くんになって街の平和を救ったりアイドルの音ゲーイベに走ったりにディフェンスタワーゲームにのめり込んでた?なら仕方ない。許してください。

最後に3です。
こればっかりは本当に申し訳ありません。
よく当日デモは失敗するジンクスがあるという話を聞いていたのですが、当事者になってみると、頭真っ白になるんですよね。本当にビビった。
原因はネットワーク不調ということですが、リカバリ策をちゃんと用意するべきでした。
明らかに2が原因で失敗しているんです。やっぱりゲームしている場合じゃなかったんだ!許さないぞ!

そんなこんなで、バタバタしたり体調崩したり納期ギリギリ作家マンみたいなことをしてきましたが、実際当日で話してみると意外となんとかどうにかなってしまうんだなとびっくりしています。

やはりこれは橘ありす効果……いや違うか。

今日はそこまでお酒を飲みませんでした。PHPerチャレンジに全力で取り組んでいました。
ということで、明日Day2最終日ですが、みなさんご体調には気をつけてまたココネリホールでお会いしましょう!

トレーディングカードありますので皆さんぜひ良かったら交換してください。
中盤くらいになったらめっちゃいやらしい一体除外したら2点貫通ダメージの良カードです何卒。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
サーバサイドエンジニアでフロントも辛うじて囓る程度にこなし、クラウド運用やAndroidアプリ開発なども行い設計にも携わる、なんでもやってしまった雑食型エンジニア。 会社とか立ち上げて創業メンバーの一人とかになってますが基本的に自社の話はしません。