牧野節子(児童文学作家)

日本大学芸術学部卒。NHK文化センター(青山教室・町田教室)、毎日文化センターなどで講師をつとめています。 お笑い大好き❣️ 著書に『童話を書こう!完全版』など。お気軽にフォローください♪ YouTubeチャンネルで「朗読」もしています📚

牧野節子(児童文学作家)

日本大学芸術学部卒。NHK文化センター(青山教室・町田教室)、毎日文化センターなどで講師をつとめています。 お笑い大好き❣️ 著書に『童話を書こう!完全版』など。お気軽にフォローください♪ YouTubeチャンネルで「朗読」もしています📚

    マガジン

    最近の記事

    宮城道雄「レコード夜話」

    本日は、宮城道雄の随筆「レコード夜話」を朗読しております。 「春の海」で知られている作曲家、箏曲家の宮城道雄(1894年~1956年)は、随筆の名手でもありました。 宮城道雄は幼くして失明。62歳で列車からあやまって転落し、命をおとしていることには胸が痛みます。でも、彼の音楽人生は、とてもゆたかなものでした。 この随筆からも、彼の音楽への深い愛と、真摯な向き合い方、そして、何にも代えがたい音楽のよろこびとが、ひしひしと伝わってきます。 作中に名の出てくるメニューヘン(

      • 「夜のメリーゴーラウンド」〜心に残る短編小説・朗読〜

        自身の作品「夜のメリーゴーラウンド」を朗読しております。 以前、新聞に掲載した掌編を、少しだけアレンジしました。 友人のご子息が、馬の関係のお仕事をなさっていた時期があって、そのお話を参考にさせていただいて創った作品です。 ところでこの冬はほんとうに、寒い日が続きますね~ みなさま、どうぞくれぐれもご自愛くださいますように。

        • 新美南吉「うた時計」

          新美南吉「うた時計」を朗読しております。 この作品について、拙著で書いたものがありますので、その一部を紹介させていただきますね。 新美南吉の作品はほかに、「二ひきの蛙」「飴だま」「木の祭り」「ひとつの火」「蟹のしょうばい」「去年の木」「子どものすきな神さま」も朗読しております。 あわせてお楽しみいただけましたら幸いです。

          • アンデルセン「すずの兵隊さん」

            本日は、アンデルセン「すずの兵隊さん」(矢崎源九郎・訳)を朗読しております。 💂👗👦⛈🐁🐟💖 恋のおはなしです。 子どもの頃、初めてこの作品にふれたとき、ラストで泣いてしまったのをおぼえています。 ディズニーの『ファンタジア2000』のなかの「スズの兵隊」は、だいぶアレンジされていて結末も真反対で、そちらもとてもステキですが、私はラストはやっぱり原作のほうが好きかな~💖 アンデルセンの作品はほかに、「マッチ売りの少女」も朗読しております。 あわせてお楽しみいただけまし

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • YouTube朗読〜青空文庫編〜
            牧野節子(児童文学作家)
          • YouTube朗読〜おとなの童話編〜
            牧野節子(児童文学作家)
          • はじめまして、牧野節子です。
            牧野節子(児童文学作家)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            NHKオンライン講座「童話・お話の書き方」初心者クラス2023

            NHKカルチャーオンライン講座のお知らせです。 2023年1月より「オンラインで学ぶ 童話・お話の書き方(初心者クラス)」を開講いたします。 =====講座紹介文より===== あなたの身近なできごとや、心の中にある想像の世界を、すてきな物語にしてみませんか。お話の種は、あなたのそばに活き活きと息づいています。でも書き方がつかめず、とまどうこともあるでしょう。 「童話・お話の書き方」(初心者クラス)は、そんなあなたのための講座です。 『童話を書こう!完全版』の著者である講師

            夢野久作「黒い頭」

            本日は、夢野久作「黒い頭」を朗読しております。 羽根つきをしていた女の子は、あることがきっかけで、思いがけない場所に…! 松の内にふさわしい作品です。 夢野久作の作品はほかに、「懐中時計」「キューピー」「狸と与太郎」「鉛筆のシン」も朗読しております。 あわせてお楽しみいただけましたら幸いです。 「牧野節子のYouTube部屋」 よろしかったらどうぞおつきあいくださいませ(^-^)/🎵

            新年ご挨拶2023

            あけましておめでとうございます。 新しい年が、みなさまにとって、どうかすてきな年でありますように、 心からお祈り申し上げます! 本日の「牧野節子のYouTube部屋」では、 新年のご挨拶とともに、 チャンネルの概要や牧野のプロフィル、 講座のお知らせなどもご紹介させていただいております。 よろしかったらどうぞおつきあいくださいませ(^-^)/🎵 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます!

            【歌+意訳】チャップリンの「Smile」

            本日は「Smile」を歌ってみました♪ 歌のあとに私なりの意訳もご紹介しております。 チャップリンが作曲した、映画『モダン・タイムス』のインストゥルメンタルのテーマ曲。 のちに歌詞がつけられ、最初に歌ったのはナット・キング・コール以降、じつに多くのシンガーにカヴァーされています。🎙🎶 「Smile」☺ 2023年が、みなさまにとって笑顔あふれるハッピーな年でありますように、心よりお祈り申し上げます!

            土田耕平「大寒小寒」

            本日は、土田耕平「大寒小寒」を朗読しております。 土田耕平の作品は、「お母さんの思ひ出」も今年の1月に朗読しております。 どちらも寒い冬の日⛄の心あたたまるお話。 あわせてお楽しみいただけましたら幸いです。

            『憤怒の恐怖』に「黒いガチャ」を

             「1話ごとに近づく恐怖 百物語」(日本児童文学者協会編・文溪堂刊)の第1巻『憤怒の恐怖』が発売されました。 ホラー短編&ショートショート集。全5巻で百話、1巻に20話ずつ怖い話がおさめられているアンソロジーです。 私は、第1巻『憤怒の恐怖』のラスト20話目に、「黒いガチャ」を書かせていただきました。 好評の前シリーズ「5分ごとにひらく恐怖のとびら 百物語」に続く、「百物語」第2シリーズです。 前シリーズ、今シリーズ、あわせてお楽しみいただけましたら幸いです。 どうぞよろし

            第18回「日能研文学コンクール」

            今年度も「日能研文学コンクール」の審査員の一員をつとめさせていただきました。 毎年、中高生の方々の瑞々しい作品を、こころをひきしめて読ませていただいております。 第18回「日能研文学コンクール」の入選作品と選評は、どうぞこちらのページをご覧くださいませ(^-^)/

            「We Wish You a Merry Christmas」〜心に残る短編小説・朗読〜

            短い朗読YouTube、193回目は「We Wish You a Merry Christmas」です。 前に雑誌に掲載したものを大幅にアレンジした作品です。 BGMにも同名曲「We Wish You a Merry Christmas」をフリー素材から使わせていただいています。 心が弾んでくる感じのメロディーが好きです~。 みなさま、どうか、よいクリスマスを!

            太宰治「メリイクリスマス」

            本日は、太宰治「メリイクリスマス」を朗読しております。 太宰の短編のなかでも特に好きな作品で、読むたびに、うまいなあ!と感嘆します。 初めと終わりの部分で、何か同じものを使って挟むというのは、私がよく講座などで述べている「サンドイッチのテクニック」ですが、この作品では、「東京は相変わらず」という記述。同じことを述べていても、具である中身の話により、ラストではその響き具合が違ってくるんですね。 作品の中盤で登場人物たちの年齢を、さらりと読者に伝える箇所も巧み。 酒飲みで

            「ブルー・クリスマス」〜心に残る短編小説・朗読〜

            短い朗読youtube、今日ご紹介するのは「ブルー・クリスマス」です。 バックに流れる『Silent Night (Jazz)』(アーティストE's Jammy Jams)とともにお楽しみくださいませ。 関連作品「ひとり酒」もあわせてお楽しみいただけましたら幸いです。

            桜間中庸「獏」

            桜間中庸「獏」を朗読しました。 桜間中庸(さくらまちゅうよう・1911〜1934)は、大学生のときに夭逝した詩人・児童文学者です。 「バク。ばく。BAKU」 「夢を食ふけもの」 作者は冬の動物園で、「獏」という立札を発見します。 獏といえば私は、上野動物園で見た記憶があります。 中庸さんは早稲田の学生さんだったから、やはり上野で見たのでしょうか…。 実際に見たのだけれど、でも……。 ラストの一行が好きです。

            牧野信一「ライス・ワッフルの友」

            牧野信一「ライス・ワッフルの友」を朗読しております。 牧野信一は私の従伯父(いとこおじ・父の年嵩の従兄)です。 この作品は、ほほえましい内容とタイトルが好きです。読んでいてほっこりした気分になります。 ライス・ワッフルの写真は、ネット上には幾つかあったのですがフリー素材では見つけられなかったので、この写真は、よく知られているほうのワッフルです。でも美味しそうなのは共通していますのでご容赦を~。 牧野信一の作品はほかに、「地球儀 」「香水の虹」「街上スケツチ」「どうしたら